BREGUET ブレゲ

トゥールビヨンやリング式ミニッツリピーターなどの複雑機構を開発し、現在も「時計の歴史を200年早めた」と謳われる希代の天才時計師、アブラアン-ルイ・ブレゲ。彼が1775年にフランス・パリで工房を構えたことから、ブレゲ・ブランドの歴史は始まる。

1823年、創業者の死後は経営権が幾度か移行するが、1970年にショーメ社が経営権を獲得すると、同社は「ブレゲの再来」と賞賛されるダニエル・ロートの協力によって、往年の名作時計の修復プロジェクトを成し遂げる。

こうしてクォーツ時計全盛の時代にして、名門ブレゲを復興させるに至ったのである。

1999年、スウォッチ グループに経営権が移行すると、永久カレンダーやトゥールビヨンなどのコンプリケーションを中心に、より高品質なハイエンド機を立て続けに発表。

ここ数年は、かつてブレゲが考案した衝撃吸収装置「パラシュート」を現代版にモディファイしたヒストリカルモデルを製作する一方、将来の標準素材として注目されるシリコンを、いち早くムーブメントの一部に採用した次世代機を発表している。まさしく天才時計師の名にふさわしい、新旧織り交ぜた多彩な展開を見せている。

【創業年】1775年
【創業地】フランス、パリ
【主なシリーズ名】クラシック、トラディション、マリーン、タイプ トェンティ、クイーン・オブ・ネイプルズ、ヘリテージ
【問い合わせ先】ブレゲ ブティック銀座 Tel. 03-6254-7211

公式サイト:http://www.breguet.com/

ARCHIVE