EVENT|エキュート東京にて「漆の国 いわての伝統工芸」開催中

EVENT|エキュート東京にて「漆の国 いわての伝統工芸」開催中

注目のデザインに触れる・遊ぶ・識る・作る

ecute TOKYO/ikisui

身近な存在、使い勝手のよさ

「漆の国 いわての伝統工芸」 開催中

伝統工芸ときくと、敷居が高いイメージがあるが、商品をしっかり見れば、私たちの生活に取り入れやすいモノもたくさんあるにちがいない。そんな“気づき”を与えてくれるイベントが、JR東京駅構内 エキュート東京サウスコート イベントスペース「ikisui」にて現在開催中。「漆の国 いわての伝統工芸」と題し、漆の生産量日本一を誇る岩手県から、南部鉄器、浄法寺塗、秀衡塗などの伝統工芸を紹介している。

Text by OPENERS

見て、触って、食べて、岩手を満喫!

ただセレクトをすればいいわけではなく、ただデザインをすればいいわけでもない、という地点から出発した今回のプロジェクト。クリエイティブ・ディレクションを担当した山田遊氏(method)は、伝統工芸品である「漆」を、現代の日本人の生活のなかでどう提案すればいいのか? という問いかけに対し、本イベントをとおして「期間限定ショップ」というかたちで立体的な回答を提示してくれる。

イベントスペースには、いま現在の私たちの生活にすんなりと入ってくる工芸品が集結。また、イベント期間中「ikisui」対面のグロッサリー/雑貨ショップ『ニッコリーナ』の店内一部にて、岩手県の食品コーナーを展開。見て、触って、食べて、岩手ならではの手仕事のぬくもりをたっぷり感じることができるだろう。

「漆の国 いわての伝統工芸」
日時|1月11日(火)~1月30日(日)9:00~22:00(日祝は21:00まで)
場所|JR東京駅構内 エキュート東京サウスコート イベントスペース「ikisui」
出展者|うるみ工芸(浄法寺塗)、さわはん工房(六原張り子)、滴生舎(浄法寺漆器、作家をふくむ)、東北巧芸舎(拭き漆木工品)、丸三漆器(秀衡塗)、水沢鋳物工業協同組合(南部鉄器)、mocrap(南部鉄器、岩谷堂箪笥、秀衡塗の若手作家グループ)、流工房(南部鉄器アクセサリー)
主催|岩手県
協力|メソッド
ecute TOKYO/ikisui
http://www.ecute.jp/tokyo/event/