CAR / FEATURES
2019年6月5日

中村獅童がゴルフR ヴァリアントで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

ゴルフR ヴァリアントの意外性に、男心をくすぐられた

無類のクルマ好きとして知られる歌舞伎役者の中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹を相棒に、Unexpectedをテーマとするショートトリップを楽しむ。今回は、昨年秋にOPENERSで公開した記事の続編。舞台を長野県から四国に移し、クルマをアルテオンからゴルフR ヴァリアントに乗りかえて、Unexpectedな旅を繰り広げた。

記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。

Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geographic TVText by YAMAGUCHI Koichi
衣装協力 GUCCI JAPAN、TOMFORD JAPAN, JOHN SMEDLEY

フォルクスワーゲン車中、最強のパフォーマンス

四国北東部に位置する、徳島県の政治経済、文化の中心都市、徳島市。息白い朝の街角に、端正なデザインの真新しいワゴンがあらわれ、路肩に停車した。

ドライバーズシートにおさまるのは、歌舞伎役者の中村獅童さん。そして、彼がステアリングを握るのは、フォルクスワーゲン「ゴルフR ヴァリアント」。フラッグシップモデルのアルテオンと同じ2リッターTSIエンジンを搭載し、フォルクスワーゲンにおいて最もハイパフォーマンスを誇る「ゴルフR」のワゴン版だ。ちなみに最高出力は、アルテオンの280psを上回る310psを発揮する。

世界トップレベルの安全技術「フォルクスワーゲン オールイン・セーフティ」や、タッチスクリーンに触れることなく画面操作ができるジェスチャーコントロールなど、数々の最新装備も与えられた、もっともハイグレードなゴルフともいえる。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

「お待たせ!」。ほどなくして、トランクを手にした祐真があらわれると、獅童さんはドライバーズシートから降り立ち、笑顔で迎えた。「どうも、久しぶりです。今日はこのゴルフR ヴァリアントで出かけたいと思います」。

昨年秋、獅童さんが祐真を誘い、日本に上陸したばかりのフォルクスワーゲン「アルテオン」で、「Unexpected(予想外、意外)」をテーマとするショートトリップに出かけたのはOPENERSで既報の通り。今回は、舞台を四国に移して、再び意外性に満ちた旅を楽しもうと、獅童さんが祐真に声をかけたのだ。

「スポーティですね」と、ゴルフR ヴァリアントの第一印象を語る祐真。車高が10mm低められ、専用フロント&リアバンパーやリアスポイラーが与えられるなど、細かく観察すれば、控えめながら、確かに特別なモデルであることを主張している。

「フロントグリルがブラックのせいか、顔つきもちょっと男っぽいですね。実際このクルマ、かなり速いらしいです。ワゴンだから、荷物もたくさん積めますし。じゃ、さっそく出発しましょう!」。獅童さんがそう応えると、二人は車内へ。こうして、ゴルフR ヴァリアントを相棒に迎えての新しい旅が幕を開けた。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

二人を乗せたゴルフR ヴァリアントは、徳島市から国道55号線を伝って一路南下。市街地はちょうど朝の通勤時間帯でかなりの交通量だが、獅童さんは非常にリラックスした面持ちでゴルフR ヴァリアントを走らせている。フォルクスワーゲンにおける最強モデルといえども、運転のしやすさや使い勝手は、まさにゴルフそのものなのだ。

渋滞の市街地を抜けると、いつしか道は起伏に富んだワインディングロードへ。左手には、断崖絶壁の美しい海岸線と、雄大な太平洋が広がる。徳島県南部の美波町から牟岐町の海岸沿いを17kmにわたって結ぶ、南阿波サンラインだ。高さ200メートルの絶壁が2kmも連なる、千羽海崖が訪れる者の目を奪う。

「絶景ですね」。陽光を受けてきらきらと輝く太平洋と群青の空を目にして、思わず声を上げる祐真。「素晴らしい眺めですね。では、行きますよ!」と獅童さんが応じる。

市街地でのスローなクルマの流れに、パフォーマンスを持て余していたゴルフR ヴァリアントは、ドゥロロロロというやや低めの心地いいエギゾーストノートを轟かせて、弾かれたかのようにペースを上げていく。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

前述したとおりゴルフR ヴァリアントは、フォルクスワーゲン最強の最高出力310psを絞り出す2リッターTSIエンジンを搭載。さらに、走行状況に応じて常に理想的なトルク配分を行うフルタイム4WDシステム「4モーション」と、変速スピード0.03~0.04秒を誇るダブルクラッチ式トランスミッション7段DSGを備え、ゴルフワゴンのスペースユーティリティや使い勝手はそのままに、スポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮する。同クラスのステーションワゴンを見わたしてもライバルが見当たらない、異色のモデルだ。趣味のギアを満載し、ハイウェイやカントリーロードを駆け抜け、国境の先のリゾートへ。そんなヨーロッパのマチュアな大人たちのニーズに応えるクルマなのだ。

ゴルフR ヴァリアントでは「エコ」「ノーマル」「コンフォート」「カスタム」、そしてゴルフR専用に開発された「レース」という5つの走行モードを、センターコンソールのタッチスクリーンでセレクトできる。例えば「レース」モードを選択すると、ダンパーの減衰力が高められ、エンジンレスポンスがシャープになり、シフトポイントもパワーゾーンを維持するなど、よりスポーティな走りを楽しめるように設定が変更される。獅童さんは、「レース」モードをセレクトし、楽しげにゴルフR ヴァリアントを繰っている。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

獅童 「すごいパワーですね。エンジンの音も刺激的で、こんなにスポーティなクルマだとは思いませんでした」

祐真 「ワゴンなのに走ると速い。とても意外性のあるクルマなんですね。ところで今回は、どこへ行くんですか?」

獅童 「僕、ここ何年か趣味でサーフィンをやっているんです。で、徳島に素敵なサーフボードのファクトリーがあって、今日はそこで板をつくってみようかと思っています。こだわりの1枚を」

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

ゴルフR ヴァリアントの意外性に、男心をくすぐられた (2)

こだわりのサーフボードをオーダーするために徳島へ

獅童さんが今回、サーフボードをオーダーしようと訪ねたのは、1977年に四国で最初のサーフボードマニュファクチャーとして創業した「TSSC」(当時の名称はウィリーウィリーサーフボード)だ。クラフツマンシップ溢れるハイクオリティなボードには定評があり、プロサーファーの愛用者も多い。

徳島県における有数のサーフポイントとして知られる内妻ビーチ。その美しい海辺に面した「TSSC」のショールームに到着すると、オーナーであり、現役のサーファーでもある小野泰司さんが迎えてくれた。店内には、さまざまな形状やサイズ、カラーリングのサーフボードが所狭しと展示されており、二人はまず目を吸い寄せられた。挨拶を済ませ、「僕、板をつくってみたいんです」と獅童さんが告げると、さっそくどういうサーフボードに仕上げるか、熱い論議がはじまった。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

現在、2本のロングサーフボードを愛用していて、今回はちょっと短めのものをつくりたいという獅童さんに、小野さんは「ファットバット」という「TSSC」オリジナルのミニロングボードを勧めた。バットテールと名づけられた、ワイドで山並みを描くようなテールエンドのデザインが個性的だが、全体的なフォルムはゆったりとしていて、どこかオーセンティックな印象だ。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

「このボードは、ロングのようにテイクオフ性に優れていて、動きもスムーズでコントロール性も高い。サイズ的にも取り扱いやすいから、恐らくクルマの車内にも載せられますよ」と、ファットバットの特徴を語る小野さんに獅童さんがうなづく。最終的には、ファットバットのなかでも、獅童さんが好むサーフィンスタイルである、よりゆったりと波に乗れる幅が広いタイプに決めた。

「オーダーしていただけるのでしたら、デザインもお好みで仕上げられます」という小野さんの言葉に、待ってましたとばかりに獅童さんは笑みを浮かべる。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

「屋号の萬屋の家紋があるんですが、いわば僕たち歌舞伎役者にとってトレードマークなので、今回、ぜひサーフボードのデザインに使用したいと思っています」

そういうと、獅童さんは家紋の見本を取り出した。見事な桐蝶が描かれた格式を感じさせる家紋だ。

獅童 「(ボード)のボトム(下部)に入れるのがいいですかね」

小野 「せっかくだから、目立つデッキ(上部)のほうがいいのでは」

獅童 「小さいサイズのものをさりげなくワンポイントで入れるのもいいかもしれない。カラーやグラフィックの見本はありますか?」

小野 「クルマで10分ほどのファクトリーにあるので、後ほど一緒に行っていただいて……」

獅童 「では、いま行きましょう!」

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

ゴルフR ヴァリアントの意外性に、男心をくすぐられた (3)

クラフツマンシップ溢れる職人の神業に息を飲む

ということで、最終的なデザインの検討はファクトリーに場所を移して行うことに。日に焼けた木製の壁が素敵なファクトリーの中に歩を進めると、天井が高く広々としたエントランスに、創業当時からのビンテージボードが並べられている。どことなく漂うピースな雰囲気に、サーファーでなくても居心地の良さが感じられる。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

エントランスから向かって左側のエリアが、実際にサーフボードを製作する工房だ。ウレタンの素材からサーフボードを削り出すシェイプ、色づけ、グラスファイバーで表面を加工するラミネート、最終仕上げのサンディング、といった具合に部屋が区切られており、それぞれ専門のスタッフが製作にあたっている。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

彼らの作業を真剣な表情で観察する二人。「職人のプライドが感じられて、見ていてしびれますね」と祐真がつぶやくと、獅童さんもうなづきながら応える。「僕、小さいころから職人さんへの憧れがあるんですが、プロフェッショナリズムを感じさせる職人さんって、ものすごくかっこいいですね」。

シェイプの部屋では、「ファットバット」の生みの親であるベテランシェイパーの造道卓さんが、新しいボードを削り出していた。

獅童 「何年削っていらっしゃるんですか?」

造道 「もう少しで40年です」

獅童 「40年! 僕が5歳くらいのときから削っていらっしゃるんですね。僕のファットバットもよろしくお願いします」

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

「楽しみだなあ」とつぶやきながら、工房エリアを後にした獅童さんは、小野さん、祐真とともに、再びデザインの検討に。

当初、小さいサイズの家紋をワンポイントとしてデッキに入れようとしていた獅童さんだが、「僕は大きいほうが好きだけどね」という祐真のアドバイスに気持ちが変わり、最大サイズの家紋にすることに。

さらに、ベースとなるカラーとグラフィックは、ちょうどサンプルとして置いてあった、富士山をモチーフとしたホワイトと赤のツートーンのデザインが気に入り、それに倣うことにした。シンプルで、クラシカルなテイストが獅童さんの好みに合ったのだ。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

最後に、獅童さんが選んだサーフボードが車内に積めるのか、オーダーしたものと同サイズのファットバットをゴルフR ヴァリアントの荷室に積んでみる。フルタイム4WDシステム「4モーション」を備える同車だが、ラゲッジルームへの影響はなく、通常で605リッターのキャパシティを確保。さらに後席を倒すと1620リッターに及ぶ広大なフラットスペースが出現する。今回のサーフボードも、なんなく飲み込んだ。

「ああ、よかった。サーフボードって、車内に積み込めると本当に楽なんですよ」と、安堵の表情を浮かべる獅童さん。小野さん、ファクトリーの職人さんたちに挨拶を済ませると、「ちょっと時間が押してしまったので、先を急ぎましょう」と祐真に声をかけ、ゴルフR ヴァリアントの運転席に収まった。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

ゴルフR ヴァリアントの意外性に、男心をくすぐられた (4)

玉ねぎ、トマト、ブロッコリー─農園の野菜を自らの手で収穫

「TSSC」を後にすると、二人は徳島市方面へ戻るように北上。徳島インターチェンジから徳島自動車道に乗ると、獅童さんはゴルフR ヴァリアントのアクセルペダルを深く踏み込んだ。

獅童 「改めてすごい加速ですね。4WDで、足回りもしっかりしているから、スピードを上げてもとても安定している」

祐真 「タイヤが路面に食いついている感じが助手席にも伝わってくる。ところで次はどこへ?」

獅童 「僕、病気をしてから、食生活ががらっと変って、最近は野菜を中心に食べるようにしているんです。それで、おいしい野菜を穫りに行こうと思います」

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

やがてゴルフR ヴァリアントは、鳴門海峡の絶景に架かる大鳴門橋を渡り淡路島へ。太陽が西の空に沈みかけた夕刻、「淡路ファームパーク イングランドの丘」に到着した。ここは、イギリス湖水地方をテーマに、キャンプやバーベキュー、農業体験など、さまざまなアクティビティを楽しめる自然パークだ。年間で25種類ほどの野菜を栽培しており、収穫した野菜は持ち帰ることができる。

淡路島といえば、玉ねぎの産地として知られている。玉ねぎは基本的には春からが旬の野菜だが、ここでは「シャルム」という冬穫れの珍しい品種を栽培している。甘みが強く、葉も長ネギのように食べられるという。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

スタッフのアドバイスに耳を傾けて、土から注意深く小振りの玉ねぎを掘り出す。二人とも、どことなく楽しげだ。「やっぱり、こうやって土に触れるのは気持ちがいいですね」と獅童さん。

ほかにも、ニンジン、ブロッコリー、大根、そしてハウス栽培のトマトと、新鮮な野菜をつぎつぎに収穫していった。

「いま穫った野菜を、これからホテルでサラダに調理していただき、食べましょう!」。獅童さんの提案に、「それはすばらしい! そういえば、お腹も減りましたね」と祐真。二人は、すっかり夜の帳が下りた農園を後にし、本日の宿泊先がある鳴門市へと向かった。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

ゴルフR ヴァリアントの意外性に、男心をくすぐられた (5)

日常から解放される夢のような1日

瀬戸内海に面した国立公園内の高台にたたずむ「ホテル リッジ」が、獅童さんが今回の旅における締めの場所として選んだ宿だ。背後の山も含めると東京ドーム7つ分の広大な敷地に、10室のみのヴィラを構える、非日常感溢れるホテルである。

二人はまず、眼下に鳴門海峡を、眼前に和歌山県と淡路島を望む、絶景のレストラン「カリフォルニアテーブル」へ。シェフが特別に、収穫したばかりの野菜をサラダにしてくれたのだ。自ら穫った新鮮な野菜を、それらを育んだ土地の奇跡的な美さを堪能しながら、シェフ特性のバーニャカウダソースでいただくぜいたく。Unexpectedな旅の締めくくりにふさわしい時間といえるだろう。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

獅童 「今日は、ありがとうございました。日常から解放される夢のような1日でしたね」

祐真 「いや、楽しかった。ありがとう」

獅童 「サーフボードの仕上がりも楽しみで…」

祐真 「僕にとっても、サーフィンは永遠の憧れなんで、いい時間でした」

獅童 「基本的に、僕は仕事場が劇場で、朝から晩まで室内にいるから、たまに時間ができると、今日のように土に触れるとか、海に行って波に乗りたくなるんですよ」

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

アペリティフのカリフォルニアワインとともに、サラダを味わい尽くした二人は、ディナーの場所となるホテル敷地内の料亭「万里荘」へ。宮大工の匠の手になる、数寄屋造りの気品ある空間でいただくのは、これまた本格的な懐石料理だ。河豚のお造り、足赤海老と煽り烏賊の酒盗焼き、そして阿波牛を用いた強肴など、地元の食材を中心とした格調高き膳に舌鼓を打つ二人。極上の料理で空腹が満たされると、いつしか話題はゴルフR ヴァリアントに。

高い利便性を備えたワゴンにもかかわらず、走りはまさにスポーツカーそのもの。その意外性に驚かされたと祐真が語ると、納得したかのようにふかくうなづく獅童さん。「まさに、今回のようなUnexpected(予想外、意外)な旅にはおあつらえ向きなクルマなのかもしれませんね。いかにも速いクルマに乗っているという感じではないのに、パフォーマンスはずば抜けている。確かに男心をくすぐられました」。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

これは、ある意味でファットバットにも通じる魅力なのかもしれない、と獅童さんは付け加えた。基本的にはオーセンティックなフォルムでありながら、個性的なテールデザインなど新しい価値を創造しようというシェイパーの英知が注ぎ込まれた結果、フォルムの印象とは異なる高いコントロール性が実現された、希有なサーフボードだからだ。

獅童 「次はどこに行きましょうか」

祐真 「ロンドンからネス湖を目指すのは?」

獅童 「僕はラスベガスからロサンゼルスへツーリングしたいんです」

祐真 「南仏あたりも楽しいですよ」

獅童 「ドイツのアウトバーンでスピードを楽しむのもいいかもしれない」

更けていく夜とは裏腹に、二人の会話はますます盛り上りを見せる。こうして、新しい旅への期待が高まっていくのも、今日1日を共にしたゴルフR ヴァリアントが、Unexpectedなドライブにふさわしい、エキサイティングなクルマだったからに違いない。


このショートプログラムは、ナショナル ジオグラフィックにて放送されたものです。
NATIONAL GEOGRAPHIC


TSSC FatBat サーフボード 中村獅童スペシャルモデルを1名様にプレゼント!

s_fatbat2018_02

▼お申し込み条件について
・お申込み期間は2018年1月26日(金)~2018年2月25日(日)となります。
・お申込みにはMy Volkswagen会員登録が必要となります。
・お申込み状況に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
・当選の発表は、キャンペーン終了後、My Volkswagen会員登録情報にございますメールアドレス宛にご連絡させていただきます。
※プレゼントのボードに関しては、中村獅童スペシャルモデルのグラフィックは同様ですが、本編中に登場する屋号の家紋は入りませんので予めご了承ください。画像は完成予定イメージです。製作上、仕様変更の場合がありますので、予めご了承ください。

ご応募はこちら
(フォルクスワーゲン公式サイトに遷移します)


080507_eac_spec
Volkswagen Golf R Variant│フォルクスワーゲン ゴルフ R ヴァリアント
ボディサイズ|全長4,595 × 全幅1,800 × 全高1,465 mm
ホイールベース|2,635 mm
重量|1,570kg
エンジン|1,984 cc直列4気筒DOHC
最高出力|228 kW (310 ps)/5,500 - 6,500 rpm
最大トルク|400 Nm (40.8 kgm)/2,000 - 5,400 rpm
トランスミッション|7段DSG
駆動方式|フルタイム4WD(4MOTION)
燃費(JC08モード)|13.0 km/ℓ
ハンドル|右
タイヤ|R225/40R18
価格|575万9,000円

問い合わせ先

フォルクスワーゲン カスタマーセンター

0120-993-199

Information

TSSC SHOWROOM
徳島県海部郡牟岐町内妻白木121-11
Tel.0884-72-1981
https://tsscsurf.com

淡路島ファームパーク イングランドの丘
兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
Tel.0799-43-2626
http://www.england-hill.com

鳴門パークヒルズ ホテル リッジ
徳島県鳴門市瀬戸町大島田字中山1-1
Tel.088-688-1212
http://hotel-ridge.co.jp

カリフォルニアテーブル
Tel.088-688-0212
※カリフォルニアテーブルは宿泊客以外の方も利用可能


           
Photo Gallery