iPad for Creatives|クリエイティブディレクター 山田 遊 編 iPadの本質はゲームにあり!

iPad for Creatives|クリエイティブディレクター 山田 遊 編 iPadの本質はゲームにあり!

クリエイターのお薦めアプリケーション

iPad for Creatives

クリエイティブディレクター 山田 遊 編

iPadの本質はゲームにあり!(1)

インテリアショップ『IDEE』のバイヤーとして2001年キャリアをスタートして以来、プロダクツのみならずアートやイベントプロデュースなど広くあたらしいクリエイティブを模索してきた山田氏が語るiPadの可能性とは?

文=オウプナーズ写真=西田周平

個人で使用しているぶんにはiPadの本質に触れていない

iPad for Creatives|クリエイティブディレクター 山田 遊 編 01

じつは買ったのはごく最近なんです。仕事ではMac Book Airを使用していますし、携帯電話はiPhoneなので、iPadを持つ意味ってなかったんですよね(笑)。スケジュール管理もまだ手帳に書いていますし、プレゼンテーションはしますけど、打ち合わせやプライベートレベルですね。

この先iPadを仕事に活かそうとはしないと思う。“しない”というか、そもそもiPad自体がそれを目的として作られたものではないと思うんです。

──iPadはビジネスユースではない?

iPadとパソコンではそれぞれに対する向き合い方がちがうんです。ノートPCを開いてその前に座る従来のスタイルでは、スクリーンもキーボードもマウスも完全にユーザーひとりにしか向かないんです。他者がそれを操作することは基本的にはできませんよね。iPhoneにしてもあのサイズでは基本的に向き合うのは一方向しかない。

かたやiPadはフラットにしたことによってみんなに向かって開いているし、ぐるぐるまわしても自動的に画面が観るひとのほうを向くようになっているので、テーブルに置いて鍋のように一緒につつくことができる。僕はiPadって、鍋やいろりのようにみんなで囲んで楽しむことを目的にしているものだと思うんですよ。

これまでの「パーソナル」主流から「シェアリング」へと向かっているのではないでしょうか。あのサイズはひとりで見るのに見やすいからではなく、たとえば電車にふたり並んで座ったときに一緒に見るためではと。

iPad for Creatives|クリエイティブディレクター 山田 遊 編 02

僕はエンターテイメントに特化したほうがiPadはおもしろくなると思う。動画なんてPCとは比べものにならないほどなめらかだし、画面もフルスクリーンで見れる、そして音質もすごくいい。これはビジネスユース向きではないですよ。ビジネスで使用するといってもスケジュール管理とプレゼンぐらいでしょう?

ABOUT
YAMADA Yu

1976年 東京都出身。 2000年 株式会社イデー入社。2001年よりIDEE SHOPバイヤーを務める。2002年より 全店統括バイヤーを務める。 2003年 株式会社イデー退社。東京、恵比寿のコンテンポラリー・ジュエリーのギャ ラリー、gallery deux poissons(ギャラリー・ドゥ・ポワソン)の立ち上げに参 加。翌年より同社(現、有限会社ドゥポワソン)のマネジメントディレクターを務め る。 2007年7月 NOOKA JAPAN株式会社、代表取締役に就任。 またクリエイティブ・ディレクション事務所、methodを立ち上げる。 2004年2月、GALLERY CLASKAで開催された「BOND next DESIGNER’S SELF PRODUCTION TRADE SHOW」をプロデュース。 2006年2月、プロダクトブランド「ribbon project」、 「Lx. project」のブランド プロモーションを担当。現在に至る。 2006年11月、デザインタイド2006(DesignTide 2006)/タイドマーケット(TideMarket) のディレクション。 2007年1月、国立新美術館ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョーバイ シボネ」のサポートディレクターを務め、現在に至る。 2007年4月、新丸ビル内のショップ「デリエイデー」オープンに伴うディレクション 及びバイイングに参加。 2007年10月、ドコモダケ・アート展 in NY「HOW TO COOK DOCOMODAKE ?」の展示企画 及び作品集編集を行う。 2007年11月、デザインタイド2007(DesignTide 2007)/タイド ‘スーパー’ マーケット (Tide ‘Super’ Market)のディレクションを行う。