アウディが自動運転シティカー「AI:ME」を発表|Audi

アウディがで自動運転シティカー「AI:ME」を発表|Audi

CAR NEWS

Audi AI:ME|アウディAI:ME

自動運転シティカー「AI:ME」を発表

アウディは4月15日、「上海モーターショー2019」で、未来の大都市で走行可能なレベル4の自動運転コンパクトモデル「AI:ME」を発表した。AI:MEの名称は、人工知能やマシンラーニング(機械学習)分野である「AI」と、ユーザーである「ME」を結びつける意味を表現しているという。

Text by HARA Akira

レベル4の自動運転が行えるコンパクトEV

アウディ「AI:ME」のボディサイズは、全長は4.30×全幅1.90×全高1.52メートルとコンパクト。エクステリアは、アウディの電気自動車の象徴である、六角形のシングルフレームグリルの上下を反転させたフロントフェイスや、観音開きの大きなサイドドア、四隅の23インチ大径ホイールが特徴。リアアクスルに搭載する電気駆動ユニットと2.77メートルのロングホイールベース、短いオーバーハング、センタートンネルなしの構造により、広々とした室内空間を確保したという。

乗員はセパレートタイプのフロントシートによる2人乗りが基本で、プラスαの空間を使った収納スペースや、リアのベンチシートを利用した4人乗りとするなどの多用途性が実現されているという。

市街地走行用に設計されたアウディAI:MEは、運転の自動化程度を示す5段階のうち上から2つ目である“レベル4”のオートパイロット機能を備え、高速道路や都市部の特別な設備が施された地域など特定のエリアを走行する際は、ドライバーは完全に運転操作をシステムに委ねることができる。

一方クルマがその条件を離れるとドライバーは運転の責任を引き受ける必要がある。そのため、2017年に発表したアウディ「AIcon」が完全自動運転の“レベル5”の機能を搭載するのに対し、AI:MEは従来のステアリングホイールやペダル類を備えている。

また、将来的には、インフラが整備された交通エリアを他の道路ユーザーとともに自動走行するため、クルマの使い方が根本的に変わり、車内で過ごす時間がより価値あるものに変わるという。

クルマは家庭と職場に次ぐ「第3の生活の場」となることを想定し、インテリアにはさまざまな工夫がなされている。例えば走行中の車内でリラックスして食事を楽しむための食器を保持するマグネット、ペダルを踏む必要のない足をのせるダッシュボード下のサポート、クルマと乗員のコミュニケーションを行うフロントウインドウ下の車幅全体にわたる3次元マルチファンクションOLEDモニターによるアイトラッキング、音声入力、ドアレールに設置されたタッチパッドなどだ。

さらにインフォテインメントシステムの映像を出力する標準装備のVRゴーグルを使用して、インターネットの閲覧や映画、対戦ゲームが楽しめる。高品質なオーディオを聴くため周囲の交通環境から隔離するアクティブ ノイズ コントロール機能も装備した。