THE STYLE MODE EDITION Fall & Winter 2015|HANKYU MEN’S

HANKYU MEN’S|THE STYLE MODE EDITION Fall & Winter 2015

昂ぶる男たちの「阪急メンズ」通信

HANKYU MEN’S|阪急メンズ

伝統をモダンに進化させた、大人のためのモードスタイル

阪急メンズでは、次なるシーズンのコレクションがいよいよ開幕。2015FWのテーマとなるのはメンズファッションに受け継がれる“伝統”をモダンに解釈したスタイル。限定アイテムをはじめ、あたらしいブリティッシュ的な感覚や都会的でスマートなコーディネートの数々をぜひチェックしてほしい。

Photograph by OSAMU YokonamiStyling by TOSHIHIRO Oku (A.K.A.) Hair by HORI (S-14)Text by ITO Yuji (OPENERS)

メゾン系のカジュアルは、ドレス感のあるスタイルへ

春夏のキーワードであった“スポーティ”“リラックス”といったムードはカジュアルシーンでも受け継がれつつあるが、一方でその寄り戻し、いわゆるドレスといったルックでは端正なスタイルも見られるようになった今シーズン。パリやミラノでランウェイやプレゼンテーションをおこなうラグジュアリーブランドでは、カジュアルなコーディネートにタイドアップを合わせる、といったものも見られる。

9-cut15_041
8-cut16_059
34-cut03_028

その傾向を代表するのが、ヴァレンティノ(写真左)。レーザーカットを駆使したパピヨン柄を手作業で張り合わせるといった技術をあしらったブルゾンは、メゾン系ブランドならではの美しい仕上がり。そこにタイをプラスしたコーディネートは大人にふさわしい品のあるカジュアルとなっている。さらにトム フォード(写真右)は、クラシックなディテールを残しつつも、モダンなシルエットのチェック柄のコートを発表。Vゾーンにはタートルネックを合わせ、シンプルかつ上品な着こなしが提案されている。

素材、柄、シルエット、さまざまなかたちで進化するモード

そういった傾向のなかで、阪急メンズが注目したのは、伝統にあたらしい解釈をくわえ、モード的な遊びや新鮮さを取り入れた「Legacy(レガシー)」というテーマ。たとえば、メンズファッションのルーツでもある英国的なスタイルをそのまま再現するのではなく、着丈やフォルム、素材といった要素をモダンにアレンジすることで“ファッションとして楽しめる”モダンな服をセレクトしている。

3555

そのテーラリングをはじめ、カジュアルではチェック柄を使った限定アイテムを数多く取り揃えており、個性的なコーディネートで差別化を図りたいというひとには、見逃せないラインナップとなっている。また、一部店頭でも配布をしてる阪急メンズのカタログでは「レガシー」を「Classic styles for today(クラシック フォー トゥデイ)」というかたちにアレンジして、今シーズン参考にしたいドレス、カジュアルスタイルを掲載。モード好きのみならず、ファッションを楽しみたい大人は秋冬のトレンドをいち早く知るためのツールとして、参考にしてほしい。

阪急メンズ東京

東京都千代田区有楽町2-5-1
Tel. 03-6252-1381
営業時間はこちら
阪急メンズ東京イベントページはこちら

阪急メンズ大阪

大阪府大阪市北区角田町7-10
Tel. 06-6361-1381
営業時間はこちら
阪急メンズ大阪イベントページはこちら

hankyu_logo_120928

665_50_banner_hannkyu