ロマン・ジェローム|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|ROMAIN JEROME

ROMAIN JEROME|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報

バーゼルワールド 2015 現地レポート

ROMAIN JEROME|ロマン・ジェローム

人類が体験した歴史やカルチャーがコンセプト

ロマン・ジェロームは、世界の富裕層から支持される他のブランドとは、ちょっと赴きが違う時計ブランドだ。2004年にスイスのジュネーブで誕生し、これまで「インベーダーゲーム」「アポロ計画」など人類が語るべき、歴史やカルチャーを腕時計として表現してきた。今年も、男の夢とロマンが詰まった新作が発表された。

Text by KAWADA Akinori

少年時代に体験したブームが甦ってくる

スイスのバーゼルフェア会場のロマン・ジェロームのブースには長居をしたくなる。それほど楽しくて仕方がない腕時計ブランドだ。

日常とビジネスに追われる日々が続くという方が多いかと思う。そんな忙しい日々を忘れさせてくれるのが、この「ロマン・ジェローム」だ。

ロマン・ジェロームは、人類が遭遇した語り継がれるべき歴史的な出来事のDNAを腕時計で表現。もちろん、スイスが誇る高級時計の技術によって、ディテールにこだわった素材とメカによって構築されている。クラシックな腕時計に飽きてしまったら、ロマン・ジェロームをおすすめしたい。

ROMAIN JEROME|ロマン・ジェローム

宇宙艇がソフトで曲線的な潜水艇に姿を変えた

この新作「サブクラフト」は、まさにSF映画に出てきそうな宇宙船そのもの。2013年に発表した「スペースクラフト」をさらに発展させたモデルだ。

前作の「スペースクラフト」のケースは鋭角的だったが、新作の「サブクラフト」では、流線型のフォルムとなっている。その姿はマンタのようにも見える。時刻の表示方法も独特な方式で、「時」をジャンピングアワーとレトログラード、「分」をディスクで表示。

今回のデザインは、世界的な時計デザイナーとして知られるアラン・シルベスタイン氏が担当。シンプルでポップなデザインを好む彼と、ロマン・ジェロームのCEOマニュエル・エムシュ氏は15年以上にわたる親交があり、はじめてのコラボレーションが実現した。

ROMAIN JEROME|ロマン・ジェローム

サブクラフト
ケース|チタニウム
サイズ|縦52.3×横40.1mm
ムーブメント|自動巻き(Cal.RJ2000-A)
機能|ジャンピングアワー+レトログラード(6時位置に浮かぶ文字で時刻表示)
ストラップ|カーフ
防水|3気圧
限定数|99本
発売時期|2015年夏予定
予価|345万6000円

蒸気機関とアバンギャルドが融合したトゥールビヨン

「スティームパンク」とは、SF小説のジャンルのひとつで、19世紀後半から20世紀初頭の蒸気機関に代表される産業革命の時代を舞台に、科学を盛り込んだアクションやロマンスが繰り広げられる物語のことだ。「スティームパンク」コレクションに登場したこの新作にも、その世界観がよく表現されている。

文字盤とムーブメントの地板をシースルー化することによって、内部機構の動きが楽しめる。また細いプレート状のパーツを用い、分厚い六角ナットで留めている。蒸気機関の操作板のような雰囲気を彷彿とさせる世界観がよく反映されている。

4時位置にはパワーリザーブ、9時位置には上下に動くピストン。このトゥールビヨンのキャリッジは、錨(いかり)をモチーフにデザインされ、まさにスチームパンクにふさわしいメカニズムばかりだ。

さらに、ベゼルには、あのタイタニック号から採取されたメタル素材が溶かされ、まるでヴィンテージのように加工されたバリエーションもある。モダンテイスト満点の前衛的なデザインが結実している。

ROMAIN JEROME|ロマン・ジェローム

スティームパンク トゥールビヨン
ケース|ブラックPVD加工ステンレススチール&チタン+ガンメタルベゼルまたはタイタニックベゼル
直径|50mm
ムーブメント|自動巻き(Cal.RJ200-TS)
機能|トゥールビヨン、パワーリザーブ表示
ストラップ|ホーンバックアリゲーター
防水|3気圧
限定数|各25本
発売時期|2015年夏予定
予価|1393万2000円(ガンメタルベゼル)、1490万4000円(タイタニックベゼル)

スケルトンの中の立体構造がスカイラブを想起させる

1970年代にアメリカで宇宙ステーション建造計画があり、その宇宙ステーションの名前は「スカイラブ」(宇宙の実験室の意)だった。この時計はその「スカイラブ」に着想を得たスケルトンモデルだ。

宇宙ステーションの複雑な構造を腕時計で表現するため、地板や受け板がほとんどライン状になるまで美しいラインを残しながら削り上げている。香箱、歯車、脱進機は、5層の立体構造で配置されている。ケース素材にはアポロ11号のパーツが含まれており、まさにスペースウォッチと呼ぶにふさわしい。

昨年、44mmだったケース径を新作の「スカイラブ」では48mmケースに拡大。パーツの幾何学的かつ立体的配置が一段と強調され、ひとつひとつ丁寧な手仕事で面取りが施されている。地板や受け板に至るまで細かなパーツが一段と際立って楽しめる希少なタイムピースだ。

ROMAIN JEROME|ロマン・ジェローム

スカイラブ 48
ケース|ステンレススチール+ブラックPVD加工ステンレススチール、ケースにアポロ11号のパーツを含有
直径|48mm
ムーブメント|手巻き(Cal.RJ004-M)
ストラップ|アリゲーター
防水|3気圧
限定本数|世界限定99本
発売時期|2015年夏予定
予価|291万6000円

オールージュ
Tel. 03-6268-8532
http://romainjerome.jp

BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報