「ブレゲ タイプ XXI 3817」限定モデルがブレゲ ブティック銀座にて取り扱い開始|BREGUET

「ブレゲ タイプ XXI 3817」限定モデルがブレゲ ブティック銀座にて取り扱い開始|BREGUET

BREGUET|ブレゲワンランクアップのヴィンテージ感、そして個性が際立つ「ブレゲ タイプ XXI 3817」ローズゴールドバーゼルワールド2018で発表された世界限定数111本の「ブレゲ タイプ XXI 3817」ローズゴールドケースが、いよいよブレゲ ブティック銀座に入荷した。入荷本数は明らかにされていないが、僅少であることは間違いなく、日本ではブティック銀座限定で販売される。Text by OZAKI Sayaka航空機製造の歴史とオリジナル・デザインが受け継がれたモデルブレゲは時計製造以外に、航空の世界でも大きな功績を残している。創業者の孫であり5代目にあたるルイ-シャルル・ブレゲは、一族がそれまでに開拓していなかった航空の分野において、時計師の革新的なスピリットを不滅のものにしたのだ。ルイ-シャルル・ブレゲは、ヘリコプターの原型と呼ばれるジャイロプレーンを開発し、1916年には航空機「ブレゲXIV」も開発。1917年から'26年に、ブレゲはこの伝説的な航空機をおよそ800...
スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーンに待望の新作が登場|OMEGA

スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーンに待望の新作が登場|OMEGA

OMEGA|オメガ月の表裏を配した新作キャリバーを採用。「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号」オメガがバーゼルワールド2018で披露した新作「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号」。月の軌道を初めて周回したアポロ8号のミッションから50周年という節目に登場した記念すべきモデルである。Text by YANAKA Tomomiフルブラックにアクセントイエローを添えたグッドルックス満を持して登場した「ダーク サイド オブ ザ ムーン」の最新作。そのムーブメントには、ブラック仕上げで特別に装飾された手巻きキャリバー1869が新たに採用された。ダイアルは内部の動きが見えるスケルトン仕上げ。レーザー加工を施したブラックカラーのムーブメントブリッジ、そしてメインプレートを緻密に組み合わせ、月面をリアルに表現している。ケースバックではサファイアガラス越しに、宇宙飛行士だけが目にすることができる月の裏側(=ダーク サイド)を描写。さらにアポロ8...
SIHH2018で注目を集めた最新作「ロレアート クロノグラフ」|GIRARD-PERREGAUX

SIHH2018で注目を集めた最新作「ロレアート クロノグラフ」|GIRARD-PERREGAUX

GIRARD-PERREGAUX|ジラール・ペルゴ力強いアイデンティティとDNAを継承する新作「ロレアート クロノグラフ」マニュファクチュールブランド、ジラール・ペルゴより新作「ロレアート クロノグラフ」がリリースされた。ケース径は42mmと38mmのふたつで、シルバー、ブラック、ダークブルーのダイアルに、SSのブレスレットまたはアリゲーターレザーのストラップが組み合わされた豊富なラインナップだ。Text by OZAKI Sayakaダイアル、ストラップ&ブレスレットのバリエーションが豊富!ジラール・ペルゴを代表するスポーティシックなコレクション「ロレアート」に、クロノグラフが追加された。ロレアートは、8角形ベゼルと一体型ケースのデザインが特徴。1975年に初代モデルがリリースされたロレアートだが、2015年に限定モデルを発表後、2016年に定番コレクションとして復活、2018年に新たにクロノグラフが追加となった。「ロレアート クロノグラフ」は、SSまたは18KPGのケース、42...
最新「永久カレンダー搭載クロノグラフ」は、希少なプラチナバージョン|PATEK PHILIPPE

最新「永久カレンダー搭載クロノグラフ」は、希少なプラチナバージョン|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリッププラチナケースにゴールド・オパーリン・ダイアルを合わせたヴィンテージライクな傑作1941年に誕生して以来、パテック フィリップの永久カレンダー搭載クロノグラフは、同社の“顔”として、その完璧なフェイスを受け継いできた。近年では2011年に18KWGモデルが発表され、2015年には18KRGバージョンが加わり、そして今年、最高級素材のプラチナモデル登場に至った。2018年の新作誕生により、既存の5270ではじまるシリーズはすべてディスコンとなる。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)銅色ダイアルの渋さと、プラチナケースの高潔さとボルドーワインに例えるならば、2010年。ポルシェで言えば、1973年のナローボディ。そんな風に、2018年のパテック フィリップ「永久カレンダー搭載クロノグラフ」は、この先、記憶に残るに違いありません。つまり、“当たり”。プラチナケースとゴールド・オパーリン・ダイアルの組み合わせに...
「アクアノート」コレクションに初のクロノグラフがラインナップ|PATEK PHILIPPE

「アクアノート」コレクションに初のクロノグラフがラインナップ|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップオレンジを大胆に使った「アクアノート」初のクロノグラフコンテンポラリーとクラシックを高いレベルで融合し、独自の世界観を演出してきた「アクアノート」。その誕生から21年目にして、クロノグラフがコレクションに初登場。アクセントカラーはオレンジだ。Text by KOIZUMI Yoko21年目の新シリーズが登場ファンにとっては“ついに”と言うべきか。アクアノートコレクション誕生21年目にして、初めてのクロノグラフ「アクアノート・クロノグラフ5968A」が登場する。搭載されるモジュールはフライバック・クロノグラフ。一般的なクロノグラフ同様、リュウズを挟んで上下にプッシュボタンが配される外観は同じだが、下側のリセットボタンの構造に違いがある。フライバック・クロノグラフの場合、このボタンを計測中に押すと、ストップ → リセット → 再スタートがワンプッシュ操作で行なえるのだ。この際に計測針が一瞬にして帰零することから“フライバック”という名称...
35 件