CAR / FEATURES
2019年6月5日

中村獅童がゴルフGTI Dynamicで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

Volkswagen Golf GTI Dynamic|フォルクスワーゲン ゴルフGTI Dynamic

伝統と攻めのバランス。
ゴルフGTI Dynamicに芯の強さを感じた

歌舞伎界きってのクルマ好きとして知られる中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹と連れ立って、フォルクスワーゲンで行くUnexpectedなトリップの第3弾。今回は東京から日帰り圏内、近いけれどディープで興味深いスポットが存在する埼玉へ、「ゴルフGTI Dynamic」で向かった。

記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。

Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by NAGAO MasashiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geographic TVText by NANYO Kazuhiro
衣装協力 GUCCI JAPAN

赤いアクセントが特別な雰囲気を醸すゴルフ

初夏の空が晴れ渡った早朝の池袋。まだ交通量の少ない西口の一角に、歌舞伎役者の中村獅童さんが、「ゴルフGTI Dynamic」を軽快に走らせながら現れた。

golf-gti中村獅童

cut_00072

「おはようございます!」。路肩で獅童さんと待ち合わせたのは弊誌編集大魔王こと祐真朋樹。

今回も「Unexpected(予想外、意外)」をテーマに、前々回の長野、前回の四国に続いて、獅童さんが趣向を凝らした男二人旅に、祐真を誘い出したのだ。

「GTIはスポーティですね」。開口一番に祐真が述べると、「グリルとホイールに、赤いアクセントが入っているのがポイントです」と、獅童さんが応じた。

cut_00119

cut_00191

「こういうスポーティなハッチバックは、世界的に若い人に好まれるのかもしれない。僕も25歳の時、ゴルフのハッチバックに乗っていたんですけど、バンパーに赤い線が入ってました」

今回の旅の相棒は「ゴルフGTI Dynamic」。初代ゴルフから続く伝統のモデル「GTI」のリミテッドエディションだ。

リムが赤く縁どられた専用の18インチホイールに、3種類の走行モードが選べるアダプティブシャシーコントロール「DCC」、12.3インチの大型ディスプレイにフルデジタル表示となるメータークラスター、タッチパネルに触れずに操作ができるジェスチャーコントロールを備えたインフォテイメントシステムなど、内外装の装備を充実させた特別限定モデルとなる。

cut_02775

祐真 「シートも、チェック柄でかわいいですね。ちなみに今日の旅はどんなところに?」

獅童 「今回は大人の日常から離れて、少年の心に戻れるような遊びをしたいと思います」

サンシャイン60を横目に首都高5号線下りに合流するため、獅童さんがアクセルを軽く踏み込むと、230psを発生する2リッター直4ターボエンジンの低い唸り声を伴いながら、ゴルフGTI Dynamicは力強い加速を見せた。

祐真 「速いクルマですね。ところでGTIはどういう位置づけのモデルなんですか?」

獅童 「初代のゴルフ1から存在する、ゴルフの中でも伝統のスポーティモデルみたいです。ゴルフ Rほどパワフルではないけれど、より軽快で、荷物もちゃんと積めて、大人4人が快適に乗れるという、ゴルフの特長を凝縮したようなモデルですね」

Volkswagen Golf GTI Dynamic|フォルクスワーゲン ゴルフGTI Dynamic

伝統と攻めのバランス。
ゴルフGTI Dynamicに芯の強さを感じた (2)

どこかの神殿のような巨大地下空間

獅童さんがステアリングを握るゴルフGTI Dynamicは東北道の岩槻インターチェンジを降り、緑豊かな河川敷沿いの、だだっ広いグラウンドのような場所に着いた。

「着きました!」と獅童さんが笑みを浮かべると、「もしかして、芝生の上でフットサル?」と祐真。

「いや、ここから地下に下るんです。首都圏外郭放水路。いわば大人の社会科見学です」

010_vw_golf_gti_unex
ここ庄和排水機場は、国土交通省が管理する首都圏外郭放水路の一部。5つの河川が流れ、雨が降ると水が溜まりやすい皿のような地形をした春日部、越谷、草加地区における抜本的な治水対策施設として、13年の建設期間を経て2006年に完成した。

今では予約制で1日100名定員ながら、無料で一般見学を受け付けている。雨が降ると、5つの河川の増水を立坑に貯め込んで地下50メートルのトンネルに流しながら、最後はポンプで汲み上げて江戸川へ流し込むことで、浸水被害を防いでいる。二人はもっとも巨大な第1立坑に隣接する、調圧水槽に来たのだ。

011_vw_golf_gti_unex

013_vw_golf_gti_unex

地上からマイナス22メートルへ続く階段を下りながら、祐真がにわかに言う。

祐真 「実は僕、ここに一度来たことがあるんです」

獅童 「撮影ですか?」

祐真 「10年くらい前にファッションページの撮影で。久々に来ましたが、まるでどこかの神殿のようです」

二人が辿り着いたのは1本あたり500トンの柱が連なる、調圧水槽の底。幅78×奥行き177×高さ18メートルの空間は、サンシャイン60のほぼ一棟分にあたる67万㎡の水を貯め込む。巨大な59本の柱は、地表を支えつつも、水槽の底が地下水により浮き上がるのを押さえつける働きがあるという。

014_vw_golf_gti_unex

015_vw_golf_gti_unex

祐真 「子供の頃、マンホール下はどうなってるのか、考えませんでした?」

獅童 「地下への憧れって今でもありますよ」

祐真 「水が貯まった時に潜ってみたいですね」

獅童 「ダイバーズウォッチで100メートル防水があるじゃないですか。ここの深さが18メートルだから、100メートルのすごさを実感しますね」

とめどない想像を膨らませる二人を、今回は特別に隣の第1立坑まで、職員さんが案内してくれた。まるで深淵のような深い立坑を覗き込みながら、内側に張り巡らされた、やや頼りない印象の階段の踊り場で、二人は足をすくませる。

016_vw_golf_gti_unex

031_vw_golf_gti_unex

階段室から陽光の眩しい地表に戻り、ゴルフGTI Dynamicのシートに収まった二人は顔を見合わせた。

祐真 「地上は最高ですね」

獅童 「足がすくみましたよ。案内してくれた職員さんも手すりをガッチリ握っていました。次に移動しましょうか」

Volkswagen Golf GTI Dynamic|フォルクスワーゲン ゴルフGTI Dynamic

伝統と攻めのバランス。
ゴルフGTI Dynamicに芯の強さを感じた (3)

カジュアルでシンプル、かつ楽しいこと

畑や野原が広がる、長閑な田舎の景色の中を、ゴルフGTI Dynamicが走っていく。祐真がクルマの印象を訊ねると、獅童さんがこれまでのドライブを振り返るように答えた。

「街中では上品で運転しやすいです。コンフォートやノーマルモードをセレクトすると快適だけど、スポーツモードにすると突然、スポーツカーのように変身します。前回乗ったゴルフRヴァリアントは、スポーツモードにするとより一層パワフルで、こんなにキャラクターが変っちゃうの? という感じでしたが、それと較べれば、GTIのスポーツモードはもっと穏やかです。足回りが固く締まって地面に吸いつくような感覚はアルテオンに通じる。とにかく、3台とも運転していて楽しいですね」

018_vw_golf_gti_unex

019_vw_golf_gti_unex

やがて倉庫のような場所に到着し、獅童さんに促されて祐真が看板に目をやる。

祐真 「ドローン?」

獅童 「そう、ドローンの屋内飛行場です」

建物内は一種、異様な雰囲気でもある。ネットで仕切られた飛行フィールドでは、ギュンギュンと数機のドローンが大きな昆虫のような音をたててすごいスピードで飛び回っている。操縦するのは、VRモニターを顔にかけた腕利きのパイロット!?たちだ。

「こちらはレース用ドローンです。飛ばしている方たちは機体に搭載しているカメラ映像を、こちらのモニターで見ながら操縦しています」。二人と挨拶をかわしたスタッフが、そう説明してくれた。通常の撮影用ではなくレース用ドローンになると、屋外ではスピードが170㎞/hにも達するという。

ドローンに搭載されたカメラの映像を受信して、顔にかけたVRモニターで観るには、電波を介する関係でアマチュア無線の免許が必要だ。しかし、ドローンを直接見ながら操るよりも格段に操縦しやすいのだとか。ドローンを直視して操縦する場合、例えば機体と自分が向かい合っている際に左右転換の操作が逆になるからだ。ちなみに、ここ「アクロプラス」では、アマチュア無免許取得についてもアドバイスが得られるという。

また、まったくの初心者が手ぶらでやって来ても、シミュレーターから始めてレース用ドローンまで操縦できる約1時間の体験コースも用意されている。

020_vw_golf_gti_unex

021_vw_golf_gti_unex

「どちらの方から体験されますか?」とのスタッフの声に、一瞬、獅童さんも祐真もどうぞどうぞと譲り合ったものの、まずは獅童さんが意を決したようにコントローラーを手にし、体験に臨んだ。

「まず右手の上下がスロットルで、上に倒すとそうそう、上昇しますね。左手側は、前に行ったり後ろに行ったり。右手側の左右に倒すと左右の動きで、左手側を横に倒すと機体がクルクル回ります。もうちょっとゆっくり上げていって、止まるところを探す感じで」。スタッフが懇切丁寧に操縦法を教えてくれる。

時々、「おっ」とか「はっ」と声を発するが、初体験とは思えないほど獅童さんの操作は安定している。

「次は左手の上下。今、手前に来てしまっているので奥にやりたい時は、左手を少し倒す。そうです、上手いです!」

やがて祐真が代わって、コントローラーを手に操縦する。獅童さんが動かすところを観察していたとはいえ、ドローンの挙動は意外なほど危なげない。

「右に! 前に!」

こうなってくると、二人とも集中してほとんど無言だ。

022_vw_golf_gti_unex

023_vw_golf_gti_unex

「面白いですね」

「かなり面白い。これはハマりますね」

アクロプラスのスタッフいわく、一般的に男性はコントローラーをラフに操作しがちで、最初にホバリングができるまで時間かかるそうだが、二人ともドローンの動きが安定していて飲み込みがいいという。

続いて二人はシミュレーターに挑戦。モニターに映し出されたドローンを本物と同様のコントローラーで操縦するもの。墜落してもドローンにダメージを与えることがないから、二人とも、先ほどより一歩進んでさまざまな動きに挑戦してみる。

何度かプレイしていると二人とも慣れてきたか、スムーズにドローンを操れるようになってきた。低空飛行状態でキープするのがなかなか難しい、と二人の意見が一致したところで、今度は達人が繰るレース用ドローンの視界をVRモニターで追体験することに。操縦するのは、日本のドローン・レースの第一人者である高橋亨氏だ。

「ものすごいスピードですね」。VRモニターの迫力ある映像に驚きを隠さない二人。ちょうど倉庫のようなドローン競技場の空間内にLEDライトで示されたコースを、上下左右と果敢に攻める様子が、モニターに絶え間なく映し出される。

「放水路に続いて、目眩のする体験でしたね」と祐真。

「ドラマの撮影でも、最近はドローンを使います。時代は進化していますね。ところで、おなか空いてきません?」と獅童さんが応えると、二人は再びゴルフGTI Dynamicの車内へ。

009_vw_golf_gti_unex

Volkswagen Golf GTI Dynamic|フォルクスワーゲン ゴルフGTI Dynamic

伝統と攻めのバランス。
ゴルフGTI Dynamicに芯の強さを感じた (4)

伝統と革新がほどよく同居する

二人が向かったのは、さいたま市中央区の「二木屋」。国の有形文化財に登録された昭和の邸宅に構えるという、会席料理のお店だ。

出迎えてくれた女将さんに「どうかよろしくお願い致します」と、二人が挨拶すると、その昔、宮様の来臨を迎えるために増築されたという、洋風の貴賓室に通された。重厚なテーブルと椅子が置かれた、和洋折衷の空間に、二人とも思わず歓声を上げる。

二木屋はもともと、1935年に建てられた旧陸軍の将校の家。43年に、川口で鋳物業で営み、戦後に厚生大臣として入閣を果たした小林英三氏が買い取った。

002_vw_golf_gti_unex

026_vw_golf_gti_unex

女将さんいわく、戦時中の疎開の意味合いもあったが、川口の鋳物屋さんのあいだでは浦和や与野の高級住宅街に家をもつことがステータスだったとか。彼の成功は、「国際もみ殻かまど」という鋳物道具を発明したことだった。捨てるしかなかったもみ殻を燃料にして米が炊けたので、当時の農家に広まって大ヒットしたという。

ちなみに「二木屋」の由来は小林姓の中に木がふたつあることで、今もこの店で供される白米はもみ殻かまどで炊かれている。また節句のたびに、邸内を飾る人形が替えられ、秋には庭に舞台を設えて薪能が演じられている。

食事が始まるまで、縁側から二人はかがり火の焚かれた夕暮れ時の庭を眺めることにした。

「この間やらせてもらったお芝居が、こうした重厚な家と池のセットでしたね。でも、わりとコミカルな役だったんですけど」と笑う獅童さん。

027_vw_golf_gti_unex

028_vw_golf_gti_unex

貴賓室に戻って晩餐が始まった。烏賊とうどの黄味酢がけの先付やちまき寿司、姫サザエなど数品が盛られた前菜を楽しみながら、いつしか話題はゴルフGTI Dynamicに。

獅童 「今日一日、ゴルフGTI Dynamicに乗ってみて思ったのは、走りの良さや快適な乗り心地などゴルフならでは美点はそのままに、確実に進化を遂げているということです。特に指で触れなくてもジェスチャーで操作できるモニターや、ナビ画面を表示できるメーターなどデジタル面での進化がすごい」

029_vw_golf_gti_unex

030_vw_golf_gti_unex

祐真 「たとえばスタイリングも、確実に進化しているけれど、ひと目でゴルフだと分かる。ちゃんとゴルフならではの伝統を守っている。獅童さんも日ごろからご自身のテーマだとおっしゃっていますが、いわゆる伝統と革新ですね。ところで、今回も楽しかったです、ありがとうございました」

獅童 「こちらこそ。大人が童心に帰れる旅でしたね」

祐真 「また近々、行きたいですね」

獅童 「次は祐真さんの地元、京都はいかがですか。まさに伝統と革新をテーマにした旅なんてどうでしょう」

このショートプログラムは、ナショナル ジオグラフィックにて放送されたものです。
NATIONAL GEOGRAPHIC


THE HOUSE on the beachの無料宿泊を1組2名様にプレゼント!

02hayamacation

現在フォルクスワーゲンでは、神奈川県 葉山町の高級プライベートレンタル邸宅THE HOUSEとコラボレーションし、新しいバケーションスタイルを提唱する”HAYAMACATION”というイベントを実施しています。

THE HOUSEにご宿泊いただいた方には、無料でThe Beetleをお貸し出ししており、中村獅童さんのように、童心に帰った気分で、葉山の街をドライブすることもできます。

また、e-Golfを無料でお貸し出しする「e-Hayamacation」も実施中。話題の電気自動車でのドライブも楽しんで頂けます。

※e-Golfご利用をご希望される場合
e-Hayamacation専用サイト(https://e-hayamacation.jp/)より空き状況をご確認のうえ、
ご予約ください。

今回、THE HOUSE on the beachの無料宿泊を1組2名様にプレゼントいたします。

vw-present_001

vw-present_002

▼THE HOUSE on the beachについて
葉山の唯一無二の景勝地の真名瀬ビーチ。
晴れた日は富士山、裕次郎灯台、神社の鳥居がはっきり見え、また夕陽も美しいロケーションです。
THE HOUSE on the beachはそのビーチの真上に立っている邸宅です。
なんと部屋からビーチに降りれる仕様。
ぜひ、葉山の美しい海を満喫してくださいませ。
https://www.thehouseonthebeachhayama.com/

▼お申し込み条件について
・お申込み期間は2018年6月16日(土)~2018年7月13日(金)となります。
・お申込みにはMy Volkswagen会員登録が必要となります。
・お申込み状況に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
・当選の発表は、キャンペーン終了後、My Volkswagen会員登録情報にございますメールアドレス宛にご連絡させていただきます。

▼プレゼントに関しての諸注意事項
・ご宿泊日は2018年8月30日(木)となります。
・最大宿泊人数は4名までです。
・お子様は未就学児2名まで無料です。
・3名以上は別途お一人様10,800円かかります。
・ペットは小型犬2匹までお連れいただけます。別途5,940円かかります。

ご応募はこちら
(フォルクスワーゲン公式サイトに遷移します)


080507_eac_spec
Volkswagen Golf GTI Dynamic│ゴルフGTI Dynamic
ボディサイズ|全長4,275 × 全幅1,800 × 全高1,470 mm
ホイールベース|2,635 mm
重量|1,380 kg(6段DSG)/ 1,350 kg(6段MT)
エンジン|1,984 cc直列4気筒DOHC インタークーラー付ターボ
最高出力|169 kW (230 ps)/4,700 - 6,200 rpm
最大トルク|350 Nm (35.7 kgm)/1,500 - 4,600 rpm
トランスミッション|6段DSG / 6段MT
駆動方式|FF
燃費(JC08モード)|14.6 km/ℓ(6段DSG)/15.1 km/ℓ(6段MT)
ハンドル|右
タイヤ|R225/40R18
価格|445万9,000円(6段DSG)/435万9,000円(6段MT)
※6段MT仕様は全国限定100台

問い合わせ先

フォルクスワーゲン カスタマーセンター

0120-993-199

Information

首都圏外郭放水路 一般見学会
埼玉県春日部市上金崎720
Tel.048-747-0281
http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa
上記の電話番号またはHPより要予約

Acro+(アクロプラス)
埼玉県さいたま市岩槻区笹久保新田352
Tel. 048-872-7181
http://www.itabashi-shouten.co.jp/rc/

国登録文化財 二木屋
埼玉県さいたま市中央区大戸4-14-2
Tel.048-825-4777
http://www.nikiya.co.jp/

           
Photo Gallery