マクラーレンP1に珠海インターナショナルサーキットで試乗|McLaren

マクラーレンP1に珠海インターナショナルサーキットで試乗|McLaren

CAR IMPRESSION

McLaren P1|マクラーレン P1

マクラーレンP1に珠海インターナショナルサーキットで試乗

F1ゆずりのハイブリッドシステムを搭載し、最高速度は350km/h、0-100km/hに到達するまで3秒もいらないという驚異のパフォーマンスをみせるマクラーレン「P1」。生産台数わずか375台限定のこのスーパースポーツカーについては、これまでも発表からテストドライバーによる同乗走行と、折に触れてお伝えしてきた。そしてついにP1のステアリングをじかに握るときがやってきた。中国・珠海インターナショナルサーキットから大谷達也氏がリポートをお届けする。

Text by OTANI Tatsuya

ついにステアリングを握る

マカオからほど近い珠海(ズーハイもしくはチューハイ)。この街の郊外にF1グランプリが開催できるという触れ込みで珠海インターナショナルサーキットが建設されてからおよそ20年になる。

私は、偶然にもそのこけら落としとなるイベントを取材するためにこの地を訪れていたが、やがて中国GPの開催地が上海に決まったこともあって、もう2度とこのサーキットに足を運ぶことはないだろうとおもっていた。それが、どんな運命のいたずらか、こうして再び珠海インターナショナルサーキットを訪れることになった。理由はただひとつ、マクラーレンP1に試乗するためだ。

McLaren P1|マクラーレン P1
McLaren P1|マクラーレンP1

OPENERS読者にP1のことを改めて詳しく説明する必要はないだろう。11年間にわたるメルセデスとの提携関係にピリオドを打ち、2010年に再び独自路線を歩みはじめたマクラーレン・オートモーティブのフラッグシップモデルがP1である。

3.8リッターV8ツインターボエンジン、カーボンモノコックなどは、新生マクラーレンの処女作であるMP4/12Cと共通ながら、エンジンは737psへ、モノコックはより強固なドライカーボンによって補強されるとともに、サスペンションやエアロダイナミクスは一般公道用とサーキット用でまったくことなる性能を生み出す可変制御機構を追加された。

さらには、最高出力179psの電気モーターを核とするハイブリッドシステムを搭載し、システム最高出力は916ps、システム最大トルクは900Nmに達するモンスターに仕立て上げられたのが、このP1なのだ。

マクラーレンは「一般公道とサーキットの両方で最高のドライバーズカーを作る」ことを目標にP1を開発したというが、それが嘘偽りでないことだけはまちがいない。

McLaren P1|マクラーレン P1