Web Magazine
インターン・MD募集中rumors.jp
OPENERS
About Site Map Mail Magazine RSS twitter.com/OPENERS_jp www.facebook.com/OPENERS.jp
FASHION/ファッション情報WOMENCAR/自動車情報WATCH & JEWELRYDESIGNLOUNGESHIFT JAPAN!BLOG
New PRODUCTS
2009.08.21

明かりが癒し、光が救う──

震災体験から生まれた明かりのデザイン「eneloop lamp」

 
モダンデザインの照明と緊急時の懐中電灯。この2つのプロダクツが一緒にくくられることは、ましてやおなじモノとして扱われたこともそうないだろう。このたび新しいコンセプトのもと、素晴らしいランプ「eneloop lamp」が誕生した。

文=佐俣桂記

発売に先立ち、リビング・モティーフで店頭展示と予約を受付中

「eneloop lamp」の一輪挿しのフォルム。これには意味がある。

通常時は、テーブルやフロアランプとしてホワイトランプを点灯させ、ベッドサイドではブルーランプに切り替えてヒーリングランプとして使い分けを楽しむことが可能。違和感なくインテリアランプとして活躍する。

ところが、もし地震が起こったときなどは「eneloop lamp」のノーズ部分を持ち、上に向けると底面のフラッシュライトが点灯。インテリアライトから懐中電灯へと一変する。このふたつの機能を満たすカタチを追求した結果、行き着いたのがこのフォルムなのだ。







最大の特徴であるフラッシュライトは、本体が90度以上傾くと自動点灯し、災害時など転倒したときも自動点灯するため、緊急時にいち早く光の確保が可能。万一、ホワイトランプやブルーランプが消灯した後も、光量を弱めて予備電力で約20分間点灯することができる。
電力は充電してくり返し使える単3形充電池「eneloop」を2個使用。充電スタンドに置いておけば電池切れの心配もない。

9月11日(金)の発売予定に先立ち、リビング・モティーフでは現在、店頭展示・予約受付を開始。実際に手に触れて「eneloop lamp」のコンセプトを実感したい。



エネループランプ
サイズ|Φ12.1×H22.1cm、本体280g
電源|ニッケル水素電池単3形エネループ・2個使用
充電時間|約12時間
連続点灯時間|
ホワイトモード 強:約3時間、弱:約45時間
ブルーモード 連続:約12時間、明滅:約16時間
フラッシュライトモード 約6時間
価格│1万4800円

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 
 
 
 
LINK/関連リンク
 
PROFILE/プロフィール
 
New PRODUCTS|新製品情報
 

 
 



RECOMMENDED/おすすめ



 
 



上へ戻る    
> 震災体験から生まれた明かりのデザイン「eneloop lamp」