マツダがミラノサローネで披露する“デザインの遊び心”|Mazda

マツダがミラノサローネで披露する“デザインの遊び心”|Mazda

MILANO SALONE

Mazda|マツダ

特集|ミラノサローネ国際家具見本市 2015

マツダがミラノサローネで披露する“デザインの遊び心”

マツダは開催中の世界最大のデザインイベント「ミラノサローネ」で、同社のデザイン室が手がけた自転車「Bike by KODO concept」と、家具「Sofa by KODO concept」を出展した。現地から小川フミオがリポートする。

Text by OGAWA Fumio

マツダのデザイン力を分野を超えアピール

ミラノ デザインウィークを、自社のデザイン力をアピールする好機ととらえるのが、マツダだ。2015年は、家具やファッションの展示が多いブレラ地区で、「Bike by KODO concept」と、「Sofa by KODO concept」を、「CX-3」および新型「ロードスター(あちらではMX-5)」とともに展示した。

マツダデザインと銘打たれたショーウィンドウごしの展示ルームは、黒を基調にしたシックなもの。足を踏み入れると、マツダの特徴であるソウルレッドと呼ばれる凝った塗色に塗られた2台の車両が置かれた。主役はもうひとつ、このデザインウィークのために製作されたソファとバイクだ。

Mazda|マツダデザイン ミラノサローネへ出展

Sofa by KODO concept

327_04_mazda_milanosalone

Bike by KODO concept

「ソファは安定感と動きを同時に表現するのに心を砕きました。バイクのほうは、“凜”というコンセプトに基づいて品格と緊張感を表す造型を目指しました」。会場で、マツダのデザイン部の担当者がそう説明してくれた。

ソファは、造型は同社のデザイン部が手がけ、製作はミラノの家具職人にまかせた。ぱんっと張った革が美しく、脚部はアルミニウムと、よく見ると素材も凝っている。さらに「ここに注目してください」とデザイナーに促されて背後に回り込むと、赤い差し色が入っている。さながらマツダ車のグリルのようだ。ちょっとした遊び心だが、目立たぬようにやるのが「日本的なデザイン」ということだった。