戸田恵子|「B・G brand」新作ミニトート&ポーチ登場!(後編)

戸田恵子|「B・G brand」新作ミニトート&ポーチ登場!(後編)

Happy? Half Century

K-CO×GOのコンビがつくる、デイリーに使いやすいアイテム

「B・G brand」 新作ミニトート&ポーチ登場!

「B・G brand」のプロデューサー&デザイナーであるK-CO×GOのコンビによる新作 “シックロックTシャツ”にくわえて、ミニトートとポーチが登場。黒地に金箔のオシャレ感度抜群のアイテムです!

Text by OPENERSPhoto by OMORI Sunao(TABLE ROCK)

rumors|通販サイトへ

ミニトートとポーチのアイデアは、すべて姉さんです!

「最初はミニトートを考えたんですが、ポーチもお揃いであるとテンションが上がるでしょ!」というプロデューサーのK-COこと戸田さん。デザイン担当のGOこと植木さんは「女性へのプレゼントにどうぞ!」と太鼓判です。

──ミニトートとポーチも新作ですね。

植木 これはもう姉さんのリクエストですね。

戸田 ミニトートはいまでは雑誌の付録についていますが、あえて挑戦です! 自分が持ちたいロックテイストのトートをつくりたくて、サンプルもたくさん見ました。黒ベースで、今回のテーマの“BG0207”を入れて、箔押しにこだわりました。金にするかシルバーにするかで悩みましたけど。

植木 金の箔押しで正解でしたね。

戸田 金箔は豪くんのアイデアだったんですが、つくってみて“いい!”って思いました。

──トートのサイズはどう決めたのですか?

戸田 会社に勤めているOLさんとか、ランチに出かけるときにこれぐらいのサイズのトートが定番なんですよね。あと、バッグ・イン・バッグに使ったり。

植木 僕にはその感覚はわかりません(笑)。大きさとか用途とか、今回はすべて姉さんに決めてもらいました。

戸田 このミニトートは意外にゆとりがあるので、見た目以上にモノが入るんですよ。私も撮影現場で、台本とペットボトルを入れて、ポーチにはリップや目薬を入れて持ち歩いています。

植木 ポーチは僕も常備薬などを入れて持っています。

戸田 自分たちで生地からしっかり選んでいるし、ポーチは中もナイロン製の生地を使っているので、汚れても扱いやすいです。

植木 男性は、女性へのプレゼントにどうぞ!

toda0701_02_327_02
toda0701_02_327_03

ライブは、いまを伝えられるスペシャルな場所

──カジュアルライブのお話のつづきですが、植木さんからみたライブの特徴は?

植木 ようしゃべるライブですよ(笑)。よう歌って、ようしゃべる(笑)。普通のライブとはちがいますね。テレビのワンマンショーみたいな感じ? 変わった(笑)ライブですよ。

戸田 それが私らしいライブなんですよ(笑)。

カジュアルライブより

植木 “演じていない戸田恵子”が見られる場所としてはおもしろい。ライブならではですね。

戸田 ライブはほんと独特ですよね。豪くんとつくった『Again ~and again~』という曲はこのところアンコールの定番になっているんですが、歌いこんでいくとじんわり浸透していく力があって、オリジナル曲はおもしろいなと今回のライブで思いました。また一緒に曲をつくりたいね。

植木 ライブが終わるともうつぎのこと考えてますからね(笑)。

戸田 ライブはとても贅たくな空間。限定されたスペースと限定された人数で気持ちを込めてお客さまに向かっていく自分発信であって、自分とも向き合うので半分は自分のためなんです。歌いたいとか、伝えたいとか、いまを伝えられるスペシャルな場所なんです。

植木 そういう意味でも、ライブのひとつの目玉の“メドレー”は聴いていておもしろい。演歌あり、アニソンあり、昭和の歌ありで、はじめて聴いたひとでも絶対楽しめます。僕のヒップホップもふくめれば、ひとつのライブでこんなにいろんな種類の音楽と触れ合えるものはないんじゃないかな?

戸田 お客さまに元気になって帰っていただきたいという思いがベースにあるんですが、カジュアルライブは私という人間をトータルに表現しているんでしょうね。

植木 そういう意味でも姉さんは自己プロデュース能力が高い。

戸田 いま、東京のライブ限定なんですが、ギターの弾き語りも挑戦しているんですよ。ちょっとは上達したよね?

植木 ぜんぜんいけますよ!

カジュアルライブより

戸田 これからもいろんな歌を歌って、話に感動してもらったり、泣きもあり、笑いもありで(笑)。

植木 姉さんのいい意味で媚びていないのも大事。ジャンルレスのいい歌を素直に歌ってください!

──戸田恵子|「B・G brand」新作ミニトート&ポーチ登場!(前編)はこちら

081003_rumors

<INFORMATION>
今の私をカバンにつめて
東京公演|2010年9月25日(土)~10月11日(月・祝)
会場|青山円形劇場
大阪公演|2010年10月15日(金)~19日(火)
会場|大阪ビジネスパーク円形ホール
翻訳・上演台本|三谷幸喜
出演|戸田恵子
入絵加奈子・麻生かほ里・植木 豪(Pani Crew)
石黒 賢

東京公演
前売り開始|2010年7月25日(日) AM10:00~
チケット料金|7500円(全席指定/税込)
チケットにかんするお問い合わせ
サンライズプロモーション東京
Tel. 0570-00-3337(10:00~19:00)

大阪公演
前売り開始|2010年7月25日(日) AM10:00~
チケット料金|7800円(全席指定/税込)
チケットにかんするお問い合わせ
キョードーインフォメーション
Tel. 06-7732-8888(10:00~19:00)

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の […]