SEIKO|ダイバーズウオッチのある日常

SEIKO|ダイバーズウオッチのある日常

WATCH&JEWELRY FEATURES

SEIKO|セイコー

モデル三浦理志 × プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル

ダイバーズウオッチのある日常

1日のはじまりは波のチェックから――。職業・モデル。さまざな雑誌や広告で活躍する三浦理志さんは、サーフィンを趣味とし湘南をベースに暮らしている。朝は海、職場は東京。オンとオフ、そのふたつを往き来するライフスタイルのなかで、三浦さんが選んだ時計はセイコーのダイバーズウオッチだった。

Text by FUKUTOME RyoujiPhotographs by YAMASHITA RyouichiStyling by INADA IsseiHair & Make-up by KATSUMA Ryohei

スローライフを実践する

今世紀に入った頃、盛んに使われるようになった言葉に「スローライフ」というのがある。それまでの高速型のライフスタイルに対して、ゆっくりとした暮らしを唱えたものだ。そして、それは都会で働く多くの人々にとって、憧れのライフスタイルとしてとらえられていた。

ライフスタイル誌『オーシャンズ』などで活躍するモデルの三浦理志さんは、そのスローライフを実践する自然派の男だ。湘南に住み、サーフィンを愉しみ、ときに畑を耕す。仕事が入ったときだけ東京に向う。そんな生活を何年も続けているのだ。

「ずっとここに住んでいますから、モデルの仕事をはじめたときからおなじスタイルです。農業はここ数年ですが。だから、日常というか、この辺りに居るときはほとんど時間を気にしません。気にするのは、東京に向う時間だけ(笑)。朝は海に入っていることが多いので、仕事がある日は必ず時計を着けて海に入りますね。ぼくにとって防水性能の高い腕時計は必需品なんです」

ダイバーズウオッチは必需品

よく腕時計はパートナーと称され、着ける人のライフスタイルを端的に表現しているともいわれるが、三浦さんはまさにその典型。時計をそれほど必要としない生活のなかで、ダイバーズウオッチのその重要度は高い。

「サーフィンでは、パドリングもするし、ボードから落ちることもあります。結構激しいんです。腕時計はそれに耐えるものでなければならないんですよ。止まっちゃったら仕事に遅れるので(笑)。なので、ちゃんとしたダイバーズウオッチが必要なんです」

だから、三浦さんは腕時計を購入する際は、しっかりとスペックをチェックするという。水中での動きは想像以上に水圧がかかっているので、それに楽々と耐え、安心して着けられるダイバーズを求めて。

「時計はシンプルなのが好きなんです。見た目もそうですが、マリーンマスター プロフェッショナルのようにシンプルに機能を追求しているのが。そういうモノって格好いいんですよ」

そんなダイバーズウオッチは、数年前にはじめた新しい趣味“農業”でも役立っているという。自然と向き合う農業では、水も使うし、泥にもまみれる。それでも堅牢性、耐久性の高いダイバーズは、着けたまま作業できるからだ。

「畑から仕事に向うこともありますからね」

ここでも時間は大切なのである。

波のない日は、ずっと畑に

「畑は先輩に勧められてはじめたんです。余っている土地があるからやってみないか、と。はじめは大変でした。手間はかかるし、同じ姿勢で作業しなくてはならないし。でも収穫しはじめると楽しくなって。いまでは波のない日はずっとここにいます」

いまはお金さえ払えば、高価な食材も、有名な野菜も手に入る。それをあえて“大変”といっていた作業をし、栽培するのはなぜなのか?

「一度、成果が出ちゃうと、またそれを求めちゃうんですよ。野菜が育っていく過程も楽しいですし。たしかにスーパーに行けば、野菜は簡単に手に入ります。でも、ここで採れた野菜は本当に美味しいんです。瑞々しい。やめられないですね」

Page.02 オン、オフの切り替えは東京への移動中

問い合わせ先

セイコーウオッチお客様相談室

0120-612-911

http://www.seiko-watch.co.jp/prospex/