CORUM コルム

100年以上の歴史をもつ時計ブランドが多数存在するスイスにおいて、コルムの創業は1955年と、比較的後発組に属している。しかし、その若さを活かした斬新なアイデアにより、独創的なものづくりを行ってきたブランドだ。

創業間もない1957年には、筒状のケースにムーブメントをおさめ、ベルトが時計内部を貫いた「ゴールデンチューブ」を発表。1964年には、本物の金貨をスライスし、そのなかに小型ムーブメントを仕込んだコインウォッチを発表している。これらの個性的な時計により、コルムの時計界におけるポジションは早くから確立されていった。

その後も、純金のインゴットを文字盤に使用した「インゴット・ウォッチ」。初めてムーブメントの輪列を縦1本に配列し、クリスタルケースの内部におさめた「ゴールデンブリッジ」。文字盤に隕石を使用した「メテオライト」など、次々とアヴァンギャルドな作品を発表し続けてきた。

2000年には、グッチの時計部門に携わってきたサヴァリン・ワンダーマン氏がCEOに就任。10mm以上の厚さをもつサファイアクリスタル風防を備えた「バブル」を発表し、時計界に大きな衝撃を与えた。同モデルは、文字盤に配されるユニークなデザインも特徴で、ほぼ毎年発表される記念モデルはコレクターズアイテムとしも人気が高い。

なお、コルムのシンボルは「鍵」のマークであり、それは「完全な時への鍵(Key to Perfect Time)」を象徴しているという。

【創業年】1955年
【創業地】スイス・ラ・ショー・ド・フォン
【主なシリーズ名】アドミラルズカップ、バブル
【問い合わせ先】コルムジャパン Tel. 03-6435-9240

公式サイト:http://www.corumwatches.jp

ARCHIVE