MASUDA Hiroaki 増田啓晃

福岡県出身。1996年、シューズブランド『CAUSE』をスタート。靴製法の様々なテクニックを単に主張するに終わらせず、的確に駆使し、靴の分野に新たな定義を確立させた。以来、国内外の老舗シューズファクトリーを使い、上質なマテリアル、機能的であるためのディーテール、日本人の木型に合った履き心地を追求しファンを拡大し続けている。
現在では、STUSSY、paulsmith、SOPHNETなどの様々なブランドとのコラボレーションも手がける一方で、デザイン企画やイベントプロデュースなど多方面で活躍中。また2004年からレザーブランド『CRAM』も展開中。

ARCHIVE