BMW 8シリーズにディーゼルモデルを追加|BMW

BMW 8シリーズにディーゼルモデルを追加|BMW

CAR NEWS

BMW 840d xDrive|BMW 840d xドライブ
BMW 840d xDrive Cabriolet|BMW 840d xドライブ カブリオレ

BMW 8シリーズにディーゼルモデルを追加

ビー・エム・ダブリューは5月20日(月)、フラッグシップクーペ「8シリーズ」に初のディーゼルエンジンモデルを投入。「840d xDrive」と「840d xDrive カブリオレ」を追加し、販売を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

低速用と高速用のシーケンシャル ツインターボを搭載

昨年、約20年ぶりに復活したBMWの最上級ラグジュアリーモデル「8シリーズ」。これまでは4.4リッターV8ツインターボのガソリンエンジンのみの設定だったが、新たに初のディーゼルエンジン モデルが加えられた。

ディーゼルエンジンは3.0リッター直列6気筒で、最高出力235kW(319ps)、最大トルク680Nmを発生。可変翼を採用した低速用ターボと高速用ターボをともに搭載することで、低速回転から大きなトルクを発生できるという。

またBMWの四輪駆動「xDrive」を搭載。走行中の路面状況や四輪すべての駆動状態を常に検知し、車両速度やステアリング操作に対して前後トルク配分を最適化することで、高速域でのクルージングやコーナリング時の安定化に寄与するという。

さらに、クーペ、カブリオレともにMスポーツクーペを設定。より鮮烈でアグレッシブな印象となるMテクニック スポーツ パッケージが与えられ、「20インチ Mライトアロイホイール Yスポーク スタイル 728Mジェットブラック&パフォーマンスタイヤ」や19インチの大径Mスポーツブレーキ、Mリアスポイラーなどが装着される。

そして、2019年夏以降には、これらのモデルに「ハンズオフ機能付き 渋滞運転支援機能」も搭載。高速道路での渋滞時に、ドライバーの運転負荷を軽減し、安全をサポートする。このほかにも、高性能3眼カメラや高性能プロセッサー、レーダーにより精度と正確性が向上したというアクティブ クルーズコントロールやレーンチェンジ ウォーニング(車線変更警告システム)などの運転支援システムが標準装備された。

価格は、クーペが1,237万円でMスポーツが1,360万円。カブリオレは1,334万円、Mスポーツは1,443万円となる。

080507_eac_spec
BMW 840d xDrive|BMW 840d xドライブ
ボディサイズ|全長 4,855 × 全幅 1,900 × 全高 1,340 mm
ホイールベース|2,820 mm
車両総重量|2,100 kg
エンジン|2,992cc 直列6気筒ディーゼル
最高出力|235kW(319 ps)/4,400 rpm
最大トルク|680 Nm/1,750-2,250 rpm
駆動方式|4WD
価格|1,237万円 (Mスポーツ)1,360万円

BMW 840d xDrive Cabriolet|BMW 840d xドライブ カブリオレ
ボディサイズ|全長 4,855 × 全幅 1,900 × 全高 1,340 mm
ホイールベース|2,820 mm
車両総重量|2,230 kg
エンジン|2,992cc 直列6気筒ディーゼル
最高出力|235 kW(319 ps)/4,400 rpm
最大トルク|680 Nm/1,750-2,250 rpm
駆動方式|4WD
価格|1,334万円 (Mスポーツ)1,443万円

問い合わせ先

BMWカスタマー・インタラクション・センター

0120-269-437(平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00)