AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲのいまと未来

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲのいまと未来

WATCH&JEWELRY

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲ

ブランド戦略のキーマン、ティム・セイラー氏に訊く

オーデマ ピゲのいまと未来

1875年の創業以来、スイス時計界のトップに君臨しつづける名門時計ブランド「オーデマ ピゲ」。世界規模で拡大する高級時計人気のなかで、彼らが考える次のヴィジョンとは何か。そして今後、どのような魅力あるアイテムを私たちに届けてくれるのか。東京・銀座にあたらしく誕生したブティックのオープンに合わせ来日した、同社のチーフ・マーケティング・オフィサーのティム・セイラー氏に新ブティックのコンセプト、さらに「オーデマ ピゲ」のいまと未来を聞いた。

Text by SHIBUYA YasuhitoPhotographs by ABE Masaya

スポーツモデルからクラシックモデルまで

去る5月16日、まったく新しいコンセプトで、銀座の直営ブティックを移転リニューアルオープンした「オーデマ ピゲ」。複雑時計でスイス時計界のトップに君臨し、2012年に誕生40周年を迎えたラグジュアリースポーツウォッチの元祖にして傑作『ロイヤル オーク』は、時計に魅せられた多くの人々を、いまなお虜にする。1875年創業のこの名門への注目はここ数年、男女を問わずさらに高まるばかりだ。

全世界でさらに拡大する高級時計人気の中、「オーデマ ピゲ」はいま、何を考えているのか。これからどんな魅力的な製品を私たちに届けてくれるのか。この機会に来日した、製品開発からマーケティング戦略、さらにミュージアムの収蔵品管理までを担当するチーフ・マーケティング・オフィサーのティム・セイラー氏に、新ブティックのコンセプト、さらに「オーデマ ピゲ」のいまと未来を聞いた。

去る5月16日、新コンセプトでオープンした銀座の直営ブティック

ル・ブラッシュの空気を銀座でも

「この銀座ブティックは世界で展開する、新コンセプトを採り入れた5番目の直営ブティックです。そのコンセプトとは、1875年の創業以来ずっと時計作りを続けてきたジュウ渓谷のル・ブラッシュ。時計作りを育んだその静謐な空間、マニュファクチュールの雰囲気を感じて頂くことにあります。

そのためにフロアにスイスから運んだ石材を床に、エントランスのハンドルにオーク材を使うなど、内装の素材にもこだわっています。このブティックに足を踏み入れたお客様がたとえ一瞬でもル・ブラッシュの空気を感じて頂けたらうれしい限りです」

チーフ・マーケティング・オフィサーのティム・セイラー氏

その言葉通り、ナチュラルカラーを基調にした156平米のブティックの中は、ここが銀座であることを忘れてしまう、静かでゆっくりした時間が流れている。直営ブティックだけに、商品の品揃えが充実している上に、過去の歴史的な製品も鑑賞することができる。

「オーデマ ピゲは歴史のあるオート・オルロジュリーのメゾンですが、良き伝統を守る一方で、常に時代の先を行く挑戦的なブランドでもあります。そんな、モダンとクラシックの緊張関係も、オーデマ ピゲというブランドの本質であり原動力です。このブティックのデザインも、クラシックな要素とコンテンポラリーな要素から構成されています」