ABOUT
YANAGIMOTO Kouichi

幼少のころ、植草甚一に影響を受けジャズと古本に目覚め、その後小学校1年生のときに発売された『Made in USA cartalog』でアメリカ文化の虜に。 そのころから古着と家具などを集めはじめる。その後、現在に至るまでアートからガジェットまで多くの分野にわたり収集。収集したものを独自の視点で再編集し現代の社会背景にあった新しい解釈で世の中に送りだすのが目的。したがって自身はコレクターではなく、どちらかというとDJ的感覚だという。 10年ほどの会社員時代を経て2002年、豊富な知識と会社員時代に培ったマーケティングなどで出版や展覧会のプロデュース、企業コンサルなどをおこなう『Glyph.』を始動、その代表として活動している。国内外の雑誌の監修や連載も多数。 最近ではショップのコンセプトディレクションや、デザインオークション『コネクト』のビジュアルディレクターとして参加している。

KAKUDA Yota

デザイナー 仙台生まれ。 2003年渡英し、安積 伸&朋子やロス・ラブグローブの事務所で経験を積む。 2007年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)デザインプロダクト学科を文化庁・新進芸術家海外留学制度の奨学生として修了。 2008年に帰国後、無印良品のプロダクトデザイナーを経て、2011年自らのデザインスタジオ、YOTA KAKUDA DESIGNを設立。 国内外のクライアントをもち、さまざまな分野のデザインを手がける。 YOTA KAKUDA DESIGNhttp://www.yotakakuda.com/