SINN ジン

1961年、ヘルムート・ジンにより、ドイツ・フランクフルトで創業。パイロット・ウォッチをはじめとする、極めてタフな時計づくりで知られる。

創業者のヘルムート自身が若くしてパイロットとなり、第二次世界大戦をドイツ空軍の戦闘機乗りとして戦い、勲章を得た経歴を持っている。過酷な条件下で操縦かんを握った経験から、実戦でも使える本物のパイロット・ウォッチの必要性を痛感したのだという。

“パイロットに必要な時計とは計測機器である。わたしは時計を作っているのではなく、計測機器、特殊時計を作っているのだ”とは、ヘルムートの弁である。

1994年からは、IWCのエンジニアだったローター・シュミットが経営を継承し、ヘルムートの意志を受け継ぎながら、さらに究極の実用性を追求した“計測機器”づくりを推進する。

すべてのモデルがドイツ工業規格(DIN)に基づき製造されているジン。近年は脱進機の耐久性を高める技術「ディアパル」や、セラミックと同じ硬度を誇る「テギメント」加工など、新技術や新素材の開発にも力を入れている。

【創業年】1961年
【創業地】ドイツ・フランクフルト
【主なシリーズ名】103、U、6000、Uボート
【問い合わせ先】ホッタ Tel. 03-6226-4715

ARCHIVE