三原康裕|日本モノづくり 第6回 MIHARAYASUHIRO×KANETA ORIMONO×CENTO COSE

三原康裕|日本モノづくり 第6回 MIHARAYASUHIRO×KANETA ORIMONO×CENTO COSE

連載|三原康裕的日本モノづくり

MIHARAYASUHIRO|三原康裕

第6回 MIHARAYASUHIRO × KANETA ORIMONO × CENTO COSE(1)

ファッションデザイナー三原康裕さんが、日本の誇る工場や職人を訪ね、日本でしかつくれない新しいモノを生み出す画期的な連載企画「MEANING MADE IN JAPAN MIHARAYASUHIRO」、通称“MMM”。衣料品の生地としてはポピュラーな綿織物。その国内有数の産地である静岡県・遠州地方の織物工場を訪れた三原さんは、ありふれた織物とは一線を画す日本でしかつくれない生地と出合った。

写真=jamandfix構成・文=竹石安宏(シティライツ)

rumors|通販サイトへ

綿織物の世界的産地、遠州・掛川

我が国にとって繊維産業は、かつて重要な基幹産業のひとつだったことをご存知だろうか。世界的にもクオリティが高いことで評判だったMADE IN JAPANの糸や生地は、戦後欧米へ大量に輸出され、1950〜’60 年代には高度経済成長の原動力となった。そうした繊維産業を支えていたのが、全国にあった織物や編物、紡績の産地だったのだ。今回三原さんが訪れたカネタ織物も、織物の産地として名高い遠州・掛川にある。

遠州とは大井川と浜名湖に挟まれた静岡県西部地域の古い呼称であり、令制時代には遠江国(とおとうみのくに)と呼ばれた。一年を通して温暖な気候であるため、古くから綿花栽培と機織りが発展。また大井川や天竜川など、物流の要である舟運に最適な河川が豊富といった恵まれた地の利を活かし、「遠州縞」などの高品質な綿織物の産地として、江戸中期から明治にかけて全国に知れ渡るようになった。隆盛は高度成長期まで継続したが、カネタ織物はその真っ只中である昭和32年(1957年)に掛川で創業。同社は現在、三代目である太田 稔社長が切り盛りしている。

327_02_mihara

経糸を一本一本取り付けていく経通し作業

三原 懐かしいなあ。経通し(へとおし)の作業ですね。

太田 よくご存知ですね。機織りの工場にもよく来られるんですか?

三原 工場フェチなのでよく行きますが(笑)、僕はもともと多摩美(多摩美術大学)のテキスタイル科の学生だったんです。だから、学生時代にこういった作業もやっていたんですよ。

太田 そうなんですか。ここまで経験されているデザイナーさんは少ないかもしれないですね。

327_03_mihara

経通しとは、織機に経糸(たていと)を取り付ける作業のこと。一本一本職人が手作業で糸を取り付けなくてはならず、その数は多いもので5000本以上にもなる。根気のいる大変な作業だが、熟練した職人なら一日で3000本ほど取り付けられるという。そんな職人技に感銘を受ける三原さんを、太田さんは織機が稼働する機場へと案内した。

今も動き続けるシャトル織機の価値

三原 古いシャトル織機がたくさんありますね。

太田 すべて昭和48年(1973年)製のシャトルドビー機ですが、現在は25台稼働しています。

三原 これは一日にどれくらい織れるんですか?

太田 約50mほどですね。最新の高速織機はその3倍ほどですから、効率はけっしてよくありません。ですが、シャトル織機は経糸に余計な力をかけずに織れるため、高密度ながらもふっくらとした独特の風合いの生地ができるんです。古い機械なのでつねにメンテナンスが必要なんですけどね。50年以上のキャリアがある専属の技術者が、保全作業を欠かさず行っているんですよ。

327_04_mihara

三原 先ほどこっそり経糸に触らせてもらったんですが(笑)、高速織機のようにテンションがかかっていないので、風合いの良い生地が織れそうですね。でも、こんなにシャトル織機が揃っている工場は初めてです。ぜひこの織機で織った生地を見せてください。

専属の技術者がメンテナンスを行いながら、希少なシャトル織機を稼働させる様子を見学した三原さん。シャトル織機の製造メーカーはすでに存在しないため、廃業した工場から中古の織機を引き取ってパーツ取りしたり、足りないパーツは自作するなどして保全に務めているという。だが、そんな織機で織った生地を目の当たりにした三原さんは、それだけの価値があると確信することになる。

327_06_mihara
327_05_mihara

職人がシャトル織機のメンテナンスを行う

ABOUT
MIHARA Yasuhiro

1972年長崎にて、画家の母とにわとり研究家の父の間に生まれる。1993年多摩美術大学テキスタイル学部に入学し […]