HAMILTON ハミルトン

1892年にアメリカで創業し、初期に手掛けた高精度の懐中時計により、鉄道時計ブランドとして絶大なる信頼を獲得。20世紀に入ってからも、同社の信頼性の高さが航空界に伝わり、1918年にはアメリカ発の航空便飛行の公式計時に採用され、’26年には初の北極上空のフライト成功にも同行。いわば、18世紀からアメリカの躍進を影で支えてきた、老舗ブランドである。

その後も意欲的な時計開発を続けたハミルトンは、1957年、ユニークな三角型ケースを特徴とする初の電池式腕時計「ベンチュラ」を発表。’70年代には世界初の発光ダイオード(LED)式デジタルウォッチ「パルサー」の開発にも成功し、電子時計の分野でも高い技術力を示している。映画「2001年宇宙の旅」(’68年公開)では、小道具として実際に使用される腕時計の製作も担当しており、この逸話がハミルトンの先進性をよく物語っている。

現在はスウォッチ グループの傘下となり、スイスにて時計を製造。フィールド、ネイビー、パイロットなど多彩なジャンルが揃うタフウォッチ「カーキ」、古き良きアメリカを表現したドレス系の「アメリカン クラシック」や「ジャズマスター」など、多数の秀作を発表し続けている。

【創業年】1892年
【創業地】アメリカ、ペンシルバニア州ランカスター
【主なシリーズ名】カーキ、ベンチュラ、ジャズマスター
【問い合わせ先】ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371

国内サイト:http://www.hamiltonwatch.jp/

ARCHIVE