中村獅童がティグアンTDIで繰り広げるunexpectedな旅|Volkswagen

中村獅童がティグアンTDIで繰り広げるunexpectedな旅|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen Tiguan TDI 4 Motion R-Line|フォルクスワーゲン ティグアン TDI 4 モーション Rライン

フォルクスワーゲンは懐が深い(3)

高速道路での加速の素晴らしさに感銘

こうして、すっかりロック少年に戻ってしまった獅童さん、再びティグアンTDIのシートに腰を下ろして一路、湾岸線を西へ向かう。

「いやー、ああいう職人さんの温もりやコンセプトに触れられて、やっぱり面白かったですね。次は、サーフィン仲間に会いに行こうと思います。このシリーズで以前、徳島へ行った時にサーフボードを作ったじゃないですか。そのボードがようやく完成したので、友達にお披露目に行こうかな、と。彼にはオーダーする時に相談にのってもらったので、どんな反応するか、楽しみですね」

楽しげな想像とちょっとした期待感。ティグアンTDIのシンプルなインテリアは、そんな気分に寄り添うように、走行中の車内に落ち着きをもたらす。

Volkswagen
Volkswagen

「元より僕がシンプル好みのところもありますが、最近はごちゃごちゃと余計なものがついているクルマが多いじゃないですか。でも、ティグアンのインテリアは色使いもブラック基調で高級感を感じるし、居心地がいいですね。

あと、このデジタルメーター。ナビゲーション画面とは別に、メーターエリアにも地図が映し出されるから、目線の動きが少なくていいです。加えてヘッドアップディスプレイっていうんでしょうか、このクルマはボタンを押すと走行スピードもフロントウィンドウに映してくれます。

目線を外さなくても色々な情報が出てくるのは、例えばタイヤの空気圧とか、長距離を走るときに重宝します。安全性に関わることですし、ドライバーや乗っている人に対する配慮というか 安全に目的地に運んでくれるという安心感につながるから、とてもいい考え方だと感じます」

Volkswagen
Volkswagen

落ち着いて走りたい時は、落ち着きと安心感を醸しつつ、少しドライブ気分を味わいたいときは、ドライブモードを切り替えればガラリと雰囲気が変わる。高速道路の上で、スポーツモードに切り替えて感覚の違いを試してみる。

「加速が気持ちいいですね。足回りもカチッとスポーツモードらしく締まった印象です。この辺りは芝居が終わった後に気分転換に、ドライブコースとして夜に来るんですよ。工場地帯で、昼間もいいけど夜の景色もまたよくて。鎌倉に帰る時は海沿いが気持ちいいから、よくひとつ手前のインターで降りていました。海に来るとやはり気分が変わりますね。子どもの頃は、東京からこっちへ来るとほら、歌舞伎の舞台に出たりする白塗りの世界からだから、お前は白いなーなんて、こっちの男の子らにいわれるけど、帰る頃には真っ黒になっている」

Page 4.サーフィンボードも積める

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタ […]

NAKAMURA Shido