NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクションがリリース中|NIKE

NIKE| NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクションがリリース中

FASHION NEWS

NIKE|ナイキ

UNDERCOVERの創立者である高橋盾氏とコラボレーションした
ランニングギアアイテム

「NIKELAB GYAKUSOU コレクション」から、新作アイテムがリリースされている。ジッパーを開いて形状を変えられる「NIKELAB GYAKUSOU トランスフォーム ジャケット」や、通気性に秀でた「NIKELAB GYAKUSOU ライトウェイト ジャケット」など注目アイテムが揃う。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

洗練されたスタイルをもつ、機能的なアイテムが揃う

ランニングにはさまざまな楽しみ方がある。速く走る人、長く走る人、その両方で走る人。タイムを目指して時間と戦う人もいれば、他のランナーと競う人、自分自身と戦う人もいる。開けた道を一人で走る時間を楽しむ人もいれば、仲間と自然の中を走る時間を楽しむ人もいる。ランニングは人に元気を与えてくれる一方で、心の落ち着きも与えてくれる。

UNDERCOVERの創立者である高橋盾氏も、ランニング好きなひとりだ。彼にとってランニングは心を解放し、リフレッシュすることができる時間であり、自身のメンタルやフィジカル状況を整える活動だという。

高橋氏とNIKEのコラボレーションによって生まれたランニングギア「NIKELAB GYAKUSOU コレクション」は、登場してから10年近く、常に街の景色にも馴染む高機能なギアを生み出してきた。

コレクションについて高橋氏は、意図的に自然を感じさせる色(アースカラー)を取り入れ、自分の美に対する感覚とナイキの持つ機能性を融合させることが重要である、とコメントしている。

今回の NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクションでも、高橋氏のスタイルとナイキの最新技術の融合が垣間見える。収納しやすくデザインされたガーメントや、体の部位ごとに適した機能性が発揮できるように作られたプロダクトなど、高いパフォーマンスが発揮できるアイテムが取り揃う。

「NIKELAB GYAKUSOU トランスフォーム ジャケット」はその名が示す通り、前身頃のジッパーを開き、ジャケットの上部をポケットに入れて形を変化させることができる機構を備えている。雨風からランナーを守る軽量な布帛素材のアウターに独特の色とグラフィックが用いられており、汗を肌から吸うようにベースには柔らかい Dri-Fit 素材が採用された。

「NIKELAB GYAKUSOU ライトウェイト ジャケット」には、体温分布図を用いて適切な部位にレーザーで空気穴を開けることで、通気性が高められている。ランニング中の体温調節がしやすい設計だ。

また、メンズ タイツとウイメンズ ショーツは、科学的知識(筋肉の振動の分布)を元にした編み地の構成で、素材の継ぎ目も減らし、必要な部位にしっかりと着圧がかかるようになっている。そのほか、アパレルアイテムに合わせて自然に馴染む色合いのナイキ ヴェイパーフライ 4%とナイキ ペガサス ターボも展開される。

本コレクションは、ナイキ原宿、NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、一部NIKELAB 販売店などでリリース中だ。

NIKELAB GYAKUSOU トランスフォーム ジャケット
価格|3万5640円

NIKELAB GYAKUSOU ライトウェイト ジャケット
価格|1万8900円

NIKELAB GYAKUSOU ヘリックス タイツ
価格|1万6740円

NIKELAB GYAKUSOUヴェイパーフライ 4%
価格|3万240円

NIKELAB GYAKUSOUズーム ペガサス 35 ターボ
価格|2万1600円

問い合わせ先

NIKE カスタマーサービス

0120-6453-77

https://www.nike.com/jp/launch/