特集|もつ喜びのあるカメラ デジタルカメラに受け継がれる クラシックデザインの正体

もつ喜びのあるカメラ デジタルカメラに受け継がれる クラシックデザインの正体|特集

デザインが刺激する“もつ喜びのあるデジタルカメラ”

「Df」「Nikon 1 J5」ニコン開発陣に聞く

デジタルカメラに受け継がれるクラシックデザインの正体(1)

過去の銀塩カメラを彷彿させるクラシカルなデザインと本格的な撮影性能をあわせるデジタルカメラが各社から相次いで発売されている。最新の技術を投入しながら、メカニカルでアナログなデザインを選ぶデジタルカメラには、どのような意図が隠されているのか。

Photographs by JAMANDFIX

クラシカルな操作系のデジタルカメラの意義

トレンドを押さえるなら、トップメーカーに話を聞くべきだろう。今回は、デジタルスチルカメラ領域で世界のトップメーカーのひとつ、ニコンで話を聞く場をもうけることができた。

まずは、かつてのフィルムカメラのようなクラシックなデザインが投影されたモデル「Df」の開発を担当した、ニコンフェロー 映像事業部の後藤研究室の後藤哲朗氏、三浦康晶氏との対話から、クラシカルなデザインの正体、その源流を探りたい。

対話では、ユーザーインターフェースを通したプロダクトデザイン、グラフィック領域を研究対象のひとつにしている、慶應義塾大学環境情報学部教授の脇田玲さんをくわえて、ユーザー視点の「Df」のインプレッションをぶつけてもらった。

――ダイヤル操作がもたらす楽しさとは
後藤研究室は、プロフェッショナル向けのフラッグシップモデルである、かつてのフィルムカメラの「Fシリーズ」やデジタルに移行がはじまった時代の「D3シリーズ」までの開発に携わってきた後藤哲朗さんが率いる。この研究室が中心になって開発され、2013年に「Df」が発表された。

慶應義塾大学:脇田玲(以下、脇田) 「Df」を手に取って、率直に面白いとおもいました。例えば、往年のモデルに通じる“Nikon”ロゴひとつを見ても、昔からカメラに親しんできた人に訴えかける何かがあるとおもいますが、どのような経緯で開発されたのでしょうか?

ニコンフェロー 映像事業部の後藤哲朗さんニコンフェロー 映像事業部 後藤研究室の室長・後藤哲朗さん

慶應義塾大学・脇田玲
対話にくわわってもらった慶應義塾大学環境情報学部教授の脇田玲さん

ニコン:後藤哲朗さん(以下、後藤) いまのデジタルカメラは液晶画面と電子ボタンで操作する、まさにデジタル方式です。便利で迅速な操作は出来ますが、ロゴを隠すとどこのカメラなのか分かりません。他のカメラに埋没しないカメラを作ろう、ニコンならではの存在価値を訴えようとおもったとき、往年のカメラに通じるダイヤル操作系をもつクラシックデザインにしよう、というのがスタートでした。

ニコン「Df」
ひとつずつ金属が削り出されたダイヤルは、小気味よい高精度なクリック感があり、操る喜びが感じられる

脇田 いまのコンパクトデジカメやスマートフォンは一枚のガラス板にすべてのメニューを押し込んでいますね。深い階層を経て、必要な機能にたどり着くということも多い。

「Df」はダイヤルやボタンからダイレクトに操作できるのがいいなとおもったんです。操作にダイヤルを用いたのはクラシックな雰囲気を演出するだけでなく、いまのデジタルカメラが秘めた操作性の問題を解決するという意図があるのでは?

ニコン:三浦康晶さん(以下、三浦) 操作系をアナログにするか、デジタルにするかは一長一短です。ただ、「Df」を企画するとき、“カメラはデジタルになっても精密機械だ”というおもいがありました。ダイヤル操作系は精密機械の象徴であると同時に、シャッタースピードや露出がどういう設定になっているか、ひと目で分るというメリットがありますし、手に取ってダイヤルに触れながら、撮影シーンにおもいを巡らせるという楽しみもあります。

ニコンフェロー 映像事業部の三浦康晶さん
ニコンフェロー 映像事業部 後藤研究室で「Df」の開発を担当した主任研究員・三浦康晶さん

後藤 ご質問のような操作性を解決してやるというほど大それた意図はなかったのです。ダイヤルにすることでできなくなることもありますし、動画撮影、Wi-FiやGPSなど省略した機能もあります。

いっぽうで、“シャッタースピードって何だろう”、とカメラを操作することや撮影する手順に好奇心をもつようになる方も出てくるでしょう。ただ、写真を撮ることに没頭できる、そんなデジタルカメラを作りたかったんです。


撮影するために必要なフォルムを追い求め、無駄を削ぎ落としていったという「Df」のモックアップ

脇田 撮影に必要な機能、カメラが本質的に備えている機能だけに絞ったということですね。もしかすると、スマートフォンでしか写真を撮ったことがないという人は面食らうかもしれませんが、私はこの驚きと向き合いたくなりました。

“どうしたらコイツを御することができるのか”という挑戦を受けた気がしたんです。例えば、クルマでいうならばスーパーセブンのようなスポーツカーを意のままに操りたいという欲求に似ているかもしれません。

――歴代の名機への畏敬と回帰

後藤 しかし、実際にはなかなか商品としての賛同を得られない時期もありました。2009年に後藤研究室が発足して、翌年の春にはモックアップが完成していたのですが、2011年前後は社会的にも大きな出来事が多く、メインストリーム以外のモデルを製品化するほどの余裕がなかったのです。

ニコン「Df」
精緻にスケッチされた「Df」の原案。かつてのフィルムカメラへのオマージュが込められている

その間に、「Df」と似たコンセプトをもつ、富士フイルム「Xシリーズ」、オリンパス「OM-Dシリーズ」が発売されて、先を越されたなとおもいました。

ただ、往年のフィルムカメラに通じる操作系をもつ設計、他のカメラに埋没しないデザイン、カメラメーカー各社の“らしさ”を象徴するクラシックなスタイルの追求は、今後のデジタルカメラのあたらしいトレンドになるこを確信することができました。

三浦 最初はひとりでスケッチを描いて、モックアップをつくってという状態からスタートしました。代わりに、自由に作業できた部分も少なくありません。例えば、名機F2やF3を意識したボタンやダイヤル、ロゴのデザイン、底面の開閉ノブをモチーフにしたバッテリー室カバーなど、これまでのニコン製品のオマージュも散りばめたのです。

脇田 これまでのニコンデザインをリミックスしたということですか。

ニコン「Fシリーズ」など
ニコンの過去のフラッグシップ機「Fシリーズ」など、フィルムカメラが「Df」に数多くのモチーフに

三浦 オールドニコンファンでデジタルには抵抗があるという方はいまもいらっしゃいます。「Df」によって、昔のカメラとの共通性を感じて、デジタルに踏み出していただきたいという願いもあります。確かに、操作する感触、道具を使う本質的な楽しさもありますし、じっくり取り組むからこそ見えてくることもあります。

私は若い人も含めた、もっとひろい層に使ってもらいたいと感じました。「Df」はいい写真を撮りたいという欲求を、自分の技能が向上する喜びによって叶える、そういうものに向き合えるツールだとおもいます。