ABOUT
TAKAHASHI Hiroko

アーティスト/株式会社ヒロコレッジ 代表取締役 1977年生まれ。東京藝術大学で染織を学び、同大学大学院修士課程修了後、アパレル企業にてデザイナーとして勤務。その後、同大学大学院博士課程に再入学。2005年フランス外務省AFAAの招きにより、PARIS CITE INTERNATIONALE DES ARTSにて活動。パリでの個展開催などを経て帰国の後、2006年に株式会社ヒロコレッジを設立。 2007年には、ミス・ユニバース日本代表のナショナルコスチュームを担当。また、同年8月、21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン内)にて開催されたサマープログラム「落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW」に参加し、演者のひとりである柳家花緑師匠の衣裳を手がける。 2008年3月、同大学大学院博士課程を修了。博士号(美術)を取得。 円と直線のみで表現される図柄を特徴とし、身近に存在する固定観念を覆し、思いを巡らせるきっかけ生み出すことをコンセプトに活動。着物にあらたな視点で向き合うためのポートレート作品や、暮らしの身近なものづくりをとおして、日常への向き合い方を再考するきっかけを生み出すべく、実験と検証を重ねるプロジェクト「HIROCOLEDGE」など、ジャンルの垣根を越えた幅広い表現活動をおこなっている。 TAKAHASHI HIROKO http://www.takahashihiroko.com/

MIC*ITAYA

ビジュアルアーティスト 水戸市出身、3月生まれの牡羊座。東京の祐天寺に「星のアトリエ」を構え、画家とデザイナーの顔をもつルネッサンス人。美と愛と平和のメッセージを星の煌めきや天使たちとともに送りつづけるフューチャーロマンティックなアーティスト。多摩美術大学在学中にファッションデザイナー、イラストレーターとしてのキャリアをスタート、エキセントリックなメンバー3人とバンド「ZAZOU」、さらに渋谷センター街にデザインスタジオ「TABOU」を設立、ファッションと音楽のフィールドを中心にグラフィックデザイナーとしてデビュー。アートとデザインの最先端をサウンドとビジュアルでパッケージしたカセットテープ付きマガジン「TRA」のアートディレクターとして世界から注目される。架空の王国をモチーフにファッション、グッズ、アートの作品群を発表、移動するブティック「STELLAFINE」のアートとデザインを融合したファンタジックなアプローチは話題となった。作品集「PRESENT RED、BLUE」2冊の発表を機に、展覧会や画集の出版など、アーティスト活動にも力を注ぎ、エレガントでありアバンギャルド、シンプルかつ艶やかな日本の心を内包した作品を創りあげている。*