ハリアー特別仕様車に見る、美のフィロソフィー|Toyota

Toyota|写真家佐藤新也とデザイナー角田陽太がハリアーについて語る

Extra OPENERS

Toyota Harrier|トヨタ ハリアー

ハリアー特別仕様車PREMIUM“Style MAUVE(モーヴ)”に宿る美学とは(1)

6月2日より発売された、トヨタ ハリアーの特別仕様車PREMIUM“Style MAUVE(モーヴ)”。そのキャンペーンの一環として展開されているデジタルコンテンツ「H.H.360」の撮影を担当したのが、フォトグラファーの佐藤新也氏。紫をテーマにしたPREMIUM“Style MAUVE”の魅力をプロダクトデザイナーの角田陽太氏とともにひも解いてゆく。

Photography by KOMIYA KokiText by SHIBATA Mitsuru

むずかしい紫を表現する技術力の高さ

角田陽太(以下角田) 小さい頃からミニカーは好きでした。もともとクルマのデザインに興味があり、いまでも走っている姿に目を引かれることがあります。そのなかでハリアーはカッコいいクルマを象徴するイメージですね。大きなボディサイズにも惹かれるし、デザイン的にも気になるクルマです。

佐藤新也(以下佐藤) カメラマンにとってクルマは仕事道具として必需品ですが、ライフスタイルに合わせて考えると、ハリアーは山に遊びに行くとかイメージが膨らみますよね。そのシーンでの佇まいであったり、感性にもフィットします。

327_01

プロダクトデザイナー 角田陽太氏

角田 今回のStyle MAUVEは色が特徴的ですね。デザインプロセスではID(インダストリアルデザイン)とCMF(カラーマテリアルフィニッシュ)が一致した時に良いものが生まれるといわれています。僕も色を決めるときには、とても気を使っていて、作品には白が多いのですが、白といっても無限にあってどれを選ぶかが大事。配合や階調、艶感にもこだわりますし、素材の質感やサイズによっても印象は大きく変わりますからね。

佐藤 そうですね。人間が目にする光も角度によってまったく違うし、クルマであれば昼間と夕方、天気などの条件で色味は変わります。人間の感覚も多様なので、僕が写真を撮る場合も、そのなかでどこにフォーカスして演出するかを常に考えています。

Toyota Harrier|トヨタ ハリアー

ファシネイトブラック加飾が施されたシフトパネルも高級感に満ちており、ドライバーの所有欲をかきたてる

327_04

3本スポークステアリングホイールは、本革とピアノブラック調加飾によって、艶やかな質感が表現されている

角田 Style MAUVEのインテリアでは、曲面がうまくつながっていることに感心しました。たとえばフロントのダッシュボ−ドの角度とか。親密感というか、ひとの琴線に触れる形状だとおもいます。囲まれる感じはコックピットっぽくもある。たとえば飛行機のファーストクラスのような、マユのように包み込まれる感覚に近いかな。それぞれを構成する曲線に意味があるのかって一瞬疑問に感じますが、まったく違う瞬間にその良さが発揮される。それが心の親密感にまで入り込んできている気がします。それにしてもインテリアのパープルって、あまり普段目にしない色ですね。ほぼ黒に強いのだけれども、紫が際立っている。

佐藤 それを内装で表現しているのに驚きました。

角田 すごいチャレンジングですが、デザイナーとしては色調整も楽しかったのではないかな。調色は最終的にはデザイナーに任されることが多く、これも難易度は高かったとおもいますよ。それこそ冠位十二階の最上級(笑)。そこにあえて挑戦するのだから。

ギリギリのラインを狙った、絶妙な色の表現

327_02

フォトグラファー 佐藤新也氏

佐藤 角田さんは白のなかで選ぶのに苦労されるといいましたが、Style MAUVEの車内は高級感に加え、色やシボの入り方で表情が異なるんですね。今回H.H.360という映像表現ではいろいろなシチュエーションで撮影しましたが、自然のなかと人工物に囲まれたなかで見る紫の印象は違うし、内装への光の反射もあります。そこで大切にしたのは、こういう色でないといけないと断定するのではなく、ハリアーの空気感を出すこと。とくに、写真で説明し過ぎないという点にも気を使いました。

角田 最初は紫のインテリアってどうなんだっておもったけれど、違和感なくスッと入ってきた。それは素材をうまく融合させたからだとおもいます。その辺りがうまくて、ワインレッドのような芳醇さも感じさせるんでしょうね。

佐藤 確かに、いかにもワインの薫りがしそう(笑)。

角田 見た目だけでなく、そこまでどう表現するか。プロダクトデザインとは五感の総合得点だとおもっています。匂いまでも感じられるデザインですね。

佐藤 年数を経るとまた違った表情が出てきそうですよね。写真でもそうした意図で、シズル感を大切にしました。興味深かったのはステッチですね。どうやって作るんだろうとか構造的にも。ピッチも広くて、色も同系色でまとめているので洒落てます。

Toyota Harrier|トヨタ ハリアー

シートベルトにもダークバイオレットの専用カラーが用いられており、個性的な車内空間を演出する。(除くリヤ中央席)

Toyota Harrier|トヨタ ハリアー

内装色はスティールモーヴと名付けられたもので、ファシネイトブラック加飾とのコントラストが美しい

角田 それも極端に主張するのではないけれど、控えめさとのギリギリのところを狙っているように感じます。たとえばメーターの針色も高級感のある青であったり、ドアポケットの内側のラインや、ハンドルの親指のえぐれた部分のステッチなど細部にも同じ気の配り方を感じます。全体的にオーガニックな形状ですが、センターコンソールのカバー部分の鏡面仕上げなどは家具に近いですね。

ダークカラーがフレームとなり、見える景色が変わる

佐藤 このStyle MAUVEはダークカラーに着目し、さまざまなニュアンスのある黒のセンスをハリアーの世界感に取り入れたそうですが、上品さが伝わります。

角田 紫に漂う高貴な雰囲気というかな。本来はギョッとするような色だけど、すごく気を使ってやると上品に仕上がる。そんな印象ですね。

佐藤 それをうまく調和させるための素材であったり、ステッチだったり、ラインがあるのでしょうね。

角田 目先のトレンドを追うということではないのかもしれませんね。僕も普段デザインではトレンドとは真逆のことを狙っていて、いつの時代も使えるものを考えています。トレンド以上に最終的にはできたものが重要で、難しい紫に挑戦して美しくアウトプットできたことが評価できますね。しかもインテリアをうまくやらないとエクステリアの印象も変わってしまう。そこを乗り切ったデザイナーは本当に経験とセンスがあるとおもいます。

Toyota Harrier|トヨタ ハリアー

佐藤 走っていると何でもない風景が違って見えたり、気づかせてくれる。そんな生活のなかでの視点の変化を感じられるのがハリアーの魅力ですね。車内から外の景色を見るとき窓はひとつのフレームになります。ハリアーはその見え方も変わってくるんです。

角田 ダークカラーがひとつのフレームとなり、風景を演出するというのはおもしろいですね。デザインの世界というのは「なぜいいのか」ではなくて、「どこがいいのか」を追求することだとおもっていて、あえて理屈で説明することではありません。大切なのは気分であり、そこにいたるプロセスまでをデザインすることが仕事だとおもいます。パープルも本当に無限であり、ハリアーがダークカラーを突き詰めるというのは独創的な視点ですね。さらにその可能性を広げれば、ピアノのような色調があってもいいのかもしれません。ハイクオリティな生活を根底から支える色のあり方とは何か。それこそ膨らみのあるダークカラーであり、ハリアー独自のカラーチャートができるのではないでしょうか。

Page02.写真家佐藤新也が見た、360度の世界|Toyota

ABOUT
KAKUDA Yota

デザイナー 仙台生まれ。 2003年渡英し、安積 伸&朋子やロス・ラブグローブの事務所で経験を積む。 2007年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)デザインプロダクト学科を文化庁・新進芸術家海外留学制度の奨学生とし …