BAUME & MERCIER ボーム&メルシエ

18世紀後半から、スイス・ジュラ山脈で時計関係の仕事に従事していたボーム家により、1830年に設立。以来、その歴史を一度も閉ざすことなく継続し続け、世界で6番目の古参ブランドとしてスイス時計界を支え続ける名門である。

創業当初は宝飾時計で好評を博す一方、クロノグラフを自社開発するなど優れた技術力を発揮。19世紀半ばに各国で開かれた万国博覧会では、5つの金メダルを含む数多くの賞も獲得した。

1920年には創業者一族のウィリアム・ボームと芸術をこよなく愛するビジネスマン、ポール・メルシエとの出会いをきっかけに現社名「ボーム&メルシエ」に改称。

新たなパートナーの参加によって業績を着実に伸ばしながら、’50年にはバングルタイプ・ブレスレットウォッチの先駆「マルキーズ」を発表し、’71年にはチューニング・ホーク(音叉)式のクォーツ時計を開発するなど、デザイン・メカニズムの両面における技術革新に取り組む。

現在は、明確なコンセプトに合わせた新作コレクションを意欲的に発表。伝統的なデザインにモダンエッセンスを巧みに取り入れたラウンドタイプの「クラシマ エグゼクティブ」やレクタンギュラータイプの「ハンプトン」を中心に、男性、女性を問わず幅広い支持を集めている。

また、「リビエラ」をはじめとするスポーツコレクションにも、精悍な表情にエレガンスを取り入れた、ボーム&メルシエならではのユニセックスな風合いが活かされている。

【創業年】1830年
【創業地】スイス、ジュネーブ
【主なシリーズ名】クラシマ エグゼクティブ、ハンプトン、リビエラ、ディアマント


【問い合わせ先】ボーム&メルシエ Tel. 03-3288-6335

公式サイト:http://www.baume-et-mercier.jp/

ARCHIVE