ALPINA アルピナ

もともとスポーティかつプレミアムなクルマとして評価の高いBMW車を、独自の技術でその魅力を飛躍的に高めているのが、ドイツのいち自動車メーカーであるALPINA(アルピナ)だ。
創始者であり、現在もCEOを務めるブルカルト・ボーフェンジーペンは、事務機メーカーの「アルピナ」社を営むルドルフ・ボーフェンジーペンの息子として1936年に誕生。同社ではタイプライターなどを手がけていたが、ブルカルトの興味はクルマに向けられ、1961年に「BMW1500」のエンジンチューニングを手がけたのを皮切りにその世界に足を踏み入れ、開発を本格化。そして、1965年にはアルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペン社を立ち上げている。これが自動車メーカー・アルピナのはじまりである。

アルピナはチューニングパーツの開発に加えて、その技術を活かすべくツーリングカーレースに参戦、モータースポーツの世界でもその名を高めることになるが、1977年にはレース活動にピリオドを打ち、自動車メーカーへの転身をはかる。
翌1978年には自らの名を掲げた3つのモデルを開発。そのひとつである「BMW ALPINA B6 2.8」は、当時4気筒エンジンしかなかったBMW3シリーズに6気筒エンジンを搭載して圧倒的なパフォーマンスを見せつけた。

その後も「BMW ALPINA B10 Bi-Turbo」や「BMW ALPINA ROADSTER V8」といった名車を世に送り出しているが、ベースとなるモデルをはるかに上回るパフォーマンスと逸出したハンドリングを与えながら、洗練された乗り心地や上質なインテリアを備えるクルマづくりは、アルピナの哲学として、いまも受け継がれている。

ARCHIVE