祐真朋樹対談|YOKO CHANと対談

祐真朋樹|YOKO CHANと対談

祐真朋樹対談

SUKEZANE Tomoki|祐真朋樹

連載「突撃! 隣の物作り」、第3回目のゲストは

自らのブランドをスタートさせたばかりのYOKO CHANさん

長らく有名ブランドのPR畑を歩いてきたYOKO CHANさん。その彼女が立ち上げたブランド『YOKO CHAN』は、今を生きる女性に必要なミニマル・アイテムを揃えたラインナップ。なぜブランドをスタートしたのか、目指すものは何なのかを訊いた。

Interview&Text by SUKEZANE TomokiPhoto by IGARASHI Takahiro

ラグジュアリーブランドで学び、ファッションを知り尽くした末に
YOKO CHANが欲したものは?

祐真 すてきですね。そのドレス。

YOKO はい(笑)。ありがとうございます!

祐真 それもYOKO CHANのなの?

YOKO そうです! ……なんか、わざとらしい感じで……どうしたらいいんでしょう(笑)。

祐真 YOKO CHANっていうそのネーミング、最後にGがないんだね。普通あったりしない?

YOKO そうなんです。でも、何度確認してもないんです。

祐真 ブランドネームとして「Gナシにしよう」ってことじゃないんだ。

YOKO 海外に住んでる親戚に確認しても、みんな「CHAN」なんです。なんか紛らわしいと思ったのですが父の正式な姓ですし、「CHAN」のほうが画数もいいみたいです。

祐真 それ大事だよね。

YOKO あと、見た目の感じがいいんですよね。

祐真 そうだよね、字面がいいよね。

YOKO そうなんです。

祐真 そしてその【YOKO CHAN】、今回がデビュー・コレクションですけれども。

YOKO  (笑)。

祐真 すてきなアイテムが並んでますね(笑)。

YOKO  ありがとうございます(笑)。

祐真 で、またなんで服を作ろうということになったんですか?

YOKO なんで服を作ろうということになったかというと……ずっとブランドのPRをやっていまして……。

祐真 GUCCIね。

YOKO はい、GUCCIのPRをずーっとやっていて。あとはLOEWEとかもやっていて。

祐真 そう、LOEWEもだったね。

YOKO LOEWE、クラフツマンシップとかすごいですよね、あの革の良さとか。

祐真 すごいよね。

YOKO LOEWEで本当のムートンやレザー素材のすばらしさを知り、GUCCIではファッション界を牽引するモード、みたいなものを知り……でも自分が着たい服がないなーと思っていたので、自分で作ろうと思いました。

祐真 それは最近そう思ったの? ここ最近、「着たい服がないな」と思えてきたっていうこと?

YOKO いや、ずっとです。ずっと思ってたんですよね。その……一流ブランドの洋服っていうのは確かに欲しいんですけど、なにしろ高いからそんなに買えないんですよね(笑)。 でもいいものを見ていると、いいかげんなものばかりは着れない……ってなるでしょう? ブランドがひと目でわかるようなものもちょっと着れないよね……じゃあ何着る? って言ったら、「何もないな」みたいな……。

祐真 あいだがない、みたいな?

YOKO で、作っちゃいました(笑)。

祐真 自分に似合うものを。

YOKO そう(笑)。

祐真 自分が欲しいものを。

YOKO 全部、私サイズなんです。全部マイサイズ!

祐真 それは凄いけど(笑)、それでいいの?

YOKO Pコート、トレンチコート、デニムは2サイズ展開します! でも、みんなこれ(サンプル)着れますよ。

祐真 そうすかねぇ(笑)。

YOKO 結構みんな着れます!

祐真 あ、そう。で、全体的になんかすごくミニマルな構成になってますけど、そういうコンセプトなんですか?

YOKO はい。私、グッチのPRを辞めたとき、クローゼットの半分以上のものを処分したんですね。8年間分の洋服の半分を処分した。

祐真 捨てちゃったの? ゴミ?

YOKO  ううん。あげたりとか、寄付をしたりもしました。ゴミにはしなかったです。できなかったですね、それは。

祐真 捨てられないよね。

YOKO ぜーったい、絶対捨てられない。

祐真 俺もすぐトランクルームいっぱいになるんだ。

YOKO  そうそう、そうなんですよね。でも私は半分、処分しました。で、自分に何が必要かを考えて、「これだけあれば生きていける」というものを残しました。取りあえず。

祐真 どんなものが残ったの?

YOKO シンプルなもの。自分が好きなものって、結局シンプルなものだったんだな〜と思いました。

祐真 服を処分したことによって、これから何を作ればいいか道筋が見えた、ってこと?

YOKO そうですね。実際、何が欲しいのか自分でも分からなくなっていて、たとえば柄モノも好きだし、ふわっとした女らしいラインも好きだし……、全部好きは好きなので、そうなってくると、自分で何を作ろうってなったときに、アイデアがありすぎて……。

祐真 うん。

YOKO  最初は、柄ものを作ろうとかワンピースを作ろうとか、いろいろ考えたんですけど、でも本当に何にもなくなったら何が欲しいかっていったら、これだけです(コレクションを差しながら)。

祐真 いちばん最初に浮かんだのはどれ?

YOKO シャツは絶対欲しくて……いや、まずワンピースが欲しかったですね。

祐真 いま着てるやつ? これもすごいかわいいよね。

YOKO ワンピースが1枚あれば、旅行でもどんなときでも対応ができるし、コーディネイトを考える時間がないときでも、ラインがきれいなワンピースが1枚あればどうにかなる。絶対にワンピースは作ろうと思いました。

祐真 なるほど。これ、グレーはまた……形は一緒なんだ?

YOKO 一緒です。まったくおなじ。

祐真 色で印象が全然ちがうね。

YOKO 全然ちがいますね。

祐真 ちょっと真面目に見えるよね、グレーだと。

YOKO 真面目に?(笑)

祐真 あれ、この☆(写真右)なに? YOKO CHANマーク?(笑)

YOKO YOKO CHANマークです。

祐真 YOKO CHANマークは貼り付けたみたいになってるけど。

YOKO サンプルは仮の状態なので……本当は刺繍です。もうちょっと綺麗になります。☆がYOKO CHANマーク。

327_01_20100601_zanesuke
327_450_20100601_zanesuke

祐真 (コートをみながら)割と、タイトめなんだね(写真左)。

YOKO  タイトなんです。一枚でワンピース感覚で着れる細身のトレンチがあったらな~と思ってて。

祐真 なるほど。そして白いシャツに、デニムを合わせる、と。

YOKO はい。これ、めちゃくちゃめちゃくちゃ、ローライズです。もうお尻が出ちゃうんじゃないか、くらいのデニムなんですけど。実際試着してもらうと、半分お尻が出るくらいの感じです。

祐真 出したいんですか?(笑)

YOKO ちがう(笑)! いや、かっこいいじゃないですか(笑)! メンズの履いてるようなのを女の子が腰で履けたら。

祐真 確かに。でもね、こういうとこ(腰の上のほう)、見たくないんだよね、あんまり。

YOKO ああ、こういうお肉がね。だからシャツの丈を普通のものより長くして、きちっと隠せるように考えてあります。たまに出ちゃってるひと、いるじゃないですか。こう、プリンって。それは嫌だなと思って。それはちゃんと策を練ってあります。

祐真 で、Pコートもいいね。(2Pめトップ写真)

YOKO 着たほうがふわっとなってかわいいと思います。(と、Pコートを着てみる)

祐真 だね。せっかく着たし写真撮ろうよ。

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …