戸田恵子|「B・G brand」新作Tシャツ登場!(前編)

戸田恵子|「B・G brand」新作Tシャツ登場!(前編)

Happy? Half Century

戸田恵子|K-CO×GOのコンビが挑む、あたらしいデザイン

「B・G brand」 新作Tシャツ登場!

お待たせしました! 「B・G brand」のプロデューサー&デザイナーであるK-CO×GOのコンビによる新作が登場。まず今回は、“シックロックTシャツ”と名づけられたTシャツのこだわりを紹介します!

Text by OPENERSPhoto by OMORI Sunao(TABLE ROCK)

rumors|通販サイトへ

あえて秋冬にも着こなせる落ち着いたグレーを選びました

今回「B・G brand」から登場する“シックロックTシャツ”は、「これまで“攻めてる”デザインがつづいたので、ちょっとシックに」と、プロデューサー K-COこと戸田恵子さん。デザイナー GOこと植木 豪さんは「思った以上の仕上がりです!」とご満悦。

──新作Tシャツのコンセプトを教えてください。

戸田 これまで派手なアイテムをつくってきたので、キラキラさせながらもちょっとシックで、場所を選ばず、幅広い年齢の方に着ていただきたいなと企画しました。

──胸の「BG0207」の意味は?

植木 Bはアルファベットの2番目で、Gは7番目。最初は、「B・G brand」を2007年からはじめたということもあって「2007」にしていたんですが、数字をシャッフルしたら「0207」、ふたつのアルファベットの並び順と一致して、これはと思い「BG0207」にしたんです。

戸田 そうね。それにラインストーンを飾りたかったんです。それと、私たちのテーマでもある“Show must go on”もくわえました。あと、ポイントがほしかったので、私たちが“プチナイトスカル”と呼んでいる騎士モチーフをポップな色で飾りました。

植木 テーマが“シック”ロックなので、さりげなくワンポイントで入れました。

戸田 今回は、普通なら黒と白の2色にするところを、あえて黒とチャコールグレーにしました。秋冬でもインナーに使えるようにシックなグレーを選びました。素材はいつも通りとてもしっかりした生地で、ネックも洗濯を重ねても伸びないのが好みなので、ぜひ着てみてください。私の友人は2007年のTシャツをいまでも愛用してくれているんですよ。

植木 グレーに黒プリントはやったことがなかったんですが、おもしろい仕上がりになりましたね。大人っぽくジャケットやベストを上に着たり、ストールを巻いたりして着こなしてください。ロンTとの組み合わせももちろんOKです。

戸田 合わせやすいですよ、ほんとに。Tシャツは何枚あってもいいアイテムなので、ぜひお気に入りにくわえてください。

toda0701_327_02
toda0701_327_04

“土地柄にあわせてライブを楽しんでもらおう”という意気込み

──6月のカジュアルライブ、お疲れさまでした。

戸田 東京のスイートベイジルでは5回目を数えて、定番になってきましたね。去年から名古屋ブルーノートもはじまって、今年は東名阪のプチライブツアーを敢行しました。カジュアルライブは回を重ねるたびに、より自分が自分らしくあるためのスペースだという意識が出てきて、与えられた台詞や歌を発する場とはまったくちがうフリーなスペースであり、自分の言葉で、自分で選曲した歌で、自分を発信する場所なんだという自覚があります。

──それはお客さまにも伝わってきていますね。

戸田 前回ぐらいから“等身大の私を見てもらう場所”だなと思えてきて、弟分である豪くんのサポートも回を重ねるごとに1番ふさわしいひとを選んだなと思えたり。うれしいことに毎回あたらしいお客さまが多いことにも驚いていて、年齢層も本当に幅広いんです。

カジュアルライブより

植木 80歳代のひともいるよね。

戸田 そういう年配の方が豪くんの迫力あるダンスを見てびっくりしたり。いろんなものを見ていただきたいし、挑戦したいと思っています。

植木 回を重ねるたびにリハーサルもスムーズになってきて、見えているものが一緒なんだというのが実感できますね。

戸田 それは「B・G brand」でもそうなんです。意思の疎通がスムーズになってきましたね。

植木 信頼されているぶんすごく考えますよ。

──植木さんは今回のカジュアルライブで感じたことはありますか?

植木 姉さんの“土地柄にあわせてライブを楽しんでもらおう”という意気込みは選曲からも感じますね。自分も楽しみながらお客さまのことを考えているのが会場で伝わってきて、袖から勉強させていただいています(笑)。

戸田 今回は、中京テレビの番組『幸せの黄色い仔犬』の企画で青木さやかさんのために、地元名古屋の3人組ボーカルユニット ソナーポケットと一緒につくった『世界一のママ』を歌ったり、季節柄、雨のメドレーをつくったり、自分の楽しみも盛り込みながら構成しました。そうそう、豪くんの持ち歌を歌ったときに歌詞をまちがえたんですが、そのときの対応がたくましいんですよ!

植木 あれはおもしろかったですね。歌っていて、1番と2番の歌詞をまちがえたんですが……。

カジュアルライブより

戸田 私が1番の歌詞をまちがえたのに気づいて2番をどうしようかと思っていた矢先に、豪くんが「2番はこうしましょう」ってすかさず指示してくれたんです。いつもは私のほうが人生経験は豊富だし、私が引っ張っているという自負があるんですが、あのときは「頼りになるな」って(笑)。「あ、かっこいいな」ってはじめて思いました(笑)。

植木 カジュアルライブは僕も楽しいですね。普段やらないコーラスをやったり。

戸田 女優とヒップホップダンサーをしているひとがこういうことをしていますっていう“化学反応”を楽しんでいただけたらと思います。豪くんのファンが私のやっていることに興味をもってくれるひとが多くて、「私は植木さんのファンなんですが……」というお手紙もよくいただきます。ライブでは、“姉弟ほのぼの暴露トーク”というコーナーが定番化しつつあるんですが、毎回おもしろくなってきています。ライブではできることがたくさんあるので、終わってからもよく話し合いますね。

──では、後編では新作のバッグをご紹介ください。

戸田恵子|「B・G brand」新作ミニトート&ポーチ登場!(後編)はこちら!

081003_rumors

<INFORMATION>

今の私をカバンにつめて
東京公演|2010年9月25日(土)~10月11日(月・祝)
会場|青山円形劇場
大阪公演|2010年10月15日(金)~19日(火)
会場|大阪ビジネスパーク円形ホール
翻訳・上演台本|三谷幸喜
出演|戸田恵子
入絵加奈子、麻生かほ里、植木 豪(Pani Crew)
石黒 賢

東京公演
前売り開始|2010年7月25日(日) AM10:00~
チケット料金|7500円(全席指定/税込)
チケット窓口|サンライズプロモーション東京
Tel. 0570-00-3337(10:00~19:00)

大阪公演
前売り開始|2010年7月25日(日) 10:00~
チケット料金|7800円(全席指定/税込)
チケット窓口|キョードーインフォメーション
Tel. 06-7732-8888(10:00~19:00)

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。