<Experimental Creations 参加デザイナー>
村越淳
千葉大学工学部工業意匠学科ならびに同大学院修了、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート、デザインプロダクト科修了後、takramとの新製品開発に従事。千葉大学大学院工学研究科特任研究員、同大学国際教育センター特任助教を経て、2014年よりi.labプロダクトデザイナーならびに東京大学知の構造化センター特任研究員(i.schoolプログラム・マネージャー)。欧州、日本を中心に受賞・展示多数。

工藤健太郎
2004年桑沢デザイン研究所卒業後、ブティックなどアパレル系のインテリアデザイン、オフィスやショールームなど、さまざまなプロジェクトを担当。現在は商業空間、オフィスなどの空間デザインをメインに活動し、プロダクトデザインもおこなう。Milano SaloneSatelite、TENT LONDONなど、出展多数。

福定良佑
金沢美術工芸大学デザイン科プロダクトデザイン専攻を卒業後、シャープ株式会社にプロダクトデザイナーとして勤務。退社後イタリアに渡り、ミラノのドムスアカデミーにてインテリアデザインコースの修士号を取得。2008年から2012年までミラノのスタジオウルキオラにてプロダクトデザイナーとして従事。日本へ帰国、2012年京都にてデザインスタジオを設立。

秋山かおり(STUDIO BYCOLOR)
色がひとに与える影響を追求し、素材や加工との関係性を効果的に用い、ブランディング全般から商品開発をおこなう。千葉大学工学部デザイン工学科卒業、オフィス家具メーカー勤務を経て、2013年STUDIO BYCOLOR設立。グッドデザイン賞、1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON賞など受賞多数。

tsukasa goto
1981年東京出身。名古屋造形芸術大学を卒業後、ミラノへ渡り、2007年から現在までDavid ChipperfieldArchitects Milanに在籍。2013年、tsukasagotoとして活動をスタートさせ、2013年と2014年、ミラノサローネにて作品を発表。クライアントにOFFICINANOVE, Elements Optimal Denmark社など。

kamina&C
モノはモノ以外の何物でもありません。しかしそのモノに触れることによって、思わずほほ笑んだり、癒されたり、ときには涙を流したりする。つまり、心を揺さぶり、あらたな感情や行動を起こさせる、そんな何かのキッカケとなるモノづくりを心がけている。Milano SaloneSateliteなど、出展多数。

小宮山洋
あたらしい体験や価値を生み出すことを目的に、製品開発を数多くおこなっている。多摩美術大学卒業後、建築事務所を経て、メーカーにてプロダクトデザイナーとして活動。2009年にNYにてdanto yoh設立。2011年に東京・上海にてYOH KOMIYAMA DESIGN 設立。MUJI AWARD GOLD PRIZE、GOOD DESIGN AWARDなど受賞多数。

BOUNCE
プロダクトデザイン/ディレクションを中心に活動する吉岡佑二と大谷真佑によるデザインユニット。2013年設立。Experimental Creations 2013 Re-jute projectとして麻の再利用プロジェクトの研究発表をおこなう。2013年アイリス生活用品デザインコンクール優秀賞、2014年AGC旭硝子化学強化特殊ガラスデザインコンペ優秀賞。

Experimental Creations
http://experimental-creations.com/