ARFLEX アルフレックス

1951年、世界的に有名なイタリアのゴムメーカー ピレリー社とデザイナー マルコ・ザヌーゾ、そして、アルフレックスとの共同開発によって1脚のチェア「LADY」が誕生しました。 同年「LADY」は、イタリアを代表する世界規模の美術デザイン展『トリエンナーレ』で金賞を受賞。成型ゴムと伸縮性のあるエラスティック・ゴムベルトを家具に使用した画期的な新技術は、かつてない自由で美しいフォルムと座り心地のよいソファを生み出し、デザイン界に大きな影響を与えたのです。

そんな、イタリア・モダンデザイン創生の旗手とも言えるアルフレックス イタリアに魅了されたのが、アルフレックス ジャパン創立者で現代表の保科正です。単身ミラノに渡った保科は、家具作りのノウハウにくわえ人生を愛するイタリア人から「豊かな暮らし」の概念を体得し、1969年にアルフレックス ジャパンを設立しました。

イタリアで発表された後、日本で初めてカバーリングシステムを編み出しイタリアへの逆輸入を実現したモデル「MARENCO」などにも見られるように、アルフレックス ジャパンは、日本独自の斬新な発想と技術開発によって、今なお家具の機能性と付加価値を高めつづけています。

現在取り扱うメーカーは、どれもがデザインや商品特性が他とは一線を画す独自性をもち、インテリア業界において、確固たる地位を確立しています。個性あふれる家具・インテリアアイテムを、ブランドの枠を超えて自由にコーディネートすることで実現する幅広い提案も、広く支持されている理由のひとつです。

ARCHIVE