「MARENCO×鈴木マサル」を大阪のアルフレックスショップでも開催|Arflex

Arflex|「MARENCO×鈴木マサル」を大阪のアルフレックスショップでも開催

DESIGN INTERIOR

Arflex|アルフレックス
名作ソファ「マレンコ」とのカラフルなコラボレーション

「MARENCO×鈴木マサル」を大阪のアルフレックスでも開催

家具ブランド「Arflex(アルフレックス)」とテキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏とのコラボレーションイベント「MARENCO×鈴木マサル」が、4月10日(金)から21日(火)まで、アルフレックスショップ大阪で開催。名作ソファ「マレンコ」とのカラフルなコラボレーションが東京につづき、大阪にもお目見えする。

Text by YANAKA Tomomi

モダニズムにもちこまれた“かわいい”テキスタイル

Arflex|MARENCO×鈴木マサル

「家具とテキスタイルデザイン」の楽しさや可能性を伝えようと、昨年秋にアルフレックスショップ東京で開催された「MARENCO×鈴木マサル」。会期後も大きな反響やリクエストがあったことから、大阪でも開催されることとなった。

現在、東京造形大学の准教授を務める鈴木マサル氏。2005年からはファブリックブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」を主宰し、2010年からは「Marimekko(マリメッコ)」のデザインを手がけるなど、その活躍は世界に広がる。

テキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏

東京につづき、大阪でも開かれる今回のイベントの目玉となるのは、アルフレックスが誇る名作ソファ「マレンコ」と鈴木氏によるカラフルなテキスタイルの競演。使う人のライフスタイルに溶け込むようなシンプルなマレンコに、鈴木氏による大胆な構図と鮮やかな色彩が描かれる。

店内で限定コラボレーションとして紹介されるのは3種類のテキスタイル。色も柄もばらばらな素材を大胆に組み合わせた「DANCE(ダンス)」、動物モチーフを取り込むことで、シャープなモダニズムとは対極の“かわいい”という要素をマレンコにもち込んだ「PARK(パーク)」。

さらに、マレンコ用の定番である麻の生地に一版ずつドットのモチーフをシルクスクリーンでプリントした「BALOON(バルーン)」は、ブルーとイエローの2色で展開される。

Arflex|MARENCO×鈴木マサル

「BeoPlay A9」のスピーカーカバー

また、藤森泰司氏がデザインしたチェア「RINN(リン)」のシートカバーにもこの3種類のテキスタイルを組み合わせることが可能だ。そして、期間中には、今年の3月に鈴木氏とのコラボレーションでバング&オルフセン ジャパンより数量限定で発表された「BeoPlay A9」のスピーカーカバーも展示されるという。

部屋の雰囲気をがらりと変えてくれるであろう鈴木マサル氏の鮮やかなテキスタイル。マレンコやリンといった名作家具にあらたな一面をもたらしている。

Arflex|MARENCO×鈴木マサル

「MARENCO×鈴木マサル」
日程|4月10日(金)~4月21日(火)
※水曜・祝日定休
時間|11:00~19:00
会場|アルフレックスショップ大阪
大阪市中央区南船場4-2-11 ベネトン心斎橋ビル6F
Tel. 06-6258-8822
http://www.arflex.co.jp/