高橋幸宏×小山田圭吾 ワールド・ハピネス 2015を語る|WORLD HAPPINESS 2015

WORLD HAPPINESS 2015|高橋幸宏×小山田圭吾 インタビュー

LOUNGE INTERVIEW

WORLD HAPPINESS 2015|ワールド・ハピネス 2015

8月23日(日)、東京・夢の島公園陸上競技場にて開催される音楽フェスティバル

高橋幸宏×小山田圭吾 インタビュー(1)

ミュージシャンの高橋幸宏のキュレーションのもと2008年にスタートした音楽フェスティバル「ワールド・ハピネス」。今年も新旧織り交ぜたアーティストラインナップのもと、8月23日(日)に東京都・夢の島公園陸上競技場にて開催される。本公演に「METAFIVE(メタファイブ)」のメンバーとして出演する小山田圭吾と、高橋幸宏へのインタビューをお届けする。

Photographs by KOBAYASI Takashi(ITARU Studio)Text by IWANAGA Morito

音楽フェスティバルのありかたについて

――最近、海外アーティストが出演するフェスの客足が遠のいていたり、以前と音楽フェスティバルの印象が変わってきたとおもうのですが、いかがでしょうか。

高橋 お客さんがフェスに慣れてきているということでしょうかね。それだけ日本の音楽フェスが根付いてきたということでもあるのでしょうけど。いくつものステージのあるフジロック フェスティバルなんかでも、どのステージにも偏りなくお客さんが集まっていて、どのアーティストを観るか照準を決めて、お客さんが計画的に動いていますよね。キャンプ・サイトを活用しながら、アウトドアの遊びという側面の楽しみ方も定着しています。

WORLD HAPINESS 2015|高橋幸宏×小山田圭吾 インタビュー

高橋幸宏

ただ、そのいっぽうで、フェスが飽和状態になってきているということもあるのかな。ワールド・ハピネスは後発のほうではありますが、僕たちがはじめてからのこの8年間でも、大きな規模のフェスが全国でかなり増えてきたということがあります。ワールド・ハピネスは、毎年8月の前半の日曜日に開催してきたんですが、今年はじめて後半に開催日程をずらしました。これはほかのフェスが前半に集中しているからという理由もあったんです。もうひとつは、天候のことも考えてね。

WORLD HAPINESS 2015|高橋幸宏×小山田圭吾 インタビュー

小山田圭吾

小山田 昨年は雨が降りましたからね。でも幸宏さんが演奏しているときは、やんでるんですよね(笑)。ほかのアーティストの出番のときは、けっこうひどかった。

あと暑さのなかというのも、疲労しますよね。楽器関係も大変で、鈴木慶一さんの「No Lie-Sense(ノーライセンス)」のときは、コンピュータが止まってましたよ。

高橋 そりゃあ、シャワー浴びるみたいに水浸しだったからね(笑)。はじめてなんだよね、あれだけの雨と風は。でも、そんななか、「PUFFY(パフィー)」はしょっぱなから、ずぶ濡れになってオーディエンスを盛り上げてくれました。あれはテンション上がりますよ。全曲ヒット曲で、ドシャ降りのなか走り回ってるんだもん。「真心ブラザーズ」のふたりも「パフィーおいしいなぁ」って言ってた。アクシデントも盛り上がる要素で、会場全体に連帯感が生まれるんだよね。

ワールド・ハピネスのホスピタリティ

――ワールド・ハピネスはステージ間の移動も少なく、居心地がいいと評判です。

高橋 そうですね。転換がなく、センターステージとレフトステージで交互にやるかたちなんですね。短い時間でこれだけのバンドが出演してもらうとなると、それがいいんです。これだけのものがこの料金で観られるのは、すごいとおもいますよ。

――小山田さんは、海外のフェスなどと比べ、ワールド・ハピネスはどのような点が特徴的だとおもいますか?

小山田 ホスピタリティが全然ちがいますね。託児所も用意されたりしていて、充実していますよね。

高橋 フジロックフェスティバルにも出ている海外のアーティストが言ってたんだけど、こっちのほうが全然好きだって言ってたもんね。

小山田 あと出演する側から言うと、ご飯がおいしいです(笑)。たぶんケータリングは世界一おいしい。

WORLD HAPINESS 2015|高橋幸宏×小山田圭吾 インタビュー

高橋 食事をしながら、出演者のあいだで交流ができるようにしています。はじめて会ったひとたちと、次の機会にはセッションしたり、レコーディングやライブに発展していったりして。それは開催する立場からしても、いい場所なんだな、と感じる部分ではあります。

――アーティスト同士の距離感も近いと。

高橋 そういう意味でも、居心地をよくしたいんですよね。国内のフェスに比べても、そこには自信があります。やっぱり、演奏する側のモチベーションも大切だとおもいますので。

――ワールド・ハピネスでは毎回、高橋さんがキュレーションを担当していますが、あたらしいミュージシャンをセレクトする基準などはありますか?

WORLD HAPINESS 2015|高橋幸宏×小山田圭吾 インタビュー

高橋 基準らしい基準といったものは無いんですが、自分がそのときどきにおもしろいとおもうアーティストや、スタッフからの紹介などのなかから相談して決めています。ただ、成長株の若いアーティストだと、ワールド・ハピネスに出たあと、どんどん引く手数多になっちゃって、次の年にはもう出演してもらえなくなっちゃってたり、なんてこともありますね。よろこばしいことではありますが。

――小山田さんは、今回のラインナップのなかで、注目しているアーティストはいますか?

小山田 「筋肉少女帯」かな。なかなか観れなそうだし。

高橋 僕もすごく楽しみ。どのくらいでかい音でやるのか。

――毎回、イベントのビジュアルも注目を集めていますが、今回はファッションデザイナーの山本耀司さんです。

高橋 はい。耀司さんには手描きのドローイングも描いていただきました。

小山田 これは、誰かの犬なんですか?

高橋 うん。耀司さんとこの犬、リンちゃん。めちゃくちゃかわいいよ。このビジュアルがステージのバックに飾られる。あと、お客さん全員に配布されるレジャー・シートにも使います。例年、シートだけほしいっていう人もいるんですよね。今年のもカッコ良く仕上がっているとおもいますよ。お尻の下に敷くのがもったいないくらい(笑)。

WORLD HAPINESS 2015|高橋幸宏×小山田圭吾 インタビュー

――ワールド・ハピネスは、世界に向けてアピールするイベント?

高橋 世界に向けてのアピールという意識はあまりありませんね。海外からアーティストを呼ぶ必要もないかな、といまは考えています。それはワールド・ハピネスの役割ではないかもしれません。基本的に、邦楽のアーティストでやっていくつもりですし、まだまだ引っ張り出したい邦楽アーティストもいますしね。

Page02. ヘッドライナーは「METAFIVE」