アルファ ロメオ ジュリアがワールドプレミア|Alfa Romeo

アルファ ロメオ ジュリアがワールドプレミア|Alfa Romeo

CAR NEWS

Alfa Romeo Giulia|アルファ ロメオ ジュリア

エンジンはフェラーリとの共同開発

アルファ ロメオ ジュリアがワールドプレミア

アルファ ロメオは、イタリア時間の6月24日、新型4ドアセダン「ジュリア」を初披露。「75」以来となるFRセダンがついに復活した。

Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)

現代に蘇ったジュリアの名

「ジュリア」のデビューをどれほど待ったことか。出る出ると言われ続けて早数年――。しかし、待ちくたびれたアルフィスタたちも、このクルマの出来映えを見ればそんな憂鬱な気分は一蹴されるはずだ。

ワールドプレミアの会場として選ばれたのは、イタリア・ミラノ郊外のアレーゼに新装されたアルファ ロメオ歴史博物館。世界中のメディアやジャーナリストが集うなか、創業105周年を迎えた今年、ジュリアは登場した。

「アルファ ロメオのパラダイムと、meccanica delle emozioni(感情を持った機械)との完璧な融合」をテーマに開発された新型。その要素にはつぎの5つがある。まず、一目でアルファ ロメオだとわかるイタリアデザインであること。次にハイパフォーマンスで革新的なエンジンをもつこと。50:50の理想的な重量配分を実現すること。独自の技術的ソリューションをくわえること。そして最高のパワーウェイトレシオを得ることだ。

327_07_Alfa_Romeo_Giulia
327_12_Alfa_Romeo_Giulia

伝統の盾型グリルに、あたらしくデザインされたエンブレムを掲げ現れたジュリアのスタイリングは、現行モデルの「4C」や「ミト」「ジュリエッタ」と比べてもコンサバティブかつシンプルなデザインでまとめらている。

重量配分を最優先に、ロングホイールベースのシャシーを採用したことで、オーバーハングを短くしロングノーズ化、またパッセンジャーシートを駆動輪寄りに移し、リアウイングへと繋がる力強いプロポーションラインを実現した。さらに、丸みを帯びたボディのエッジとピラーによる“涙滴型”のスタイルは、かつてもっとも美しいクルマのひとつと謳われた1954年に登場した初代「ジュリエッタ スプリント」を思い起こさせる姿だと、アルファ ロメオは言う。