ジム・ビバレッジ氏と前田文男氏、ブレンダーの和洋最高峰が共演|Johnnie Walker Blue Label

Johnnie Walker Blue Label|美しきブレンディングの世界

EAT TOKYO Tips

Johnnie Walker Blue Label|ジョニーウォーカー ブルーラベル

ジム・ビバレッジ氏と前田文男氏、ブレンダーの和洋最高峰が共演

美しきブレンディングの世界(1)

ブルーラベルと聞いて、すぐにピンとくるひとも多いはず。750ミリサイズの通常瓶が、ひと瓶1万8000円(税抜)……と少々値段は張るが、多彩なモルトウイスキーの個性がひとつの美しいハーモニーを奏でる味わいで、ウイスキーファンならばだれもが認める至高の品だ。今回はその稀有な魅力に迫るべく、洒脱なイベントが催された。第6代マスターブレンダーのジム・ビバレッジ氏と茶師の前田文男氏を壇上に迎え、ウイスキーとお茶のブレンディングについて、共通点と相違点を浮き彫りにしていく主旨である。

Text by TSUCHIDA Takashi

英国でも食中酒として再認識されているウイスキー

冒頭、ナビゲーターを務めるコラムニスト・中村孝則さんからのこんな問いかけから、イベントははじまった。

Johnnie Walker Blue Label|ジョニーウォーカー ブルーラベル

「日本ではいまソーダ割りがとても人気ですが、英国ではいかがですか?」(中村孝則さん)

「私自身、ジョニーウォーカーをソーダで割る飲み方がとても好きです。力強く骨太なフレーバーは、あわせる料理としてはリッチなもの、スパイシーなもの、オイリーなものと相性がよく、この条件を満たせば料理の地域性を問いません」(ジム・ビバレッジさん)

さらに中村さんがつづける。

「最近の和食には日本酒以外に、ワインやシャンパンをあわせることもあります。ただ多くの料理人と話すと、ヨード香が強い牡蠣などの貝類、雲丹をはじめとした甲殻類は、むしろウイスキーのほうがあうのではないかと……」(中村孝則さん)

作家・村上春樹氏の短編によれば、スコットランドのオイスターにはシングルモルトをかけるそうだ。彼の地は牡蠣の産地でもあり、日本からの旅行者はこぞって生牡蠣にシングルモルトを振る。

「これまた相性がいいのです。ウイスキーのスモーキーさがとてもあうので、私たちも同様の食し方を好みます」(ジム・ビバレッジさん)

ところで、このイベントは人気料亭が手がけた「茶洒 金田中」が会場となった。現代美術家の杉本博司氏がインテリアと庭を設計したことでも知られる和カフェだ。そこでは壇上の会話を初夏の日本でも再現するかのごとく、貝類・甲殻類を含む海の旬が参加者に振る舞われたのである。

Johnnie Walker Blue Label|ジョニーウォーカー ブルーラベル

当日振る舞われた料理の一例。左手前から反時計回りに「あわび挾み鮨」「白アスパラ すっぽん琥珀寄せ」「蟹身玉地蒸し」「鮎風干し葱腸焼」

ジョニーウォーカー ブルーラベルのソーダ割りとともにこの瀟洒(しょうしゃ)な膳に箸を伸ばすと、なるほど抜群にあう。磯の風味はとかくワインとは喧嘩しがちだが、ウイスキーの力強さは、臭みを抑えて素材の香りを包み込む。食材のもち味を消さず、両者が調和していくから不思議だ。ウイスキーというと食後にチビチビ……という先入観があったが、決してそんなことはない。ジムさんが指摘した通り、味わいは地域性に囚われないようだ。

ジョニーウォーカーは、世界ではじめてウイスキーのブレンディングを手がけたブランドのひとつ。創業者のジョン・ウォーカーは、もともとグロッサリーストア(食料雑貨店)を営んでいたが、そこで日常的におこなっていた紅茶のブレンドにヒントを得て、ウイスキーに応用したと伝わる。こうした歴史背景を踏まえ、ジムさんがつづける。

「ウイスキーのブレンディングは非常にクリエイティブな作業です。はじめにこういうウイスキーをつくりたいという着想があり、そのアイデアを実現するために、どのウイスキーをブレンドしていけばいいのかを考えていきます」(ジム・ビバレッジさん)

スコットランド地方には、現在も100を越える蒸溜所がある。そのなかからブルーラベル用に選ばれているのは15〜20の原酒。しかしこれは、ブレンデッドウイスキーの構成数としては少ないほうなのだそうだ。

Johnnie Walker Blue Label|ジョニーウォーカー ブルーラベル

さて、壇上ではナビゲーターの中村さんが茶師・前田文男さんに話を向ける。

「前田さんはお茶問屋ですから、ご自身で原料をつくらないという点ではジムさんとおなじ立場ですね。そうすると、日本のどの産地でどういうお茶がつくられているのかをご存知なのでしょう?」(中村孝則さん)

「産地特有の土質の香り、葉の形状、そのすべてを把握しています。先ほどジムさんから、ウイスキーをブレンドする際には、はじめに目指すべき味がある、とうかがいましたが、お茶もおなじですね。私自身が目指しているのは、リラックスできるお茶。そのために口当たりのやさしさにこだわっています」(前田文男さん)

お茶の合組とは? そして会場は体験型セッションへ