7人乗りも選べるプレミアムSUV、ディスカバリー スポーツに試乗|Land Rover

7人乗りも選べるプレミアムSUV、ディスカバリー スポーツに試乗|Land Rover

CAR IMPRESSION

Land Rover Discovery Sport|ランドローバー ディスカバリー スポーツ

7人乗りも選べるプレミアムSUV

ディスカバリー スポーツに試乗

レンジローバーを筆頭に「ディフェンダー」、そして「ディスカバリー」と3つのブランドにラインナップを明確化しようとしているのが、英国が誇る老舗4WDメーカー、ランドローバーの最新戦略。日本で発売を開始した「ディスカバリー スポーツ」は、プレミアム4WDマーケットに老舗の存在感を見せつける、その戦略を強化するために生まれた重要なエントリーモデルである。

Text by SAKURAI KenichiPhotographs by TSUKAHARA Takaaki

ランドローバーが持つ3つのブランド

2014年のニューヨーク モーターショーで「ディスカバリー ビジョン コンセプト」として登場し、おなじ2014年9月に開催されたパリ モーターショーで生産モデルが一般公開されたランドローバーのニューモデル、「ディスカバリー スポーツ」。このブランニューモデルは、ランドローバーのブランドの未来を占う上で重要な1台だといえるだろう。現在ランドローバーは3つのブランドにラインナップを集約し、それぞれのキャラクターを鮮明に打ち出すブランド再構築戦略に着手している。

その3つのブランドとは、「レンジローバー」や「レンジローバー スポーツ」、「イヴォーク」を擁する「レンジローバー シリーズ」と、「ディフェンダー シリーズ」、そして「ディスカバリー シリーズ」ということになる。

Range Rover SVAutobiography

Land Rover Discovery

ランドローバーの頂点に位置する高級SUVの題名ともなった「レンジローバー」シリーズは“リファインメント(洗練/上品)”がキーワード。もっと分かりやすくキャラクターを紹介するのならば、ラグジュアリーと表現するのが適当かもしれない。

日本への正規導入は長らく途絶えてしまっているが、4WDのレジェンドともいうべき「ディフェンダー」シリーズは“デュラビリティ(耐久性)”が、そして今回紹介する「ディスカバリー スポーツ」を擁する「ディスカバリー」シリーズは“バーサビリティ(多様性)”がそれぞれをひとことで表現するキーワードになりそうだ。

ランドローバーの全ラインナップとも、類い希な4WDの走行性能を持つモデルであるという大前提にくわえ、高級モデルとして認識される「レンジローバー」に対して、これまではどちらかといえば7人乗りのポジションから、ファミリー向けの実用的でポピュラーなモデルとみられていたのが「ディスカバリー」である。もちろん、価格も(決して安くはないが)「レンジローバー」に比較すれば、ファミリー向けと分類するに妥当なプライス設定ではあった。

Land Rover Defender Limited edition

いっぽう、ランドローバー全体のエントリーモデルとしての役割を担っていたのは「フリーランダー」である。現在販売されているのは2世代目のモデルだが、このシリーズは現行モデルでのシリーズ終了が予定されている。

先の3つのブランド戦略に「フリーランダー」が入っていないのはそのためである。現行販売モデルはファイナルエディションとのネーミングされているとおり、間もなくモデルライフを全うする。