坂本龍一|第19回 「テクノ」について言いきる

坂本龍一|第19回 「テクノ」について言いきる

坂本龍一 相談室

第19回 「テクノ」について言いきる

教授みずからの回答ですべて解決!する「上から」言いきる。
今回のお題は、テクノミュージックとシンセサイザーについて。

回答=坂本龍一Photo by JAMANDFIX


かつてYMOで一世を風靡なされた坂本大先生へ。
昨今のテクノやハウスなどのダンスミュージックについてどのような印象をおもちですか?
また、ご自身(またはYMO)の遺伝子を正統に継承していると認識されているアーティストはいらっしゃいますか?
やっぱTOWA TEIさんとか?

「アンチ・インディヴィジュアリズム」

この質問の“昨今”はいつごろを指すのか……(笑)。
90年代のテクノの流行はつまらなかったですね、単純で、忘我の境地……なんていうと日本くさいかな。

ベルリンのラブパレードをテレビで観ていたら、「アンチ・インディヴィジュアリズム」っていうポスターを掲げた男の子がいて、これかと思った。個人の意識のないユング的な忘我のなかに入りたいと。

いわゆる無我の境地、ドラッグとか、禅もそうだけど、音楽でも変化のない、よくいえば瞑想的な状態を得ようという、それはそれでおもしろいと思いましたね。


坂本さんのいちばん気に入っているシンセサイザーはなんですか?
また、昔使っていたpolymoogはまだ所有していますか?

ポリムーグは持ってません

いちばん気に入っているか……。いまだに「プロフェット5」かな。

いまは最近のキーボードを使ってますけど、あれはいわゆるシンセサイザーとはちがっている気がして、最近のはプリセットでたくさんの音が入っていて、一から音をつくっていくもんじゃないんです。シンセサイザーは音をつくっていくものなので、そのなかではプロフェット5がいちばん使いやすい。

ポリムーグはYMOのころによく使っていました。とてもいい楽器だった記憶があって、去年の夏のワールドハピネスのリハーサルで使ってみたんだけど、弾いてみたらよくなかった(笑)。ちょっと使えない音だった。いい記憶のまましまっておけばよかった(笑)。使い方を忘れちゃったのかな。ちょっとつらかったですね。フェスでは、アープのオディッセイとヴォコーダーは使ったけど。

そのときのポリムーグ?

YMOのファンで、僕の当時のシンセのセットを大人になって全部買って、演奏を再現するバンドをやっているひとがいるんですよ。それをUstreamで見つけて、連絡して、リハーサルに持ってきてもらったんです。

坂本龍一|相談室 02

質問が採用された方には「more Trees オーガニックコットン T-シャツ」をプレゼント

教授に聞きたいこと、募集中!

仕事や家庭の悩み、教授への質問などをおよせください。
坂本龍一氏が「上から」言いきります。

【質問のしかた】
下の「ask sakamoto !」ボタンをクリック。
開いたページにある「返信アドレス」「確認用アドレス」にあなたのメールアドレスを入力、「内容」に質問を書いて「送信する」ボタンを押せば完了です。

坂本龍一に質問!

ABOUT
SAKAMOTO Ryuichi

1952年東京生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、 細野晴臣、高橋幸宏と『YMO』を結成。散解後も、音楽・映画・出版・広告など、メディアを越えて精力的に活動。 83年、みずからが出演し、楽曲制作も担当した『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞作曲賞を、87年、映画『ラストエンペラー』では日本人初となるアカデミー賞ならびに、ゴールデングローブ賞、グラミー賞ほか、あらゆる著名な映画祭の作曲賞を総なめにした。以降、活動の中心は欧米へ。 99年制作のオペラ『LIFE』以降、環境・平和問題に言及することも多く、アメリカ同時多発テロ事件をきっかけとした論考集『非戦』を監修。自然エネルギー利用促進を提唱するアーティストの団体「artists’power」を創始するなど、活動は多岐にわたる。 現在エイベックスグループとの新プロジェクト「commmons(コモンズ)」を発表、あたらしい音楽コミュニンティーの「共有地」を目指す。