Web Magazine
インターン・MD募集中rumors.jp
OPENERS
About Site Map Mail Magazine RSS twitter.com/OPENERS_jp www.facebook.com/OPENERS.jp
FASHION/ファッション情報WOMENCAR/自動車情報WATCH & JEWELRYDESIGNLOUNGESHIFT JAPAN!BLOG

Audi A3 Sedan|アウディ A3 セダン AUDI|アウディ
2013.03.28

Audi A3 Sedan|アウディ A3 セダン

アウディ 最小のサルーン登場

アウディはA3ファミリーで第3のボディタイプとなる「A3 セダン」を設定し、ニューヨーク 国際 オートショーで発表した。アウディのサルーンではもっともコンパクトなモデルとなる。
 
Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)
 

ハッチバックとはことなるディテール

「アウディ A3 セダン」は、名前のとおり、ハッチバックボディの「A3」を、オーセンティックな3ボックスの4ドアセダンとして仕立てたモデル。ボディサイズは全長4,460×全幅1,800×全高1,420 mmで、「A3スポーツバック」とくらべて11mm広く、9mm低い。軽量を謳う重量は、1.4TFSIエンジン搭載モデルで1,250kg。トランク容量は425リットルとなり、オプションでトランクスルー機構を用意するという。

外観上は、ボディサイドの“トルネードライン”とよばれるキャラクターラインや、ボンネットのカーブがハッチバックモデルとは若干ことなり、全体的に、2011年のコンセプトモデルに近い、シャープな意匠となっているのが見て取れる。トランクリッドの後端が小さく反りあがって、スポイラーを構成しているのは、A4など、アウディのほかのセダンと同様だ。
 


 
エンジンは、ドイツおよび欧州に向けて、3種類の4気筒エンジンが用意される。どのエンジンもアウディの環境対応のための最新技術、燃料直接噴射、ターボチャージャー、熱管理システム、スタートストップシステム(アイドリングストップ)を装備する。

最高出力100kW(150ps)、最大トルク320Nmを発揮する、2.0TDIは、0-100km/h加速を8.7秒でこなし、最高速度は220km/h。燃費は4.1ℓ/100km(おそよ24.4km/ℓ)、CO2排出量はディーゼルエンジンらしく107g/kmと低い。

主力となる1.4TFSIは、ターボチャージャー付きの1.4リッター直列4気筒ガソリンエンジンで、最高出力103kW(140ps)、最大トルク250Nmを発揮。COD(Cylinder On Demand)と呼ばれる機能を搭載しており、エンジンの負荷が低いときには、2つのシリンダーを休止することで、さらなる高効率化をはたす。そのため、燃費はわずか4.7ℓ/100km(およそ21.3km/ℓ)、CO2排出量は109g/kmだ。いっぽうで、0-100km/h加速が8.4秒、最高速度は217km/hという運動性能をほこる。

もっともパワフルな1.8TFSIエンジンの最高出力は132kW(180ps)、最大トルクは250Nm。このエンジンには、燃焼室とインテークマニホールドの両方に燃料を噴射できる、デュアルインジェクションを採用し、スポーティな走りを実現しているという。0-100km/h加速は7.3秒、最高速度は235km/hという動力性能をもち、燃費は5.6ℓ/100km(およそ17.9km/ℓ)、CO2排出量は129g/kmとされる。

これらのエンジンに組みあわされるトランスミッションは、6段マニュアルか、デュアルクラッチである“Sトロニック”。Sトロニックの場合には、オプションでハンドル裏にパドルを設定することも可能だ。
 


 
車両の重量配分は、前60:後40。ボンネット下のエンジンは、12度後方に傾いて設置される。フロントサスペンションはマクファーソン式、リアは4リンク式。Sラインなどのスポーティラインには、25mmローダウンするスポーツサスペンションがおごられる。また、電子制御スタビリティプログラム(ESP)には、電子式ディファレンシャルロックも内包。これは、高速でコーナリング中に、内輪にわずかにブレーキをかけることで、アンダーステアを最小限におさえ、トラクションを向上させる機能だ。

上級グレードになると、150km/hまで前車を追従可能なアダプティブクルーズコントロールがオプションで設定され、さらにその上のパッケージオプションでは、200km/hまで、この範囲が拡大するという。この場合、トランスミッションがSトロニックであれば、渋滞など低速時の自動停止と再発進もサポートされる。

また、「アウディ プリセンス ベーシック」もオプション設定。これは、アダプティブクルーズコントロールのシステムを利用して、車両周辺の状況を監視し、30km/h以下で走行中に、衝突が回避できないと判断すると、自動的に最大のブレーキ効率でフルブレーキングをおこなうというものだ。また、万一衝突してもブレーキをかけつづけることにより、コントロールが難しい状態の車両をいちはやく停止させ、二次衝突を防ぐ。このほか、運転席ニーエアバッグや、レーダーによるレーンキープなどの安全装備もそなわる。

A3、A3スポーツバックとおなじく、インフォテイメントには、MIB(モジュラー インフォテイメント システム)を導入。最上級のものは、7インチディスプレイにMMIナビゲーション、64GBのSSDストレージ、DVDドライブ、音声認識コントロールが装備される。MMIのコントローラボタンは、押す、ダイヤルを回すのほかに、ボタンの表面がタッチパッドになっており、指でなぞることで機能の呼び出しや数字の入力ができる。

A3セダンは、ドイツおよび欧州で、今夏のデリバリー開始を予定。金額は、1.4TFSIエンジンを搭載した車両で、2万5,000ユーロからと設定される。

また、アウディは、このA3セダンの発表にあわせて、ハイパフォーマンス版「S3セダン」も予告した。
 
 
 
 
EXCLUSIVE AUTO COLLECTION TOP OPENERS CAR TOP
アウディA3にセダン登場 フォトギャラリーへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 
 
 
アウディが提案する新型SUV「TTオフロードコンセプト」|Audi
アウディが提案する新型SUV「TTオフロードコンセプト」|Audi
赤のアクセントとカーボンをあしらった特別なRS7|Audi
赤のアクセントとカーボンをあしらった特別なRS7|Audi
アウディのコンパクトSUVコンセプト|Audi
アウディのコンパクトSUVコンセプト|Audi
 
PICK UP
2代目トゥアレグがマイナーチェンジ|Volkswagen
2代目トゥアレグがマイナーチェンジ|Volkswagen
AMGが手がけるA 250 SPORTの4WD版、日本上陸|Mercedes-Benz
AMGが手がけるA 250 SPORTの4WD版、日本上陸|Mercedes-Benz
新コンパクトSUV、Lexus NXがワールドプレミア|Lexus
新コンパクトSUV、Lexus NXがワールドプレミア|Lexus
 
LINK/関連リンク
 
 



RECOMMENDED/おすすめ



 
 



上へ戻る    
> アウディA3にセダン登場|Audi