Cars in the Films Part.1──コメディ篇

Cars in the Films Part.1──コメディ篇

映画のなかのクルマたち

Cars in the Films Part.1──コメディ篇

世のなかにはさまざまな映画があると同時に、さまざまな映画評論が存在するが、クルマに焦点を当ててみると、映画の意外な楽しみ方が見つかる。名作(迷作?)のなかから、DVDで観られる作品を中心に、クルマが活躍する映画をピックアップした『Cars in the Films』。語り手は、ジャーナリスト 小川フミオ氏と、OPENERS CARカテゴリー担当 山口幸一。
時として役者より雄弁に、重要な役割を果たしている自動車。そのなかでも、とりわけマッチしていると小川氏が語る「コメディ篇」を第一回としてお送りする。

『ナイト・オン・ザ・プラネット』山口幸一推薦
国ごとの文化的背景を感じさせるクルマ選び

山口 クルマが印象的だった作品で僕がまっさきに思い出すのは、ジム・ジャームッシュ監督作品『ナイト オン ザ プラネット』(1991年)です。特徴は、オムニバス形式で、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキを舞台に、それぞれの都市で、タクシードライバーとその乗客のいっときだけの関係を描いています。

小川 おもしろいアイデアの映画でしたね。まっさきに思い出す、というのは、そうとう気に入ったということ?

山口 ひとつは設定の妙ですね。ある日のおなじ瞬間に世界各国で起こった出来事という構成になっています。純粋なコメディと言えるかどうか微妙ですが、それでもクスクスと笑って、そのうえジーンとくる場面もある。タクシーなので、都市とクルマと人間の関係がうまく描かれているのも、うまいなあと思う点です。

映画のなかのクルマたち──コメディ篇|02

小川 ウィンドシールドごしに車内でのドライバーと乗客を見せるので、ほとんどつねに俳優のアップ。表情の演技ですね。

山口 出てくるクルマは、ロサンゼルスではシボレー カプリース(ワゴン)のタクシーキャブ、ニューヨークではカプリース(セダン)のタクシーキャブ、パリはプジョー 504、ローマはフィアット 128、ヘルシンキがボルボ 144。その国のクルマ文化を感じさせる選びですね。

映画のなかのクルマたち──コメディ篇|03

シボレー カプリース(セダン)

小川 日産がニューヨークのタクシーキャブを手がける現在とは少しちがいますがね。各都市に固有の文化とクルマがあって、その都市ならではの人間模様がある、というのがこの映画のキモです。旅行者として裏町までのぞける気分になれるのもいいです。

山口 小川さんは5つあるエピソードでどれがお好みですか? 僕はニューヨーク篇です。黒人と、アメリカに全然慣れていない旧東ドイツ出身の元サーカスの道化師だったドライバーとの交流が、笑いとペーソスをうまく織り交ぜて上手に仕上げてあると思います。

小川 あれはいいですね。パリもいいですよね。ベアトリス・ダルが盲目の娼婦なのかな、だんだん、ドライバーとの関係が妙に煮詰まっていく展開は、狭い車内空間という設定を上手に活かしています。

山口 東京編も当初は予定にあったとか。

小川 それは観たかったですね。だれが出たでしょう。ジャームッシュはその前の年(1990年)に『ミステリートレイン』を撮っているから、出演した永瀬正敏がまた選ばれたかな。

映画のなかのクルマたち──コメディ篇|04

ナイト・オン・ザ・プラネット

キャスト|ウィノナ・ライダー
ジーナ・ローランズ
ロベルト・ベニーニ
公開年|1991年

DVD発売元|パラマウント ジャパン
価格|1500円
発売日|2009年09月25日(発売中)
(C) LOCUS SOLUS, INC., 1991 ALL RIGHTS RESERVED. TM, ® & Copyright © 2009 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.