CHRONOSWISS クロノスイス

スイス時計界がクォーツ式時計の台頭によって低迷していた1983年、かつてホイヤー社でも辣腕をふるった時計師のゲルト・R・ラングが、機械式時計の素晴らしさを再び世界に伝えるべく、ドイツに自身のブランドを設立。

彼はミュンヘンに本拠を構えながらも機械式時計の発展を支え続けてきたスイスの時計職人に対するオマージュの意を込め、ブランド名に「スイス」を冠し、名称をクロノスイスとした。

クロノスイスの腕時計は、新旧を問わず常にスイス製の高品質ムーブメントを採用している。比較的新しいムーブメントには独自の改良を施し、ヴィンテージムーブであればとことんブラッシュアップして、徹底的なクオリティコントロールを図る。

また、外装デザインにもこだわりを持ち、菊型リューズやコインエッジベゼルなど、クラシカルな意匠がほぼすべてのコレクションに採用されている。そのため全体的にコンサバティブなイメージを持つが、ギミック感の強い時計が多い現況にあっては、逆に新鮮味を与える魅惑的な仕上がりとなっている。

さらに中3針やクロノグラフはもちろん、トゥールビヨンやミニッツリピーターなどの複雑系も数多く製作。なかでも06年に発表された、同社初の永久カレンダーウォッチ「エターナル・カレンダー」は、創業者が1985年に考案してから約20年の歳月を経て完成させたという、こだわりの逸品。クロノスイスらしいエピソードである。

【創業年】1983年
【創業地】ドイツ、ミュンヘン
【主なシリーズ名】レギュレーター、タイムマスター、クロノスコープ

ARCHIVE