COLE HAAN|ふたりのキーマンが語る「ゼログランド」の現在とブランドの展望

COLE HAAN|ふたりのキーマンが語る「ゼログランド」の現在とブランドの展望

FASHION NEWS

COLE HAAN|コール ハーン
コール ハーン社長兼COO & コール ハーン ジャパン社長インタビュー

ヒットシリーズ「ゼログランド」の現在、そしてブランドの展望(1)

アメリカントラッドのデザインと、革新的な技術による快適な性能を備えた「ゼログランド」が、いま世界的な注目を浴びている。そのゼログランドを主軸とする「COLE HAAN(コール ハーン)」のニューショップが3月13日、千葉県船橋市の「ららぽーとTOKYO-BAY」にオープン。そこでゼログランドの魅力と新生コール ハーンの今後を、ふたりのキーマンに取材した。

Photographs by JAMANDFIXText by TSUCHIDA Takashi

銀座本店同様のエクスペリエンスをもたらす店舗デザイン

コール ハーンららぽーとTOKYO-BAYは、同社が日本ではじめてショッピングセンター内に出店を決めた店舗だ。扱うアイテムもメンズ、ウィメンズ、そして他店に先駆けてキッズコレクションを先行で発売するなど、ショッピングセンターというフレンドリーでスタイリッシュな空間を通じて、コール ハーンはあらたな取り組みを展開する模様だ。

グレゴリー・C.ディンゲス(以下、ディンゲス) 昨年6月、コール ハーンはライフスタイルをコンセプトとしたフラッグシップストアを、どこの国よりも早く東京・銀座に出店しました。そのことを我われはとても誇りに思っています。店舗デザインはとても美しく、ブランドのコンセプトをよく表現できていると思っています。

コール ハーンららぽーとTOKYO-BAYは、銀座本店のミニバージョンといった嗜好で、外観のファサードも店舗内も同様にデザインされています。ここでも銀座本店のような居心地の良さを感じていただけると思います。ファサードは、日本で生産したインディゴブルーのタイルで構成されていますが、世界中に展開中のあたらしい店舗も、日本からこのタイルを調達して建築しているんですよ。

――銀座本店と、ららぽーとTOKYO-BAYでは、お客さまの層が異なりますか?

adjust-01

ディンゲス はい。ショッピングセンターでは、特に若い世代のお客様たち、ファミリーでお越しいただくお客さまたちを見込んでいます。夫婦で一緒に買物に来られたり、またお子さまをお連れになるケースも多いでしょう。

現在、男性、女性ともに爆発的な人気を博しているゼログランドシリーズのキッズアイテムも、今秋以降、この店舗で取り扱います。つまり、こちらの店舗ではゼログランドのメンズ、ウィメンズ、キッズのフルラインを手にとっていただけることになります。

伝統と革新の“衝突”が生み出すあらたなる価値