RANGEROVER EVOQUE|ブランニューレンジローバーに早速試乗!

CAR IMPRESSION

RANGEROVER EVOQUE|レンジローバー イヴォーク

これまで培ってきた歴史を刷新する!

“サスティナブルオフローダー”イヴォークに早速試乗(1)

2010年のパリサロンでデビューしたレンジローバー発のコンパクトSUV「イヴォーク」。3ドア、5ドアの2タイプを用意し、エンジンのラインナップも豊富。内外装もこれまでレンジローバーが培ってきた歴史を刷新するかのようなスタイリッシュなデザインになっている。そんな衆目を集める同車に、英国・リバプールにてジャーナリスト 河村康彦が試乗した。

最新のレンジローバー イヴォーク国内試乗記はこちら

文=河村康彦写真=ジャガー・ランドローバー・ジャパン

尋常ならざる背の低さ

オフローダーならではのスクエア基調で背の高いボディに、いかにも機能性の高さが最優先されたかのようなデザインのインテリア──『レンジローバー』というブランドの響きに、そんなモデルの姿をイメージするひとは少なくないだろう。

モデルチェンジのスパンが押しなべて長いという特徴もあり、いかにも“時空を超えた”かのような流行に左右されないスタイリングこそが、レンジローバーというブランド名を冠した作品の、大きな売り物と受け取って来たひとも多いはず。だからこそ、「えっ! これってレンジローバーなの?」と往年のファンのあいだからはそんな声が上がりそうなブランニューモデルが、2010年秋のパリサロンで公に姿をあらわした『イヴォーク』だ。

全長4,355×全幅1,965mmというボディサイズにたいして、全高は“わずかに”1,635mm。1.8メートルを超える既存の『ヴォーグ』や『スポーツ』に比べるまでもなくこの1.6メートル少々に過ぎないイヴォークの全高は、レンジローバー車としては「尋常ならざる背の低さ」と、表現できるものであるはずだ。

そもそも、“4WDオフローダー専門メーカー”であるランドローバー社の、フラッグシップブランドとしてのレンジローバー各車の背が高かったのは「悪路で身体が激しく揺すられても、天井に頭をぶつけるようなことがあってはならない」という機能面からの要求もあってのもの。

RANGEROVER EVOQUE|レンジローバー イヴォーク ブランニューレンジローバーに早速試乗|02

それが、イヴォークではよもやの低全高を採用。実際、おとなが余裕をもってくつろぐことが可能なスペースは確保をされているものの、ヴォーグやスポーツのような大きな空間が頭上に残る状況は、こちらのモデルではもはやありえないのだ。

2008年発表の「LRX」をベースに作られたダイナミックなデザイン

いっぽうで、まるで“チョップドルーフ”とも表現をしたくなるようなこうした低全高プロポーションの採用へと踏み切ったからこそ、イヴォークのルックスは前述のごとく、見る人びとのだれもを「えっ? これがレンジローバー??」と振り返らせることが可能なものになったのもまちがいない。そもそもイヴォークのそうしたプロポーションは、2008年のデトロイトモーターショーで『LRX』の名とともに披露をされたコンセプトモデルで提案されたもの。そして、「そんなショーでの評判の高さが、量産化へと繋がった」というのが、イヴォーク誕生のひとつのストーリーであったとも伝えられている。

RANGEROVER EVOQUE|レンジローバー イヴォーク ブランニューレンジローバーに早速試乗|03

しかしどうやら、いまへといたる実際のプロセスはかくも単純なものではなかったようだ。あくまでも見栄えにのみ重点を置いた“デザインスタディモデル”としての『LRX』。これにたいして、量産モデルとして生を受けたイヴォークの低全高プロポーションには、時代を見据えたより深い意味が込められているからだ。

RANGEROVER EVOQUE|ブランニューレンジローバーに早速試乗 ギャラリー

TAG
BRAND
  • rumors_sale
  • j&m-davidson
  • tokyoflagship
  • banner_fortune