CITIZEN シチズン

第一次世界大戦が終結した1918年。シチズンの前身、尚工舎(しょうこうしゃ)が設立されたのは、ちょうどその年のことである。

尚工舎は、スイスから工作機械や専門書を購入し、時計部品の製造技術を習得。設立から6年後の1924年、記念すべき第1号の懐中時計「CITIZEN」を完成させた。それからさらに6年後の1930年に、尚工舎を母体にシチズン時計が誕生している。

日中戦争、第二次世界大戦を経て、1956年、国産初の耐衝撃装置付き腕時計パラショックを発表する。その耐衝撃性を実証するため、30m上空のヘリコプターから公開落下実験を行うなど、PRの仕方も斬新であった。

そして1970年代、シチズン初のクォーツ時計の発売を機に、同社は大きく変貌していく。デジタル式腕時計や、世界初のアラーム付きデジタル時計、太陽電池充電式時計と、エレクトロニクスに根差した新技術を次々と発表していく。1996年には、わずかな光でも発電可能な「エコ・ドライブ」を開発し、エコマーク商品の認定も授与される。

2006年には、「パーフェックス」というJIS規格耐磁1種、衝撃検知、針補正の3機能(パーフェックス)を備えた電波時計用の新型ムーブメントを開発。さらに、「カンパノラ」シリーズに限り、店頭で時計をセミカスタマイズができる世界初のサービスをスタート。文字盤、針、ベルトなどを、店頭で見比べながらパソコンでシミュレーションすることが可能で、その組み合わせは1万通りを超えるという。

シチズンとは市民の意。あまねく市民のための時計作りを信条としている同社の製品は、今や世界レベルに浸透している。

【創業年】1930年
【創業地】日本、東京都西東京市
【主なシリーズ名】カンパノラ、エクシード、アテッサ
【問い合わせ先】シチズンお客様時計相談室 free15 0120-78-4807

公式サイト: http://citizen.jp

ARCHIVE