MATSUNAGA Manabu|Vol.5 レイモン・イジドールの庭

MATSUNAGA Manabu|Vol.5 レイモン・イジドールの庭

carnet de jardin タイムカプセルの庭へ

MATSUNAGA Manabu|松永 学

Vol.5 レイモン・イジドールの庭

「光の洪水」──墓守が33年かけてつくった庭の輝き

今回はレイモン・イジドールの庭(Raymond Isidore、1900年産まれ-1964年没)。フランス、パリから約南西90km、シャルトル市(Chartres)郊外にある。父親を早くになくし、さまざまな仕事につき、最後は墓守として生涯をまっとうする。その間、墓地の近くに家をもち、33年間にわたりひとりでつくり上げた庭である。

写真・文=松永 学

彼の家はピカシェットの家(La Maison Picassiette)と呼ばれている。欠けた皿を収集しては、家を装飾しはじめる。まわりからはpic(盗む)+assiette(皿)=picassiette(タダ飯)のひとと侮辱されつづけた。それが家の名前の由来だ。

シャルトル市には、私を引きつけるふたつの理由がある。

ひとつはあまりにも有名なヨーロッパ最大級のゴシック建築、ノートルダム大聖堂。
そのステンドクラスから溢れる、いく筋もの光を浴びてみたいから。
そしてもうひとつが、墓守レイモン・イジドールの庭。輝くばかりに光り輝く皿のモザイクに触れてみたいから。

家の内部からはじまった装飾は野外の庭にも溢れ出し、造花のような花々と同化する。

イジドールはさまざまな宗教のデーマや、各地の建物、動物、花々のモチーフなどを、荒れ削りの壊れた食器の破片、ガラス、コンクリートを用いて、自由な発想で敷地内を封印してしまった。外部から自らの身を守る唯一の空間だったのかも知れない。

なにかへの愛を表現したかったのか? もしくは墓守として体験した死後のせかいなのか?
今は亡き彼の言葉は聞けない。

327_11-2

巨大なノートルダム大聖堂、透過するステンドグラスとともに、ここでまばやく反射する光の洪水を浴びれば、ピカシエットの破片に吸い込まれる覚悟が必要だ。

La Maison Picassiette
シャルトル市、公式サイト
http://www.chartres.fr/culture/les-arts/maison-picassiette/

ABOUT
MATSUNAGA Manabu

写真家。北海道根室市生まれ。父の影響で小学生から写真をはじめる。暗室デビューも同時期。高校卒業後上京。日本大学芸術学部写真学科卒。学生時代はアルバイトに明け暮れる。アングラアマチュア音楽バンドで、舞台演出写真スライドショー&キーボードを担当。欲しいレコードを買うために、マニアックなレコード店が多かった新宿駅界隈が庭となる。日本デザインセンター入社後、2年間で退社。フリーフォトグラファーになる。その後フランス・パリに移住。雑誌を中心にルポルタージュやポートレイトなどで幅広く活躍。昨年2009年12月より、『carnet de voyages』というタイトルで旅をテーマとしたweb写真集を発表している。iPhone+iPad+iPodTouch用アプリ(PhotoHorloge)でも展開中! パリ発『webマガジン chocolatmag』ではビジュアルを担当。コラム内”chocolat papa356J”で毎日更新の写真コラムもはじめる。叔父はジェイムス・ジョイスの翻訳で有名な、日本の英文学者・翻訳家である柳瀬尚紀氏。 オフィシャルサイト http://www.manabu-matsunaga.com/ carnet de voyages http://www.manabu-matsunaga.com/voyages/