クリストフ・クラーレ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|CHRISTOPHE CLARET

CHRISTOPHE CLARET|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報

バーゼルワールド 2015 現地レポート

CHRISTOPHE CLARET|クリストフ・クラーレ

複雑機構を得意とする知る人ぞ知るラグジュアリーブランド

美しい音色を奏でるミニッツリピーターを搭載

クリストフ・クラーレは、1992年に複雑機構を得意とする時計師であるクリストフ・クラーレ氏が設立した少量生産の工房だ。2009年から自社製品を手がけ、熟練した技術によって、今年も驚くべき新作を用意していた。特にミニッツリピーター、GMT、ビッグデイト機能を搭載した「アレグロ」は、圧巻のデキである。クリストフ・クラーレの技術力を証明するモデルだ。

Text by KAWADA Akinori

レバーを引くだけで、現在時刻を奏でる

「アレグロ」は、ミニッツリピーター、GMT、ビッグデイトを搭載した多機能なモデルである。ミニッツリピーターとは、時刻を知りたいときにレバーを引くだけで、現在時刻を鐘の音で知らせてくれる複雑機構である。一般的にミニッツリピーター機構は、多くのパーツを使用するので、ほかの複雑機構をいくつも搭載することは難しいとされている。
しかし、「アレグロ」は3つの複雑機能を搭載しつつ、音色にまでとことんこだわっている。GMT時刻は3時位置のインダイヤルで表示し、12時位置にビッグデイト、それらの調整はプッシュボタンでおこなえるという操作性の高さを誇る。

ケース左側面のスライディングレバーを操作すると、ミニッツリピーターが作動。音を鳴らすハンマーはケースバック側にあり、シースルーバックからその動作を眺めることができる。ムーブメントを2周するカテドラルゴング(鐘)を叩いて打ち鳴らされる音は、非常に美しい音色だ。音感に優れた時計師がひとつひとつチューニングするほどの力の入れようで、これまでもミニッツリピーターの名作を残してきたクリストフ・クラーレらしいハイレベルな出来映えである。

CRISTOPHE CLARET|クリストフ・クラーレ

アレグロ
ケース|18Kレッドゴールド+アントラサイトPVD加工チタニウム
直径|45mm
厚さ|8.2mm
ムーブメント|自動巻き(Cal.ALG89)
機能|ミニッツリピーター、GMT表示(3時位置インダイヤル)、昼夜表示、日付表示(2枚のディスクによるビッグデイト)
ストラップ|アリゲーター
防水|3気圧
限定数|20本
発売時期|未定
予価|5616万円

文字盤の中央に彫像が浮かび上がる

古代ローマ時代、スイスはヘルベティアと呼ばれ、「アヴェンティクム」(現在は、アヴァンシュ)という都市に州都が置かれていた。この「アヴェンティクム」の遺跡発掘にあたったのが、アヴァンシュ ローマン博物館だ。クリストフ・クラーレは、スイスの起源としても重要なこの遺跡発掘に敬意を表し、新作をリリースした。

アヴェンティクムは、時分針の代わりに小さなマーカーを配したリングによって、時刻を表示する。文字盤には、ミュージアムが発掘したローマ帝国の賢帝、マルクス・アウレリウスの彫像のレプリカをセット。特殊なミラー構造“ミラスコープ”がセットされており、覗き込む角度を変えていくと、彫像が拡大して映し出されて見える。ケースバックには、5台の馬車が描かれた自動巻きローターがセットされており、ローターをルーレットのように回して楽しめる。文字盤にも裏蓋にも遊び心が満ちていて、独創性の漂うモデルといえる。

CRISTOPHE CLARET|クリストフ・クラーレ

アヴェンティクム
ケース|18Kレッドゴールド+アントラサイトPVD加工チタニウム
直径|44mm
厚さ|18.49mm
ムーブメント|自動巻き(Cal.AVE15)
ストラップ|アリゲーター
防水|3気圧
限定数|68本
発売時期|未定
予価|972万円

磁石を活用する仰天コンプリケーションの新色

磁石は腕時計の精度にとって大敵であり、時計に近づけるのはご法度とされてきた。しかし、2012年に初登場したX-TREM1は、内部のメカニズムにすでに磁石がセットされてしまっているのである。「時」「分」を、ケースの両端に配した透明のパイプのなかの鉄球の位置で示すという前代未聞の構造を採用している。

鉄球を動かしているのは、ケース内にセットされた磁石である。磁石の動きと連動して、鉄球も移動するという驚きの機構である。脱進機が磁気を帯びてしまうと、精度を損なってしまうため、ケースの底面部にセット。磁石の影響を受けないように、設計も綿密にされている。今回はホワイトゴールド+スレートブルーPVD加工チタンケースという新色が登場した。グレーがかったブルーの色合いが渋く、ブルーのストラップともマッチし、メカニカルなこの時計のクールな雰囲気を強調している。

CRISTOPHE CLARET|クリストフ・クラーレ

X-TREM1 ブルー
ケース|18Kホワイトゴールド+スレートブルーPVD加工チタニウム
サイズ|縦50.8×横40.8mm
厚さ|15mm
ムーブメント|手巻き(Cal.FLY11)
機能|トゥールビヨン(6時位置底面)、ケース左右の鉄球による時分表示
ストラップ|アリゲーター
防水|3気圧
限定数|8本
発売時期|未定
予価|5100万円

問い合わせ先

ノーブルスタイリング

Tel.03-6277-1604

http://noblestyling.com/

BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報