Web Magazine
インターン・MD募集中rumors.jp
OPENERS
About Site Map Mail Magazine RSS twitter.com/OPENERS_jp www.facebook.com/OPENERS.jp
FASHION/ファッション情報WOMENCAR/自動車情報WATCH & JEWELRYDESIGNLOUNGESHIFT JAPAN!BLOG

2009.10.30

日本初の「STEVEN ALAN(スティーブン アラン)」のショップ・イン・ショップ開催中

デザイナー スティーブン アラン インタビュー

 
ニューヨークの「スティーブン アラン」ショップの雰囲気をビューティ&ユース流に解釈して、ビューティ&ユース 渋谷キャットストリート店で11月3日(火・祝)まで開催中の「STEVEN ALAN in BEAUTY&YOUTH STORE」。
来日したデザイナー スティーブン アラン氏にお話をうかがった。

文=オウプナーズ
写真=原恵美子

1968年というキーワードのなかに見える、当時の若者のスピリット

──今シーズンの「STEVEN ALAN」のテーマを教えてください。

2009-10年秋冬コレクションは、1960年代のアメリカやカナダの反骨精神をもった若者たちをイメージしました。 今季のテーマの話をしていたときに、デザインチームのひとりが「父親の大学のイヤーブックを持っている」という話になって、そのオハイオ州の大学の卒業年鑑に書いてあるメッセージがとても参考になりました。当時の若者たちが考えていたことがそれを読んでよく理解できたんです。



──どういう点に惹かれたんですか?

大学のイヤーブックのほかに、68年に公開されたイギリス映画の『If..もしも』からもインスピレーションを受けたのですが、当時はベトナム戦争があったり、マーティン・ルーサー・キングやケネディ大統領が暗殺されたり、フランスでは五月革命があったり、政治的にも経済的にもとても混乱していました。 ある意味、2009年のいまと状況は似ているんです。そういう社会背景のなかで、当時の若者たちはとてもアクティブに行動している。そんな点に強く惹かれましたね。

──スティーブンさんには、いまの若者はどう映っていますか?

いまの若者たちもパワフルだと思いますよ。ただ、いまはインターネットが世界的に普及したことで、たとえばブログのように影響力のあるものが変わってきているので、それを“どう使うのか気を使わないといけない時代”になっていると思いますね。

──ネットは使いますか?

もちろん。Twitter(ツイッター)も使うし、自社のECサイトなどもよくチェックしますよ。




服をつくってみたら、まず着てみるというポリシーから生まれた“パーフェクトシャツ”

──「STEVEN ALAN」といえば、“パーフェクト=完璧”が代名詞になっていて、とくにシャツは“パーフェクトシャツ”として有名ですね。

服をつくるときのアイデアは、デザインを考える前に、まず生地を見たときに思いついたものをつくってみて、それで足りないと思ったらなにかを考えてつけくわえてみます。だから、普通のファッションデザイナーのように紙にデザインを書いたりはしません。

──「STEVEN ALAN」のシャツは、第一ボタンがTWISTED(ひねり)されて、それで第一ボタンを開いたときに左右対称に見えるのが特徴ですね。

これは、縫製工場に指示を出したら全然ちがう仕様でサンプルができてきて、でも僕は一回つくったら着てみるのがポリシーなので、実際に着てみたら「とてもいいね!」と採用しました。いわばアクシデントから生まれたディテールです。

──なるほど。

でも“完璧”を目指すために、毎シーズン手をくわえていて、“ムードをもっている”シャツを仕上げることを目標としています。

──スティーブンさんは、正真正銘のネイティブニューヨーカーですが、いまのニューヨークはいかがですか?

ニューヨークはもちろん大好き。なんでもできる、可能性のある街なので、飽きられないようにしないと……とはいつも思っています。日本も大好きですよ。

──日本のどこに興味がありますか?

日本のカルチャー全般が好きです。日本食もおいしいし、最近は陶器とかホームセンターに興味がありますね。日本は発見が多いですよ。

──ユナイテッドアローズの印象についてひとこと。

ユナイテッドアローズも大好きです。1999年からの取り引きで、最初に興味をもってくれたのがユナイテッドアローズでした。いまでも良い関係だし、僕にとって大切ですね。

──ありがとうございました。

STEVEN ALAN│デザイナー スティーブン アラン インタビュー


Steven Alan|スティーブン アラン

Steven Alanはキュレーターとして活躍後、自らが求める「完璧なシャツ」を見つけられなかったことから1999年にブランドをスタート。 選び抜かれた高級素材とフィット感にフォーカスを当てられ、かすかなデザインがほどこされ、それぞれに個性が与えられたコレクションを展開。 2008年アメリカファッションデザイナー協議会(CFDA)「ベスト・ニュー・メンズウェアデザイナー・イン・アメリカ」賞ファイナリストにノミネートされるなど注目を集める。

STEVEN ALAN│デザイナー スティーブン アラン インタビュー
ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ
渋谷キャットストリート店

東京都渋谷区神宮前5-17-9 1F
Tel. 03-5468-3916

http://www.united-arrows.co.jp/shop/bsc.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 
 
 
ANACHRONORM|ドクター・ロマネリとの新コラボ“The ARC”プロジェクト
ANACHRONORM|ドクター・ロマネリとの新コラボ“The ARC”プロジェクト
特集|オン/オフで楽しむ男のクラッチバッグ
特集|オン/オフで楽しむ男のクラッチバッグ
Giuseppe Zanotti Design|ブランド20周年記念コレクションを発表したザノッティ氏にインタビュー
Giuseppe Zanotti Design|ブランド20周年記念コレクションを発表したザノッティ氏にインタビュー
 
PICK UP
MUSIC|「協和発酵キリン」による音楽プロジェクト『10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE』
MUSIC|「協和発酵キリン」による音楽プロジェクト『10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE』
特集|2014-15年秋冬 メンズニットウェア最前線
特集|2014-15年秋冬 メンズニットウェア最前線
Panasonic|可変空間パッケージ「SLIDING HOUSE」リポート
Panasonic|可変空間パッケージ「SLIDING HOUSE」リポート
 
LINK/関連リンク
 
 
 

 
 



RECOMMENDED/おすすめ



 
 



上へ戻る    
> スティーブ・アラン│デザイナー スティーブン アラン インタビュー