NOMOS ノモス

1906年にドイツ時計界の聖地、ザクセン州グラスヒュッテに創業したノモス。第二次世界大戦以降の混迷の時代には、その歴史が一時途絶えるも、ベルリンの壁崩壊後の1992年には、ローランド・シュバルトナーの手によって、再び時計界に返り咲く。

「機能が形態を作る」というバウハウスの哲学を色濃く反映させた、機能美あふれるデザイン。さらには4分の3プレートをはじめとする、グラスヒュッテ地方特有のスタイルを継承した機械式ムーブメントなど、シンプルだが非常に見所の多い佳作を手掛け続ける。

小慣れた価格設定も魅力で、機械式時計の入門機としても最適。このようなオリジナリティあふれる優れた造り込みが功を奏し、復興からわずか数年たらずで、注目のブランドへと成長するのだった。

2005年には、念願の自社製自動巻きムーブメントを開発。巻き上げ効率の高い自動巻システムを築き上げており、これは識者からの評価もきわめて高い。

ただし、こうした着実な進化を続ける一方、良心的な価格帯は厳守している。2007年には日時計をモチーフにしたアクセサリーも発表しているが、これがなかなかの好評を得ているようだ。

【創業年】1906年
【創業地】ドイツ、グラスヒュッテ
【主なシリーズ名】タンジェント、タンゴマット、ルードヴィッヒ、オリオン、テトラ、クラブ
【問い合わせ先】大沢商会グループ 時計部 03-5775-3932

公式サイト:http://www.glashuette.com/

ARCHIVE