ミラノサローネから知るデザインと自動車のいま|Milano Salone

ミラノサローネから知るデザインと自動車のいま|Milano Salone

Jaguar XE Word Cloud Sculpture

MILANO SALONE

MILANO SALONE|ミラノサローネ

特集|ミラノサローネ国際家具見本市 2015

ミラノサローネから知るデザインと自動車のいま

世界最大の家具見本市としてしられるミラノサローネだが、すでにお伝えしたように、レクサスの出展が受賞するなど、自動車メーカーの存在感が強まっている。続々と出展された自動車メーカーのインスタレーションから、各ブランドの“いま”を小川フミオが読み解く。

Text by OGAWA Fumio

存在感を増す自動車メーカー

家具の見本市がスタートだったけれど、いまやデザインのイベントとして国際的な注目を集めるまでに成長したミラノサローネおよびミラノ デザインウィーク。レクサスが2015年にベスト エンタテイニング賞を獲得したように、そのなかで自動車メーカーの存在感は大きくなっている。

2015年はミラノのトルトーナ地区を中心に、いくつもの自動車メーカーがインスタレーションを発表した。レクサス、マツダアウディについては既報だが、ほかにも注目すべき展示は多い。

Lexus|ミラノサローネ

「LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES」

Land Rover|ミラノサローネ

Land Rover「Unstoppable Spirit」

「ブランドはグローバルにならざるをえないが、そのなかで独自の個性、存在感を持つのが、真の意味でグローバルブランド。そのためにデザインウィークで訴求力を発揮することは大事だと考えています」

そう語ってくれたのは、レクサス インターナショナルの福市得雄プレジデントだ。クルマとともにクルマにつながるモノづくり技術をしっかり見せたマツダがあるいっぽう、MINIは街とのつながりをユーモラスに見せるなど、展示は多岐にわたった。

その根底は、ブランドの訴求という狙いで共通しているとしたら、逆にいうと、インスタレーションに(ある意味)表層的にあらわれるブランドごとのちがいいを見ていくのは、おもしろいことだ。イメージ的に売りたいのか、ストレートにクルマを訴求したいのか。各ブランドの“いま”がわかるのである。